お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


アンテナ・伝播研究会(A・P) [schedule] [select]
専門委員長 山田 寛喜 (新潟大)
副委員長 藤元 美俊 (福井大)
幹事 道下 尚文 (防衛大), 紀平 一成 (三菱電機)
幹事補佐 村上 友規 (NTT)

無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 樋口 健一 (東京理科大)
副委員長 旦代 智哉 (東芝), 児島 史秀 (NICT), 牟田 修 (九大)
幹事 山本 哲矢 (パナソニック), 安達 宏一 (電通大), 中村 理 (シャープ)
幹事補佐 酒井 学 (三菱電機), 岩渕 匡史 (NTT), 菅野 一生 (KDDI総合研究所), 張 裕淵 (東工大), 丸田 一輝 (東京理科大)

水中無線技術研究会(UWT) [schedule] [select]
専門委員長 高山 佳久 (東海大)
副委員長 久保 博嗣 (立命館大), 石井 望 (新潟大)
幹事 菅 良太郎 (NICT), 稲森 真美子 (東海大)

日時 2022年11月15日(火) 09:30 - 17:30
2022年11月16日(水) 09:30 - 16:50
2022年11月17日(木) 09:30 - 16:15
議題 アダプティブアンテナ,等化,干渉キャンセラ,MIMO,無線通信,一般 
会場名 九州大学 病院キャンパス 百年講堂 中ホール1・2 
住所 〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号 九大医学部 百年講堂
交通案内 https://www.med.kyushu-u.ac.jp/100ko-do/access/
他の共催 ◆IEEE AP-S Fukuoka Chapter共催
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(RCS研究会, AP研究会)についてはこちらをご覧ください.

11月15日(火) 午前  RCS研(会場1)
座長: 瀧川 将弘 (KDDI総合研究所)
09:30 - 10:45
(1)
RCS
09:30-09:55 マルチユーザMECシステムにおける無線環境を考慮した移動ユーザの経路設計及び資源割当 RCS2022-155 棚木拓海安達宏一電通大
(2)
RCS
09:55-10:20 周波数チャネル毎のDC環境下におけるパケット型インデックス変調の検討 RCS2022-156 志田洋斗鈴木康介安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大
(3)
RCS
10:20-10:45 上りリンクマルチユーザカオスMIMO伝送方式の性能改善の検討 RCS2022-157 加藤健太浅野敬祐阿部拓実森 祐樹岡本英二名工大)・山本哲矢パナソニック
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
11月15日(火) 午前  RCS研(会場1)
座長: 成末 義哲 (東京大学)
11:00 - 11:50
(4)
RCS
11:00-11:25 [奨励講演]凍結ビット多用途化polar符号とカオス変調連接におけるターボ復号による性能改善の検討 RCS2022-158 浅野敬祐阿部拓実加藤健太森 祐樹岡本英二名工大)・山本哲矢パナソニック
(5)
RCS
11:25-11:50 [奨励講演]多項式デジタルプリディストータを用いる帯域内全二重の理論解析 RCS2022-159 小松和暉松村 武NICT
11月15日(火) 午前  A・P研(会場2)
座長: 北 直樹 (NTT)
09:30 - 10:45
(6)
A・P
09:30-09:55 特定市街地マクロセル環境におけるミリ波帯チャネル統計特性および周波数依存性の考察 AP2022-147 塚田 響鈴木直也高橋莉玖金 ミンソク新潟大
(7)
A・P
09:55-10:20 Indoor Multipath Cluster Channel Characteristics at 60 and 300 GHz AP2022-148 Minseok KimAnirban GhoshRiku TakahashiKousuke ShibataNiigata Univ.
(8)
A・P
10:20-10:45 回転反射鏡アンテナを用いた300GHz帯屋内到来方向測定 AP2022-149 保前俊稀豊見本和馬山口 良宮下真行矢吹 歩ソフトバンク
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
11月15日(火) 午前  A・P研(会場2)
座長: 金 ミンソク (新潟大)
11:00 - 11:50
(9)
A・P
11:00-11:25 28GHz帯屋内基地局用セクタアンテナの指向性によるチャネル容量評価 AP2022-150 松本昇太新井宏之横浜国大)・井上祐樹木村泰子NTTドコモ
(10)
A・P
11:25-11:50 テラヘルツ波における人体散乱の偏波の影響に関して AP2022-151 宮下真行矢吹 歩保前俊稀豊見本和馬山口 良SB
  11:50-13:00 昼食 ( 70分 )
11月15日(火) 午後  RCS研(会場1)
座長: 北野 隆康 (鉄道総合技術研究所)
14:05 - 15:20
(11)
RCS
14:05-14:30 60GHz帯における透明反射フィルムの電波反射特性に関する実験的評価 RCS2022-160 橋田紘明日比龍平川本雄一加藤 寧東北大)・江南俊夫野本博之積水化学)・阿野 進ATR
(12)
RCS
14:30-14:55 水中音響通信の厳しい二重選択性伝搬環境に有効なチャネルサウンダ RCS2022-161 久保博嗣橋本宏一藤田太一吉村拓真立命館大
(13)
RCS
14:55-15:20 水中音響通信の厳しい二重選択性伝搬環境に有効な差動OFDM RCS2022-162 久保博嗣藤田太一橋本宏一吉村拓真立命館大
  15:20-15:35 休憩 ( 15分 )
11月15日(火) 午後  RCS/A・P/UWT研 特集セッション「多様な通信環境でのユースケース実現に向けた研究開発」(会場1)
座長: 稲森真美子(東海大学)
15:35 - 16:25
(14)
共通
15:35-16:00 [依頼講演]機械学習を用いた水中光通信における受信強度変動の予測検討 竹中秀樹石井昌憲都立大)・高山佳久東海大
(15)
共通
16:00-16:25 [依頼講演]AUVから支援船への深海底画像超音波送信について 石井和男九工大)・安 鍾賢広島工大)・園田 隆西日本工大)・安川真輔西田祐也九工大)・浦 環ディープ・リッジ・テク
  16:25-16:40 休憩 ( 15分 )
11月15日(火) 午後  UWT研(会場1)
座長: 高山佳久(東海大学)
16:40 - 17:30
(16)
UWT
16:40-17:05 [依頼講演]水中移動時のドップラー耐性と初期同期を強化した水中OFDM通信システム 和田知久大城史帆ユキコ ミュラー琉球大)・山田浩正OKIコムエコーズ
(17)
UWT
17:05-17:30 大気・海水2層問題の水槽付き疑似スケールモデルの数値シミュレーション 神谷安璃石井 望新潟大
11月15日(火) 午後  IEEE AP-S Fukuoka Chapter特別講演(会場2)
座長: 金谷 晴一 (九州大)
13:00 - 13:50
(18) 13:00-13:50 [特別講演] (口頭発表)Direct Wireless Power Conversion and Application
○Kwok Tong Chau(The University of Hong Kong)
  13:50-14:05 休憩 ( 15分 )
11月15日(火) 午後  A・P研(会場2)
座長: 松野 宏己 (KDDI総合研究所)
14:05 - 15:20
(19)
A・P
14:05-14:30 直線形の片側短絡素子を用いた3周波共用バラクタ装荷Lプローブ給電一層構造小形マイクロストリップアンテナの設計 AP2022-152 朝比奈歩輝斉藤作義木村雄一埼玉大
(20)
A・P
14:30-14:55 車載マルチアンテナ用アンテナ素子の検討 AP2022-153 豊見本和馬山口 良SB
(21)
A・P
14:55-15:20 送信アンテナの設置によるメタ・サーフェス反射板の所望方向への影響 AP2022-154 杉村独歩芳野真弓日本電業工作
  15:20-15:35 休憩 ( 15分 )
11月16日(水) 午前  RCS研(会場1)
座長: 牟田 修 (九州大学)
09:30 - 10:45
(22)
RCS
09:30-09:55 ユーザ主導マルチユーザジョイント送受信ダイバーシチの非対称MIMOフェージングチャネルにおけるふるまい RCS2022-163 安達文幸高橋 領東北大
(23)
RCS
09:55-10:20 ネットワーク全二重通信を用いたミリ波セルフリー大規模MIMOにおける位置情報を用いた端末間干渉の影響抑制に関する一検討 RCS2022-164 福榮秀都電通大)・アブレウ ジュゼッペJUB)・石橋功至電通大
(24)
RCS
10:20-10:45 クラウドソース無線装置(CRU)を用いた適応C-RAN構成におけるシステムレベルシミュレーションによるスループット評価 RCS2022-165 石井悠斗宗 秀哉湘南工科大)・丸田一輝東京理科大)・中山 悠東京農工大
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
11月16日(水) 午前  RCS/A・P/UWT研 特集セッション「多様な通信環境でのユースケース実現に向けた研究開発」(会場1)
座長: 旦代 智哉 (東芝)
11:00 - 11:50
(25)
共通
11:00-11:25 [依頼講演]水中音響通信の厳しい二重選択性伝搬環境に有効な無線伝送方式に関する一検討 AP2022-155 RCS2022-166 久保博嗣藤田太一橋本宏一吉村拓真立命館大
(26)
共通
11:25-11:50 [依頼講演]列車運行システムにおける公衆通信網の活用に関する研究開発 AP2022-156 RCS2022-167 北野隆康祗園昭宏鉄道総研
  11:50-13:00 昼食 ( 70分 )
11月16日(水) 午後  RCS研(会場1)
座長: 久保 博嗣 (立命館大学)
14:05 - 15:20
(27)
RCS
14:05-14:30 地上放送の高度化に向けたマイクロ波番組中継回線の伝送実験 RCS2022-168 島崎智拓松崎敬文中川孝之NHK
(28)
RCS
14:30-14:55 建設現場における3次元位置推定に向けた920MHz帯LoRaWANを用いる階高推定の検討 RCS2022-169 井上貴裕中野恭輔牟田 修九大)・渡辺拓人池田直広東急建設
(29)
RCS
14:55-15:20 More Varieties of Parameter-Replacement Functions for Ensuring Variable-Filter Stability RCS2022-170 Tian-Bo DengToho Univ.
  15:20-15:35 休憩 ( 15分 )
11月16日(水) 午後  RCS/A・P/UWT研 特集セッション「多様な通信環境でのユースケース実現に向けた研究開発」(会場1)
座長: 木村 雄一 (埼玉大)
15:35 - 16:50
(30)
共通
15:35-16:00 [依頼講演]Beyond 5G/6Gに向けたIRSの実験的評価 ~ 散乱パターン、伝搬特性の評価 ~ AP2022-157 RCS2022-171 松野宏己大戸琢也原田教広長尾竜也林 高弘KDDI総合研究所
(31)
共通
16:00-16:25 [依頼講演]ミリ波帯(30~300 GHz)アンテナビームエミュレータ AP2022-158 RCS2022-172 山口 良保前俊稀豊見本和馬宮下真行矢吹 歩ソフトバンク
(32)
共通
16:25-16:50 [依頼講演]6Gに向けたA-RoFを活用した高周波数帯張出しアンテナシステムの検討 AP2022-159 RCS2022-173 北 直樹白戸裕史山本泰義高橋雄太伊藤耕大NTT
11月16日(水) 午後  A・P研 チュートリアル講演(会場2)
座長: 山田 寛喜 (新潟大)
13:00 - 13:50
(33)
A・P
13:00-13:50 [チュートリアル講演]モーメント法によるアレーアンテナの数値解析 AP2022-160 今野佳祐陳 強東北大
  13:50-14:05 休憩 ( 15分 )
11月16日(水) 午後  A・P研(会場2)
座長: 堅岡 良知 (KDDI総合研究所)
14:05 - 15:20
(34)
A・P
14:05-14:30 2アンテナにより生成するフェージングパターンとPDRを用いた端末測位法の実験的評価 AP2022-161 内澤航平本間尚樹村田健太郎岩手大)・三浦 淳梁川 翼ERi
(35)
A・P
14:30-14:55 改良型CMAアダプティブアレーによるバイタルサイン追従法 AP2022-162 小川悠太本間尚樹村田健太郎岩井守生小林宏一郎岩手大
(36)
A・P
14:55-15:20 偏波共用アンテナを用いたLoS-MIMO伝送実験 AP2022-163 多和田基史太田喜元長手厚史ソフトバンク
  15:20-15:35 休憩 ( 15分 )
11月17日(木) 午前  RCS研(会場1)
座長: 児島 史秀 (情報通信研究機構)
09:30 - 10:45
(37)
RCS
09:30-09:55 自律型Intelligent Reflecting Surfaceを用いた無線通信システムと量子コンピューティングによるリソース割当方法に関する一検討 ~ 複数通信事業者によるIRSの共用 ~ RCS2022-174 大山貴博PSNRD)・川本雄一加藤 寧東北大
(38)
RCS
09:55-10:20 MMSE規範利用時のシンメトリ性を導入したVector Perturbationにおける量子コンピューティングを用いた最適摂動ベクトル探索の一検討 RCS2022-175 花篭慶史高橋 領大山貴博PSNRD)・安達文幸東北大
(39)
RCS
10:20-10:45 ミリ波帯における低遅延大容量中継技術に関する一検討 RCS2022-176 瀧川将弘堅岡良知大関武雄渡辺大詩天野良晃KDDI総合研究所
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
11月17日(木) 午前  RCS/A・P/UWT研共通セッション 招待講演(会場1)
座長: 樋口 健一 (東京理科大学)
11:00 - 11:50
(40)
共通
11:00-11:50 [招待講演]軌道角運動量(OAM)モード多重通信の基礎 AP2022-164 RCS2022-177 西村寿彦北大
  11:50-13:05 昼食 ( 75分 )
11月17日(木) 午前  A・P研(会場2)
座長: 廣瀬 幸 (九工大)
09:55 - 10:45
(41)
A・P
09:55-10:20 移動通信三次元空間セル構成における上空セルの高精度Kファクタ測定法の検討 AP2022-165 藤井輝也東工大
(42)
A・P
10:20-10:45 上空の電波伝搬における仲上-ライス変動の三次元空間相関特性の理論解析 AP2022-166 津濱ひかり東工大)・藤井輝也東工大/ソフトバンク
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
11月17日(木) 午後  RCS/A・P/UWT研 特集セッション「多様な通信環境でのユースケース実現に向けた研究開発」(会場1)
座長: 中村 理 (シャープ)
13:05 - 14:20
(43)
共通
13:05-13:30 [依頼講演]5G Evolution & 6Gにおける超カバレッジ拡張:地上と非地上のネットワークを統合した多層的ネットワーク AP2022-167 RCS2022-178 外園悠貴小原日向室城勇人深澤賢至岸山祥久永田 聡NTTドコモ
(44)
共通
13:30-13:55 [依頼講演]工場内ネットワーク環境のための無線トモグラフィ AP2022-168 RCS2022-179 松田崇弘都立大)・西川由明高橋英士大西健夫竹内俊樹NEC
(45)
共通
13:55-14:20 [依頼講演]製造現場での無線利用に向けたタイミングに着目したモニタリング及び通信制御 AP2022-169 RCS2022-180 長谷川晃朗ATR
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
11月17日(木) 午後  RCS研(会場1)
座長: 丸田 一輝 (東京理科大学)
14:35 - 16:15
(46)
RCS
14:35-15:00 スペクトル有効周波数分割多重における深層学習を用いた通信環境推定の検討 RCS2022-181 小島 駿東大)・小松和暉松村 武NICT)・大津金光横田隆史宇都宮大
(47)
RCS
15:00-15:25 等利得フィルタを適用した非線形過負荷MIMO通信方式 RCS2022-182 杉本 匠田野 哲侯 亜飛岡山大
(48)
RCS
15:25-15:50 Massive MIMOにおける隣接HAPS間干渉低減のためのサブアレー最適化手法 RCS2022-183 田代晃司星野兼次長手厚史ソフトバンク
(49)
RCS
15:50-16:15 SIMOとMIMOが混在する場合の基地局連携MU-MIMO干渉キャンセラによる上り回線通信品質改善の検討 RCS2022-184 前田稜平東工大)・藤井輝也東工大/ソフトバンク
11月17日(木) 午後  A・P研(会場2)
座長: 平野 拓一 (東京都市大)
14:35 - 15:50
(50)
A・P
14:35-15:00 海洋センサネットワーク用マイクロストリップアンテナ AP2022-170 高尾航佑藤本孝文グアン チャイユー長崎大
(51)
A・P
15:00-15:25 MACKEYの円偏波アンテナ化に関する基礎検討 AP2022-171 横江慧人袴田幸汰米田道典牧野 滋前田正彦金沢工大
(52)
A・P
15:25-15:50 Lプローブ給電2周波共用一層構造多リング形マイクロストリップアンテナの広帯域設計 AP2022-172 高橋昌也斉藤作義木村雄一埼玉大

講演時間
一般講演(RCS)発表 18 分 + 質疑応答 7 分
一般講演(AP)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
一般講演(UWT)発表 20 分 + 質疑応答 5 分
依頼講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分
奨励講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分
特別講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
チュートリアル講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AP アンテナ・伝播研究会(A・P)   [今後の予定はこちら]
問合先 紀平 一成(三菱電機)
E-: _-cry 
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 E-:r_- 
UWT 水中無線技術研究会(UWT)   [今後の予定はこちら]
問合先 菅良太郎(NICT)、稲森真美子(東海大学)
E-: uwt-n2022 


Last modified: 2022-11-14 21:47:32


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AP研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /   [UWT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会