お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 川端 豪 (関西学院大)
副委員長 河井 恒 (KDDI研)
幹事 鈴木 基之 (阪工大), 戸田 智基 (奈良先端大)
幹事補佐 大谷 大和 (東芝), 大庭 隆伸 (NTT)

日時 2014年 2月28日(金) 10:00 - 16:10
議題 時系列パターン認識,一般 
会場名 徳島大学 工業会館(常三島キャンパス) 
住所 〒770-8506 徳島市南常三島町2-1
交通案内 http://www.tokushima-u.ac.jp/kgk/ourhall/

2月28日(金) 午前  一般
10:00 - 11:30
(1) 10:00-10:30 線形予測残差の尖度に基づく近端/遠端話者判別の提案 ○林田亘平・中山雅人・西浦敬信・山下洋一(立命館大)・堀内俊治・加藤恒夫(KDDI研)
(2) 10:30-11:00 室内音響指標を用いた最適音響モデル選択による残響下音声認識評価 ○福森隆寛・中山雅人・西浦敬信・山下洋一(立命館大)
(3) 11:00-11:30 世界諸英語分類のための構造的表象を用いた発音距離予測 ○笠原 駿・峯松信明(東大)・沈 涵平(成功大)・牧野武彦(中大)・齋藤大輔・広瀬啓吉(東大)
  11:30-12:40 昼食 ( 70分 )
2月28日(金) 午後  学生ポスターセッション
12:40 - 13:40
(4) 12:40-13:40 [ポスター講演]スペクトル減算法における高次統計量に基づく最適反復回数指標の検討 ○三宅亮太・福森隆寛・中山雅人・西浦敬信(立命館大)
(5) 12:40-13:40 [ポスター講演]雑音環境下における叫び声検出のための特徴量次元数の削減 ○柿野直人・福森隆寛・中山雅人・西浦敬信(立命館大)・南條浩輝(龍谷大)
(6) 12:40-13:40 [ポスター講演]文の感情を考慮した感情音声合成におけるパラメータの分析 ○吉山達也・鈴木基之(阪工大)
(7) 12:40-13:40 [ポスター講演]擬音語による楽曲表現の分析と自動変換システムの開発 ○黒川優太郎・佐藤友哉・鈴木基之(阪工大)
(8) 12:40-13:40 [ポスター講演]音声認識のためのエントレインメント現象を用いた発話様式誘導 ○杉山昂太郎・ニュービッグ グラム・サクティ サクリアニ・戸田智基・中村 哲(奈良先端大)
(9) 12:40-13:40 [ポスター講演]音響特徴量を用いた吹き出しテキストの生成の評価 ○松宮 翔・サクティ サクリアニ・グラム ニュービッグ・戸田智基・中村 哲(奈良先端大)
  13:40-13:50 休憩 ( 10分 )
2月28日(金) 午後  オーガナイズドセッション
13:50 - 15:50
(10) 13:50-14:50 [招待講演]非負値行列因子分解による時系列パターン処理 ○亀岡弘和(東大/NTT)
(11) 14:50-15:50 [招待講演]パラ言語・非言語情報処理の基礎と応用 ○森 大毅(宇都宮大)
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
2月28日(金) 午後  学生ポスターセッション 表彰式
16:00 - 16:10
  - 学生ポスターセッション 表彰式

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 50 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先 鈴木 基之(大阪工業大学)
m 


Last modified: 2013-12-13 18:47:44


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会