お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSC研究会 / 次のSC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


サービスコンピューティング研究会(SC) [schedule] [select]
専門委員長 細野 繁 (NEC)
副委員長 Incheon Paik (会津大)
幹事 田仲 正弘 (NICT), 井垣 宏 (阪大)

日時 2015年 3月27日(金) 13:05 - 17:10
2015年 3月28日(土) 09:00 - 11:50
議題 サービス・クラウドのQoS・SLA・ポリシー及び一般 
会場名 公立大学法人会津大学 UBIC 3Dシアター 
住所 〒965-8580 福島県会津若松市一箕町鶴賀
交通案内 http://www.u-aizu.ac.jp/access.html
会場世話人
連絡先
Incheon Paik 上級准教授
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月27日(金) 午後  ■研究会1日目(第1セッション)
座長: Incheon Paik (会津大)
13:00 - 15:05
  13:00-13:05 委員長挨拶 ( 5分 )
(1) 13:05-13:30 Web Service Discovery with Domain Specific Context Awareness SC2014-14 Banage Thenne Gedara Samantha KumaraIncheon PaikKoswatte Ralalage Chathurika KoswatteAkila SiriweeraUniversity of Aizu
(2) 13:30-13:55 Towards Meta-Framework for Semantic TRIZ SC2014-15 Koswatte Ralalage Chathurika KoswatteIncheon PaikBanage Thenne Gedara Samantha KumaraUniversity of Aizu
(3) 13:55-14:20 Simple Sensor Based Human Behavior Analysis for Smart Environment SC2014-16 Yuta KobiyamaQiangfu ZhaoKazuki Omomou-aizu)・Masato TayaKDDI Lab
(4) 14:20-14:45 Virtual-MVC framework to support collaborative development of Service-Oriented E-learning components SC2014-17 Ruth CortezAlexander VazheninUniv. of Aizu
  14:45-15:05 休憩 ( 20分 )
3月27日(金) 午後  □研究会1日目(第2セッション)
座長: 細野 繁 (NEC)
15:05 - 17:10
(5) 15:05-15:30 VDM++によるBASEトランザクションのデータ整合性評価 SC2014-18 西田紗知新川芳行龍谷大
(6) 15:30-15:55 ニューラルネットワークに基づく消費電力データの解析 SC2014-20 大桃和樹金田祐也小檜山裕太会津大)・多屋優人KDDI研)・趙 強福会津大
(7) 15:55-16:20 サービス設計における非機能特性の評価方法 SC2014-27 伊豆倉さやか細野 繁榊 啓沼田絵梨子NEC
(8) 16:20-16:45 ステークホルダの関係性に基づいたサービスの構造化 SC2014-26 木村大地町田文雄河野俊輔細野 繁NEC
(9) 16:45-17:10 地域観光まちづくりのための土地獲得ゲームを活用した位置情報付きデジタル写真収集システムの開発 SC2014-22 山本理絵吉野 孝和歌山大)・曽根原 登NII
3月28日(土) 午前  ■研究会2日目(第1セッション)
座長: Wuhui Chen (会津大)
09:00 - 10:15
(10) 09:00-09:25 Topology-aware Heuristic Data Allocation Algorithm for Big Data Infrastructure SC2014-23 Wuhui Chen・○Tetsuya TashiroIncheon PaikSamantha KumaraAizu Univ.
(11) 09:25-09:50 E-Learning Architectural Solution Using Hybrid Cloud Concept SC2014-24 T H A S SiriweeraIncheon PaikB T G S KumaraK R C KoswatteUniversity of Aizu
(12) 09:50-10:15 Mobile transactions on network society SC2014-25 Rupasingha Arachchilage Hiruni Madhusha RupasinghaSabaragamuwa University of Sri Lanka)・Incheon PaikUniversity of Aizu)・Sugeeswari LekamgeNagaoka University of Technology
  10:15-10:30 休憩 ( 15分 )
3月28日(土) 午後  □研究会2日目(第2セッション)
座長: 田仲 正弘 (NICT)
10:30 - 11:50
(13) 10:30-10:55 R2V: Resource Shapeに基づくRDF文書の検証方法と評価 SC2014-21 中島啓貴成田貴大脇田宏威青山幹雄南山大
(14) 10:55-11:20 SparkのGPGPUを用いたグラフ処理高速化方法の提案と評価 SC2014-19 稲本裕貴青山幹雄南山大
(15) 11:20-11:45 多様な計算機環境におけるビッグデータ分析のための基盤ソフトウェアの提案 SC2014-28 田仲正弘NICT)・田浦健次朗東大)・鳥澤健太郎NICT
  11:45-11:50 委員長挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SC サービスコンピューティング研究会(SC)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2015-03-26 19:39:18


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSC研究会 / 次のSC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会