お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


思考と言語研究会(TL) [schedule] [select]
専門委員長 森下 美和 (神戸学院大)
副委員長 坪田 康 (京都工繊大), 高田 明典 (フェリス女学院大)
幹事 竹内 和広 (阪電通大), 神長 伸幸 (ミイダス)
幹事補佐 山田 寛章 (東工大), 下郡 啓夫 (函館高専)

日時 2022年10月 1日(土) 12:55 - 17:20
議題 テーマ(1):芸術と言語, テーマ(2):場の共創・創発とイノベーション,テーマ(3):知識・概念・語彙とその構造 
会場名 オンライン 
会場世話人
連絡先
函館工業高等専門学校:下郡啓夫
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(TL研究会)についてはこちらをご覧ください.

  12:55-13:00 開会の挨拶 ( 5分 )
10月1日(土) 午後  招待講演
13:00 - 14:00
(1) 13:00-14:00 [招待講演]多感覚間相互作用による観察画の研究 TL2022-11 清田哲男岡山大
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
10月1日(土) 午後  午後第1セッション
14:10 - 15:40
(2) 14:10-14:40 【パネル討論】観察から創造力,共感力を育む TL2022-12 下郡啓夫函館高専)・清田哲男岡山大)・有賀三夏金沢大
(3) 14:40-15:10 美術による論理思考の育成方法の開発と実践 TL2022-13 森本 彩四高)・有賀三夏金沢大)・下郡啓夫函館高専
(4) 15:10-15:40 STEAM教育における数学の位置づけに関する一考察 TL2022-14 下郡啓夫函館高専)・青木昌雄北海道教大)・辻 宏子明治学院大
  15:40-15:50 休憩 ( 10分 )
10月1日(土) 午後  午後第2セッション
15:50 - 17:20
(5) 15:50-16:20 潜在意味分析(LSA)によるシナリオ分析の手法 ~ 2.5次元「ミュージカル『刀剣乱舞』」の訴求構造分析を通して ~ TL2022-15 藤田理恵子高田明典フェリス女学院大
(6) 16:20-16:50 概念の論理構造 ~ 言葉と意味を結びつける二元論の進化 ~ TL2022-16 得丸久文研究者
(7) 16:50-17:20 階層構造意味空間モデルにおける概念の構造 ~ 日本語対話システムides-AZILEの実装を通して ~ TL2022-17 高田明典フェリス女学院大
  17:20-17:25 閉会の挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
TL 思考と言語研究会(TL)   [今後の予定はこちら]
問合先 函館工業高等専門学校:下郡啓夫 a-ct 


Last modified: 2022-09-11 08:48:05


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[TL研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のTL研究会 / 次のTL研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会