お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2023-12-08 16:35
倍電流整流回路の逆結合インダクタを考慮したLLC共振コンバータの共振タンク設計について
森 鴻輝田畑彰人石塚洋一長崎大EE2023-34 CPM2023-90 OME2023-61
抄録 (和) LLC共振コンバータは,シンプルで単純な構造かつ高電力効率であることから幅広いアプリケーションに用いられている.しかしながら,入出力電圧差が大きくかつ大電流負荷用途の場合に,トランスにおける銅損が課題となる.その対策として,逆結合インダクタを用いた倍電流整流回路を適応させる手法が存在する.しかし,逆結合インダクタの漏れインダクタンスは共振タンクに影響を与えてしまい,他の研究ではこの影響がなくなるように設計をしているが,漏れインダクタンスが完全に0になることはなく,共振タンクへの影響は無視できない.そこで,本研究では,無視できない漏れインダクタンスを積極的に利用する設計を紹介する.FHA解析をもとに新たな共振特性を提示し,60V/10A出力のプロトタイプでの実機測定によって,従来のLLCに対する1.36%の高電力効率化を示す. 
(英) LLC resonant converters are widely used in various applications because of their relatively simple structure and high efficiency. However, the problem is a decrease in efficiency due to an increase in the current on the secondary side of the transformer when the difference between input and output voltage is large. As the solution, there is a technique of adapting a current doubler rectifier with an inverse-coupled inductor. However, the leakage inductance of the inverse-coupled inductor in the current doubler rectifier affects the resonant tank, and although other studies have been designed to eliminate this effect, the leakage inductance is never completely zero, and the impact on the resonant-tank cannot be ignored. Therefore, this paper proposes a design in which leakage inductance, which cannot be ignored, is actively utilized. New resonant characteristics are presented based on FHA analysis, and actual measurement on a 60V/10A output prototype shows a 1.36% improvement in efficiency compared to conventional LLC.
キーワード (和) LLC DC-DCコンバータ / ソフトスイッチング / 倍電流整流回路 / 漏れインダクタンス / / / /  
(英) LLC DC-DC Converter / Soft Switching / Current Doubler Rectifier / Leakage Inductance / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 300, EE2023-34, pp. 53-57, 2023年12月.
資料番号 EE2023-34 
発行日 2023-12-01 (EE, CPM, OME) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2023-34 CPM2023-90 OME2023-61

研究会情報
研究会 EE CPM OME  
開催期間 2023-12-08 - 2023-12-09 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) エネルギー技術、半導体電力変換、電池、電気化学デバイス、材料、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2023-12-EE-CPM-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 倍電流整流回路の逆結合インダクタを考慮したLLC共振コンバータの共振タンク設計について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) LLC Resonant Converter Considering Leakage Inductance of Current Doubler Rectifier 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LLC DC-DCコンバータ / LLC DC-DC Converter  
キーワード(2)(和/英) ソフトスイッチング / Soft Switching  
キーワード(3)(和/英) 倍電流整流回路 / Current Doubler Rectifier  
キーワード(4)(和/英) 漏れインダクタンス / Leakage Inductance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 鴻輝 / Koki Mori / モリ コウキ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田畑 彰人 / Akito Tabata / タバタ アキト
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石塚 洋一 / Yoichi Ishizuka / イシヅカ ヨウイチ
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2023-12-08 16:35:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 EE 
資料番号 EE2023-34, CPM2023-90, OME2023-61 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.300(EE), no.301(CPM), no.302(OME) 
ページ範囲 pp.53-57 
ページ数
発行日 2023-12-01 (EE, CPM, OME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会