お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


教育工学研究会(ET) [schedule] [select]
専門委員長 渡辺 健次 (広島大)
副委員長 藤原 康宏 (兵庫医科大)
幹事 三好 康夫 (高知大), 立岩 佑一郎 (名工大)
幹事補佐 山元 翔 (近畿大), 加納 徹 (東京理科大)

日時 2021年12月11日(土) 10:00 - 16:50
議題 若手企画/一般 
会場名 オンライン開催 
他の共催 ◆IEEE Education Society Japan Chapter協賛
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ET研究会)についてはこちらをご覧ください.

  10:00-10:10 委員長挨拶 ( 10分 )
12月11日(土) 午前  ET (1)
座長: 舟生 日出男(創価大)
10:10 - 11:30
(1) 10:10-10:30 ネットワークセキュリティ演習のための直感的でシームレスな操作と軽快な応答性を目指したウェブ型演習システムの評価 ET2021-29 立岩佑一郎名工大
(2) 10:30-10:50 力覚装置を用いた電磁気学学習支援システムの評価 ET2021-30 程 子軒加納 徹赤倉貴子東京理科大
(3) 10:50-11:10 VR利用の協働型化学実験環境下における危険学習システムの開発とその情報共有・意思疎通方法への応用 ET2021-31 藤原尚志加納 徹赤倉貴子東京理科大
(4) 11:10-11:30 授業でのVRコンテンツ作成支援システムの利用とその改良点の検討 ET2021-32 小山 陸東京理科大)・卯木輝彦フォトロン)・加納 徹赤倉貴子東京理科大
  11:30-13:00 昼食 ( 90分 )
12月11日(土) 午後  ET (2)
座長: 山元 翔(近畿大)
13:00 - 14:20
(5) 13:00-13:20 深層学習と多次元項目反応理論を用いた複数観点同時自動採点手法の開発 ET2021-33 柴田拓海宇都雅輝電通大
(6) 13:20-13:40 外国語語彙学習のためのテスト理論上の説明性を持つ多義語の用例の重要度の可視化 ET2021-34 江原 遥学芸大
(7) 13:40-14:00 研究室のスタイルに対応したプレゼンテーション構造の評価指数の提案 ET2021-35 高橋一真長谷川 忍太田光一北陸先端大
(8) 14:00-14:20 議論事例理解のためのソーシャルメディア中の議論構造と話題分布の視覚化 ET2021-36 千葉広汰福島大)・中山祐貴早大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大
  14:20-14:35 休憩 ( 15分 )
12月11日(土) 午後  ET (3)
座長: 三好 康夫(高知大)
14:35 - 15:35
(9) 14:35-14:55 視線分析によるデバッグ時の思考過程のモデル構築手法の提案 ET2021-37 吉森航平加納 徹赤倉貴子東京理科大
(10) 14:55-15:15 ニューラル言語モデルと要件効果構造に基づく特許法の論理式への変換 ET2021-38 富田晟央加納 徹赤倉貴子東京理科大
(11) 15:15-15:35 誤りの可視化を重視したTeachable Agentモデリング手法の提案 ET2021-39 古池謙人樋村いづみ東本崇仁東京工芸大
  15:35-15:50 休憩 ( 15分 )
12月11日(土) 午後  ET (4)
座長: 藤原 康宏(兵庫医科大)
15:50 - 16:50
(12) 15:50-16:10 プログラミング初学者がスマートフォン教材で学習したときの興味の変化の観察 ET2021-40 田中大樹平山 亮阪工大
(13) 16:10-16:30 授業振り返りのための授業中の児童生徒に対する教員の行動解析 ET2021-41 河内治遼大井 翔阪工大)・後藤壮史王寺小
(14) 16:30-16:50 中学生プログラミング教室におけるPythonプログラムの傾向分析 ET2021-42 小酒井亮太張 文軒小林敏樹渡邊裕司名古屋市大

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ET 教育工学研究会(ET)   [今後の予定はこちら]
問合先 立岩 佑一郎 (名古屋工業大学)
E-: i 
お知らせ ◎第1著者として、1回の研究会で1件まで発表できます。
◎原稿締め切り日までに原稿がアップロードされない場合には、自動的に発表キャンセルとなります。原稿がない発表は認めておりませんのでご注意ください。
◎原稿は、4ページ、または6ページで作成してください。
◎本研究会の取り組みについては、教育工学研究会ホームページ(http://www.ieice.org/iss/et/)もご覧ください。
◎当日の発表時間は、進捗により多少ずれることがあります。予めお含みおき下さい。


Last modified: 2021-12-11 14:02:17


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ET研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のET研究会 / 次のET研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会