お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 山田 寛喜 (新潟大)
副委員長 藤元 美俊 (福井大)
幹事 道下 尚文 (防衛大), 紀平 一成 (三菱電機)
幹事補佐 村上 友規 (NTT)

日時 2022年12月 8日(木) 09:30 - 17:20
議題 AMT研究会 
会場名 名護市中央公民館 第1・2研修室 (現地+オンライン; ハイブリッド) 
住所 〒905-0014 沖縄県名護市港二丁目1番1号
交通案内 https://www.city.nago.okinawa.jp/kurashi/2018071300491/
会場世話人
連絡先
平野 拓一
0980-53-5428 (会場)
他の共催 ◆◆IEEE AP-S Tokyo Chapter, 産業技術総合研究所物理計測標準研究部門
お知らせ ◎この研究会は第二種研究会で,無線端末・アンテナシステム測定技術研究会(実行委員長:中野雅之)により運営されております。
◎受付は9:10より行います。
◎AMT研究会の参加費は1,000円(税込み、資料PDF代込み、学部生は無料)です。
◎AMT研究会参加申込URL:
https://forms.gle/Jhkid6NmawxBEZhLA
参加申込締切:2022年12月5日(月)17時
※発表者も参加登録が必要です。
※請求書を発行しますので、参加費は現地支払または銀行振込にてお支払いください。
◎那覇空港から名護市役所へのアクセス
https://www.city.nago.okinawa.jp/about/access/
沖縄バス(高速バス)系統111番・117番が速いようです
◎12月9日にAMT研究会チュートリアルワークショップ((第22回)5G,6Gに向けたミリ波・テラヘルツ波帯の最新アンテナ測定技術)を開催します。
https://www.ieice.org/cs/ap/event/adhoc_meetings/amt/tu22/
  本研究会はハイブリッド開催です.オンライン参加を希望される場合は準備の都合上,原則として開催の3日前までにお手続きください.なお,会議用URLなどは研究会幹事からご案内します.当日,現地での申し込みも受け付けます.

  09:30-09:35 委員長挨拶 ( 5分 )
12月8日(木) 午前 
座長: 中野雅之(KDDI総合研究所)
09:35 - 10:50
(1) 09:35-10:00 人体の影響を考慮したテラヘルツ波アンテナの評価 中野雅之國澤良雄林 高宏KDDI総合研究所
(2) 10:00-10:25 ミリ波帯(30~300 GHz)アンテナ・伝搬測定法に関する一検討 山口 良ソフトバンク
(3) 10:25-10:50 テラヘルツ時間領域分光(THz-TDS)測定によるSiの複素誘電率評価 平野拓一東京都市大
  10:50-11:00 休憩 ( 10分 )
12月8日(木) 午前 
座長: 松川 沙弥果(産総研)
11:00 - 12:15
(4) 11:00-11:25 NTNプラットフォーム搭載 100 GHz帯フィーダリンク用アンテナサブシステムの研究開発 岡田 望西堀俊幸木村公洋グェン タットトルンJAXA
(5) 11:25-11:50 直列給電アレーアンテナを用いたミリ波マルチビーム測定 木村雄樹杉村独歩島田健吾東 右一郎日本電業工作
(6) 11:50-12:15 複数偏波測定可能な回転反射鏡アンテナを用いた到来方向測定システムの検討 保前俊稀豊見本和馬山口 良ソフトバンク
  12:15-13:15 昼食 ( 60分 )
12月8日(木) 午後 
座長: 黒川 悟 (産総研)
13:15 - 14:30
(7) 13:15-13:40 Symmetric Functions for Guaranteeing Variable-Filter Stability Tian-Bo DengToho Univ.
(8) 13:40-14:05 超伝導量子ビット制御装置の開発 塩見英久阪大)・三好健文小池恵介イーツリーズ・ジャパン)・森榮真一キュエル)・根来 誠阪大)・伊藤陽介キュエル)・小川和久阪大
(9) 14:05-14:30 球面走査法を用いたアンテナ一体型移動通信用基地局無線装置の利得測定方法に関する実験検討 井上祐樹山本将司NTTドコモ
  14:30-14:40 休憩 ( 10分 )
12月8日(木) 午後 
座長: 笹森崇行(北海学園大)
14:40 - 15:55
(10) 14:40-15:05 波源推定を用いたリフレクトアレーへの入射に対するバイスタティックRCS特性の測定 橋口 弘道下尚文森下 久防衛大)・松野宏己大戸琢也中野雅之KDDI総合研究所
(11) 15:05-15:30 6GHz以上における純水内で動作ダイポールアンテナの近傍界利得の測定レンジ拡張 関屋敬太加藤祐樹石井 望新潟大)・清水悠斗長岡智明NICT
(12) 15:30-15:55 小形アンテナ測定におけるバランの電流遮断効果と共振器Q値の関係 深沢 徹稲沢良夫三菱電機
  15:55-16:05 休憩 ( 10分 )
12月8日(木) 午後 
座長: 石井 望(新潟大)
16:05 - 17:20
(13) 16:05-16:30 電波暗室における自由空間法を用いた材料透過特性の測定方法に関する検討 山本将司井上祐樹NTTドコモ
(14) 16:30-16:55 放射イミュニティ試験における電界均一性の試験所間比較 松川沙弥果産総研)・阿野裕司藤本正克山口産技)・飴谷充隆産総研
(15) 16:55-17:20 Sパラメータ法に使用するセミリジッドケーブル製ジグに関する考察(その2) 笹森崇行北海学園大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 AMT研幹事 平野,松川
E-: _-amt_cry 


Last modified: 2022-12-06 18:58:17


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のAP研究会 / 次のAP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会