お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 土肥 正 (広島大)
副委員長 門田 靖 (リコー)
幹事 岡村 寛之 (広島大), 井上 真二 (関西大)
幹事補佐 横川 慎二 (電通大), 吉川 隆英 (富士通研), 作村 建紀 (法政大)

日時 2022年 5月28日(土) 13:00 - 15:15
議題 ソフトウェアの信頼性,信頼性一般 
会場名 完全オンライン開催 
他の共催 ◆日本信頼性学会,IEEE Reliability Society Japan Chapter共催
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(R研究会)についてはこちらをご覧ください.

5月28日(土) 午後 
13:00 - 15:15
(1) 13:00-13:25 ECサイトにおける個人の評価傾向と信頼の関係についての解析 R2022-1 鈴木亮平張 一凡桐淵直人芦澤奈実NTT)・笹原和俊東工大
(2) 13:25-13:50 期待費用が年齢・定期取替と等しくなるランダム取替の保全費用 R2022-2 水谷聡志中川覃夫愛知工大
(3) 13:50-14:15 複数のサイバー攻撃を伴うサーバシステムの信頼性解析 R2022-3 今泉充啓愛知学泉大)・木村充位愛知大
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
(4) 14:25-14:50 A note on epistemic uncertainty propagation for software reliability metrics R2022-4 Hiroyuki OkamuraJiahao ZhangHiroshima Univ.)・Junjun ZhengRitsumeikan Univ.)・Tadashi DohiHiroshima Univ.
(5) 14:50-15:15 無償保証期間を伴う発注政策に関する一考察 R2022-5 海生直人広島修道大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 井上 真二(関西大)
E-: ini-u 


Last modified: 2022-03-14 12:46:34


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会