お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2024-01-19 09:30
UAVを用いた都市部宅配における飛行経路による電波干渉評価
浜根 累宗 秀哉湘南工科大IT2023-56 SIP2023-89 RCS2023-231
抄録 (和) 無人航空機(UAV: Unmanned Aerial Vehicle)を用いたサービスの市場規模は年々増加している.2022年の法改正により,都市部における目視外飛行が解禁され,宅配サービスが今後開始されていくと考えられる.UAVが自動で飛行する際には,自身の位置情報やその他情報を定期的に通知する必要があり,無線通信が必須となる.しかしながら,上空に存在するUAVが通信をする場合,地上での通信と較べて伝搬しやすく,地上に存在する様々なデバイスに電波干渉を与えることが問題となる.本報告では,都市部における宅配サービス運用時におけるUAVのアンテナ指向性や高度による電波干渉量を評価する.レイトレースによる伝搬シミュレーションと,PLATEAUが提供する3D都市モデルを組合せ,実際の環境を模擬した.約1 km四方の西新宿エリアを用い,大通りをUAVが移動することを想定した.シミュレーションにより,UAVに指向性アンテナを用い,低い高度で飛行経路を設定することで,電波干渉エリアを狭くできることを明らかにした. 
(英) The market for services using unmanned aerial vehicles (UAVs) is increasing yearly. A law revision in 2022 in Japan will lift the ban on blind flights in urban areas, and parcel delivery services are expected to begin in the future. When UAVs fly automatically, they need to report their location and other information periodically, and wireless communication is essential. However, when a UAV in the sky communicates, it is more likely to propagate than when communicating on the ground, and radio interference to various devices on the ground is a problem. This report evaluates the amount of radio interference caused by the antenna directivity and altitude of UAVs during the operation of a delivery service in an urban area. We combined ray-trace propagation simulations with a 3D urban model provided by PLATEAU to simulate a real environment. A 1 km square Nishi-Shinjuku area was used, and UAVs were assumed to move along the main street. The simulation revealed that the radio interference area can be narrowed by using a directional antenna on the UAV and setting the flight path at a low altitude.
キーワード (和) UAV / レイトレース / PLATEAU / 電波干渉 / 飛行経路 / / /  
(英) UAV / Ray-trace / PLATEAU / radio interference / flight plan / / /  
文献情報 信学技報, vol. 123, no. 340, RCS2023-231, pp. 139-144, 2024年1月.
資料番号 RCS2023-231 
発行日 2024-01-11 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2023-56 SIP2023-89 RCS2023-231

研究会情報
研究会 SIP IT RCS  
開催期間 2024-01-18 - 2024-01-19 
開催地(和) 東北大学 青葉記念会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2024-01-SIP-IT-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UAVを用いた都市部宅配における飛行経路による電波干渉評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Radio Interference by Flight Plan in Urban Parcel Delivery Using UAV 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UAV / UAV  
キーワード(2)(和/英) レイトレース / Ray-trace  
キーワード(3)(和/英) PLATEAU / PLATEAU  
キーワード(4)(和/英) 電波干渉 / radio interference  
キーワード(5)(和/英) 飛行経路 / flight plan  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜根 累 / Rui Hamane / ハマネ ルイ
第1著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宗 秀哉 / Hideya So / ソウ ヒデヤ
第2著者 所属(和/英) 湘南工科大学 (略称: 湘南工科大)
Shonan Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2024-01-19 09:30:00 
発表時間 25分 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IT2023-56, SIP2023-89, RCS2023-231 
巻番号(vol) vol.123 
号番号(no) no.338(IT), no.339(SIP), no.340(RCS) 
ページ範囲 pp.139-144 
ページ数
発行日 2024-01-11 (IT, SIP, RCS) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会