お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のEMCJ研究会 / 次のEMCJ研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

初日9月8日(木)は情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)との共同企画「VCCI特別セッション」を開催致します.また9月8日(木)の講演終了後,懇親会を開催致します.みなさまの御参加をお待ちしております.



環境電磁工学研究会(EMCJ) [schedule] [select]
専門委員長 古賀 隆治
副委員長 井上 浩
幹事 陳 強, 橋本 康雄
幹事補佐 村野 公俊, 下塩 義文

日時 2005年 9月 8日(木) 13:00 - 17:20
2005年 9月 9日(金) 09:00 - 16:55
議題 通信EMC/一般 
会場名 京都大学 吉田キャンパス 電気系総合館3階中講義室 
住所 〒606-8501 京都市左京区吉田本町.075-753-7531内線5716
交通案内 京都市バス「京大正門前」又は「百万遍」下車
http://www.kyoto-u.ac.jp/access/kmap/map5r.htm
会場世話人
連絡先
和田修己(桂キャンパス)075-383-2244
お知らせ ◎初日(9月8日)の講演終了後,京都大学百周年時計台記念館・国際交流ホール?にて懇親会を開催致します.

9月8日(木) 午後  1日目―VCCIセッション
13:00 - 13:05
  13:00-13:05 委員長挨拶 ( 5分 )
9月8日(木) 午後  基調講演
13:05 - 13:35
(1) 13:05-13:35 [基調講演]VCCIにおけるEMC課題への取り組み (口頭発表) 長部邦広電磁環境試験所認定センター)・佐竹省造日立)・河野次郎VCCI協会
9月8日(木) 午後  VCCIセッション(1)
13:35 - 14:45
(1) 13:35-14:10 妨害波測定における電界強度の距離依存性に関する一考察 桑原伸夫九工大)・川畑将人石田康弘福岡県工技センター
(2) 14:10-14:45 CISPR16-1-5CALTS±1.0dBを満足する10m法半無響電波暗室の建設 ~ CALTS理論値をEMI測定用電波暗室の仕様に用いる ~ 篠崎厚志セイコーエプソン)・佐々木玲一元近畿大)・針谷栄蔵関西電子工業振興センター
  14:45-15:00 休憩 ( 15分 )
9月8日(木) 午後  VCCIセッション(2)
15:00 - 17:20
(3) 15:00-15:35 30MHzから1000MHzにおける測定用EUT設置台の影響 宮田邦行富士通)・村松秀則NECアクセステクニカ)・河野次郎VCCI協会
(4) 15:35-16:10 放射妨害波測定に用いるVHF帯用擬似電源回路網の調査 村松秀則NECアクセステクニカ)・山口正徳富士通経営研修所)・河野次郎VCCI協会
(5) 16:10-16:45 情報技術装置の通信ポートからの伝導妨害波測定用ISNの検討 山根 宏NTT)・長部邦広電磁環境試験所認定センター)・河野次郎VCCI協会
(6) 16:45-17:20 プリント基板の電源グラウンドプレーンと高速信号配線の位置関係が及ぼす放射EMIへの影響検討 飯澤 昇山本勝也西村 太松下電工)・○笹部孝司松下電工/VCCI協会
9月9日(金) 午前  2日目―一般講演
09:00 - 09:05
  09:00-09:05 委員長挨拶 ( 5分 )
9月9日(金) 午前  セッション1~PLC関連技術(1)
09:05 - 10:20
(1) 09:05-09:30 電力線通信信号がAM信号に及ぼす影響の検討 平田大介桑原伸夫九工大)・秋山佳春NTT
(2) 09:30-09:55 短波帯を利用する電力線搬送装置に起因する漏洩電界強度の測定 久保田 仁三菱電機)・大垣健二ルネサステクノロジ
(3) 09:55-10:20 単純化された電力線モデルからの漏洩電界測定 前川浩二ラインコム)・石川直己三菱電機)・神宝照司きんでん)・稲田 勉松下電工)・牧 昌弘パナソニックコミュニケーションズ)・渡邊陽介徳田正満武蔵工大
  10:20-10:30 休憩 ( 10分 )
9月9日(金) 午前  セッション2~PLC関連技術(2)
10:30 - 12:10
(4) 10:30-10:55 分岐のない電力線モデルの平衡度と漏洩電界に対するモーメント法計算 渡邊陽介徳田正満武蔵工大)・森田淳士三菱電機
(5) 10:55-11:20 分岐のある電力線モデルの平衡度と漏洩電界に対するモーメント法計算 渡邊陽介徳田正満武蔵工大)・牧 昌弘パナソニックコミュニケーションズ
(6) 11:20-11:45 既設住宅における電力線のLCLとコモンモードインピーダンスの測定 神宝照司西山富朗きんでん)・前川浩二ラインコム)・石川直己三菱電機)・稲田 勉松下電工)・牧 昌弘パナソニックコミュニケーションズ
(7) 11:45-12:10 高速電力線搬送通信における屋内電源コンセントの等価表現とコモンモード電流 上 芳夫電通大
  12:10-13:15 昼食 ( 65分 )
9月9日(金) 午後  セッション3~伝導・放射妨害波関連
13:15 - 14:05
(8) 13:15-13:40 車載用電子機器からの伝導雑音簡易評価 前野 剛市川浩司鵜生高徳宮本雅規加藤謙二デンソー
(9) 13:40-14:05 波源モデル化手法を用いた電子機器の妨害波レベル推定法の高速化 大久保義登九工大)・川畑将人石田康弘福岡県工技センター)・桑原伸夫九工大
  14:05-14:15 休憩 ( 10分 )
9月9日(金) 午後  セッション4~線路・ネットワーク関連
14:15 - 15:30
(10) 14:15-14:40 単導体線路によるコモンモードの実験的ならびに理論的検討 久門尚史吉村和紘京大)・奥村浩士広島工大
(11) 14:40-15:05 1GHz以上におけるUTPケーブルからの放射電磁界解析に対する4ポート回路網モデル適用性の検討 玉木寛人九工大)・石田康弘福岡県工技センター)・桑原伸夫九工大
(12) 15:05-15:30 電磁環境を考慮したマルチホップ無線ネットワークに関する一検討 田村尚志・○宮本伸一阪大
  15:30-15:40 休憩 ( 10分 )
9月9日(金) 午後  セッション5~プローブ・アンテナ関連
15:40 - 16:55
(13) 15:40-16:05 バイコニカルアンテナとサイトアッテネーション ~ アンテナの改良とサイトアッテネーション補正値の解析 ~ 大津信一富士通)・向井 誠日本電磁波ソフト開発)・小林修一田中嶋克行アクゾノーベル)・川島誠一電磁環境試験所認定センター)・河野次郎前田篤哉VCCI協会
(14) 16:05-16:30 タイムドメインS11測定によるアンテナポールからの反射波評価 黒川 悟廣瀬雅信小見山耕司産総研)・渡辺育夫蓮見 寛デバイス
(15) 16:30-16:55 金属素子を有しない微小EOプローブを用いた生体等価ファントム内における電界計測 都甲浩芳NTT)・大西輝夫木南克規NTTドコモ)・清水直文永妻忠夫NTT)・上林真司NTTドコモ
  16:55-17:00 委員長挨拶 ( 5分 )

問合先と今後の予定
EMCJ 環境電磁工学研究会(EMCJ)   [今後の予定はこちら]
問合先 村野公俊(東海大学電子情報学部コミュニケーション工学科)
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目1117 東海大学湘南校舎
TEL0463-58-1211 ext.4082 FAX0463-58-8320
ccu-i 
お知らせ ◎「電気・電子機器のEMCワークショップ」開催について
11月1日~2日の2日間,伊豆・修善寺におきまして「第17回電気・電子機器のEMCワークショップ(修善寺ワークショップ)」を開催致します.詳細は学会誌次号会告またはEMCJ研究会ホームページをご覧下さい.
◎発表申込について
昨年7月より,EMCJ研究会発表申込は電子情報通信学会の研究会発表申込システムを御利用頂くこととなりました.投稿のページ[http://www.ieice.org/jpn/ken/kenmoushikomi.html]の[研究会発表申込(Webによる)]からお申込み下さい.
◎最新の情報は,EMCJ研究会ホームページにて御確認下さい.EMCJホームページ:http://www.ieice.org/cs/emcj/jpn/


Last modified: 2005-12-08 23:18:40


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[EMCJ研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のEMCJ研究会 / 次のEMCJ研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会