お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のOME研究会 / 次のOME研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


有機エレクトロニクス研究会(OME) [schedule] [select]
専門委員長 山田 俊樹 (NICT)
副委員長 伊東 栄次 (信州大学)
幹事 梶井 博武 (阪大), 嘉治 寿彦 (東京農工大)
幹事補佐 清家 善之 (愛知工大), 馬場 暁 (新潟大学)

日時 2023年 1月27日(金) 13:00 - 16:50
2023年 1月28日(土) 10:00 - 16:00
議題 バイオテクノロジー,医工学,界面 
会場名 高知商工会館 
住所 〒780-0870 高知県高知市本町1丁目6-24
交通案内 はりまや橋電停より徒歩7分
https://www.kochi-syokokaikan.com/map.html
会場世話人
連絡先
産総研 松田直樹
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(OME研究会)についてはこちらをご覧ください.

1月27日(金) 午後 
13:00 - 16:50
(1) 13:00-13:35 [招待講演]固液界面のその場観察 OME2022-74 松田直樹岡部浩隆産総研
(2) 13:35-14:10 溶液プロセスに基づく水溶性ランタニド-チアカリックスアレーン錯体の固体発光材料化 OME2022-75 白石成美飯倉大介唐島田龍之介・○壹岐伸彦東北大
(3) 14:10-14:45 ニッケルナノ粒子修飾カーボン薄膜電極の電気化学触媒活性向上 OME2022-76 丹羽 修太田早紀大谷和也小池綾香高橋将太埼玉工大)・鎌田智之加藤 大産総研)・芝 駿介愛媛大
  14:45-15:05 休憩 ( 20分 )
(4) 15:05-15:40 植物由来のイソソルビド骨格を有する無色・低誘電・光学活性な半脂環式ポリイミド OME2022-77 安藤慎治澤田梨々花石毛亮平東工大
(5) 15:40-16:15 [招待講演]ダイレクト・コンヴァージョンの臨床への応用 岸田綱郎松田 修京府医
(6) 16:15-16:50 [招待講演]腸内活性酸素種を消去するナノ粒子型抗酸化剤が健康を導く OME2022-78 長崎幸夫筑波大
1月28日(土) 午前 
10:00 - 11:45
(7) 10:00-10:35 エネルギーを大量消費するがんと脳の代謝 OME2022-79 雨宮 隆横浜国大
(8) 10:35-11:10 表面化学修飾によるナノダイヤモンド粒子MRI造影剤の作製 中村挙子産総研
(9) 11:10-11:45 単層グラフェンを用いた化学・バイオセンサ OME2022-80 上野祐子中大
1月28日(土) 午後 
14:00 - 16:00
  14:00-16:00 総合討論 ( 120分 )

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 10 分
招待講演発表 25 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
OME 有機エレクトロニクス研究会(OME)   [今後の予定はこちら]
問合先 山田 俊樹(NICT)
E-:

梶井 博武(阪大)
E-: ioledeeieng-u

嘉治 寿彦(農工大)
E-: -tcctuat 


Last modified: 2022-11-12 15:09:09


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[OME研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のOME研究会 / 次のOME研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会