お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
グループ競争がLINE BOTを利用して記録した食品摂取多様性に及ぼす影響
遠峰結衣慶大/TMIG)・杉浦裕太慶大)・清野 諭TMIG
抄録 (和) 大学に入学し初めて1人暮らしを始めると、手間や金銭面の理由から食事が簡素になり、栄養バランスが崩れる場合がある。本研究は、1人暮らしの学生が摂る食事の栄養バランスの改善を最終目標として、普段の食生活の中で、それぞれが自分にあった多様な食品の摂取方法を発見し、食品摂取の多様性を増加させることを目的とした。そのため、おもに高齢者のフレイル(虚弱)予防のため普及・啓発で、バランスの良い食事を摂るための目標にしてきた「食品摂取多様性スコア」をもとに、その食品群を日々記録できるLINE BOT「食べポン」を制作した。そして、入力の継続や多様な食品摂取のモチベーションとするために、複数人で得点を競争する仕組みを導入した。その結果、1人暮らしの学生の得点が、実家暮らしの学生と同等程度まで上昇した。 
(英) When university students live alone for the first time, there are cases they lose the nutrient balance for the cost and labor for living, As the ultimate objective of this study being set on improvement of those students' nutrition intakes, this paper aims to discover a method to take a variety of diets which suit for each student. To reach this objective, the LINE BOT named “Tabepon” that can record Dietary Variety Score (DVS), which observes balance of everyday diets mainly used to promote a movement for preventing the frailty in the elderly, has been created. Moreover, a competition system for multiple persons has been implemented to make them motivated to take a variety of diets and to achieve seamless recording. As a result, the scores of the students living alone increased to almost the same level as the students living with their families.
キーワード (和) 食品摂取多様性 / LINE BOT / 競争 / モチベーション / / / /  
(英) DVS / LINE BOT / Competition / Motivation / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2018-12-12 - 2018-12-14 
開催地(和) シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 
開催地(英) Sinfonia Technology Hibiki Hall Ise 
テーマ(和) HCGシンポジウム2018 
テーマ(英) Human Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2018-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) グループ競争がLINE BOTを利用して記録した食品摂取多様性に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recording the Dietary Variety Score (DVS) from LINE BOT and the effects of rivalry between laboratory members 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 食品摂取多様性 / DVS  
キーワード(2)(和/英) LINE BOT / LINE BOT  
キーワード(3)(和/英) 競争 / Competition  
キーワード(4)(和/英) モチベーション / Motivation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠峰 結衣 / Yui Tomine / トオミネ ユイ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学/東京都健康長寿医療センター研究所 (略称: 慶大/TMIG)
Keio University/Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology (略称: Keio,/TMIG)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉浦 裕太 / Yuta Sugiura / スギウラ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清野 諭 / Satoshi Seino /
第3著者 所属(和/英) 東京都健康長寿医療センター研究所 (略称: TMIG)
Tokyo Metropolitan Institute of Gerontology (略称: TMIG)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会