お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

小樽のホテルがかなり混んでいるとのことです. 早めのホテル予約をお勧めいたします.



ソフトウェアサイエンス研究会(SS) [schedule] [select]
専門委員長 佐伯 元司
副委員長 坂部 俊樹
幹事 権藤 克彦, 松下 誠

日時 2005年 8月 4日(木) 13:00 - 18:00
2005年 8月 5日(金) 09:00 - 12:45
議題 一般 
会場名 小樽商科大学 407教室 
住所 〒047-8501 小樽市緑3-5-21
交通案内 JR小樽駅からバスで10分(小樽商大前で下車).タクシー5分,または徒歩で20分.(バスは一時間に 2, 3本しかなく,タクシーは750円くらいだそうです)
http://www.otaru-uc.ac.jp/hsyomu1/kaku-data/dokoouc.htm

8月4日(木) 午後 
13:00 - 18:00
(1) 13:00-13:30 シナリオのアニメーション表示による妥当性確認支援 首藤寛樹大西 淳立命館大
(2) 13:30-14:00 プライオリティ概念のあるステートダイアグラムのモデル検査 中島 震NII
(3) 14:00-14:30 Decidability of Termination for Semi-Constructor Term Rewriting Systems Yi WangMasahiko SakaiNaoki NishidaKeiichirou KusakariToshiki SakabeNagoya Univ.
  14:30-14:45 休憩 ( 15分 )
(4) 14:45-15:15 Webサービスにおけるオブジェクト送受のためのコード自動生成 上野平和義満田成紀福安直樹鯵坂恒夫和歌山大
(5) 15:15-15:45 セマンティック・ウェブ技術を応用したユーザ嗜好インタフェースの実現 柳田拓人野中秀俊栗原正仁北大
(6) 15:45-16:15 機能量測定法を利用した不適切箇所の摘出による分析モデルの改善 長野伸一NTT)・鰺坂恒夫和歌山大
  16:15-16:30 休憩 ( 15分 )
(7) 16:30-17:00 コードクローン分析ツールGeminiを用いたコードクローン分析手法 肥後芳樹楠本真二井上克郎阪大
(8) 17:00-17:30 版管理システムを用いたコードクローン履歴分析 川口真司松下 誠井上克郎阪大
(9) 17:30-18:00 履修管理システムにおけるアカウンタビリティおよび進化容易性を実現するソフトウェアアーキテクチャ 早坂 良藤枝和宏落水浩一郎北陸先端大
8月5日(金) 午前 
09:00 - 12:45
(10) 09:00-09:30 模式図手法を用いたIT教育支援法 原田明幸浜名隆広佐藤匡正島根大
(11) 09:30-10:00 Agent-Flowにおける論理演算網自動生成手法の提案 水谷晃三池本 悟赤羽根隆広帝京大)・山口大輔永井正武神奈川大
(12) 10:00-10:30 コンポーネント指向Webアプリケーションフレームワークにおけるモジュール性の向上のための一手法 荻野 慶早大)・小野康一日本IBM)・深澤良彰早大
  10:30-10:45 休憩 ( 15分 )
(13) 10:45-11:15 組込みシステムにおける動作条件分析手法の提案 鷲見 毅平山雅之東芝)・鵜林尚靖九工大
(14) 11:15-11:45 コンポーネントランクを用いたソフトウェアのクラス設計に関する分析手法の提案 市井 誠阪大)・○横森励士南山大)・松下 誠井上克郎阪大
(15) 11:45-12:15 Planning an Automated Aspect Mining Tool Simone LivieriTakashi IshioShinji KusumotoKatsuro InoueOsaka Univ.
(16) 12:15-12:45 協調フィルタリングを用いたプロジェクトコスト超過の予測 本村拓也柿元 健角田雅照大杉直樹門田暁人松本健一奈良先端大

問合先と今後の予定
SS ソフトウェアサイエンス研究会(SS)   [今後の予定はこちら]
問合先 権藤克彦(東京工業大学)
TEL 03-5734-2810
FAX 03-5734-2772
E-: nw 
お知らせ ◎最新情報は,SIGSS研究会ホームページ http://www.sde.cs.titech.acjp/ss/
をご覧下さい.


Last modified: 2005-06-21 10:06:12


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSS研究会 / 次のSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会