お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のED研究会 / 次のED研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


電子デバイス研究会(ED) [schedule] [select]
専門委員長 藤代 博記 (東京理科大)
副委員長 葛西 誠也 (北大)
幹事 大石 敏之 (佐賀大), 堤 卓也 (NTT)
幹事補佐 小山 政俊 (阪工大), 山本 佳嗣 (三菱電機)

日時 2022年12月 8日(木) 12:30 - 16:50
2022年12月 9日(金) 09:50 - 16:50
議題 電子・イオンビーム応用 
会場名 【初日、2日目で会場が異なります】12/8 名古屋大学 東山キャンパス 未来材料・システム研究所 研究所共同館II 2Fホール、12/9(金) ウインク愛知(愛知県産業労働センター)13階 1309会議室 
お知らせ ◎【重要・会場が変更になりました】初日、2日目で会場が異なります。以下、ご確認ください。
【初日】
12月8日(木)
名古屋大学 東山キャンパス 未来材料・システム研究所 研究所共同館II 2Fホール
住所:〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町 研究所共同館II
交通案内:https://www.imass.nagoya-u.ac.jp/contact
【2日目】
12月9日(金)
ウインク愛知(愛知県産業労働センター)13階 1309会議室
住所:〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
交通案内:https://www.winc-aichi.jp/access/
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(ED研究会)についてはこちらをご覧ください.

12月8日(木) 午前 
12:30 - 14:35
(1) 12:30-12:55 超高実装密度エレクトロスプレーイオン源のための二重エミッタ構造の試作 ED2022-49 郭 樹俊横浜国大)・長尾昌善村上勝久村田博雅産総研)・鷹尾祥典横浜国大
(2) 12:55-13:20 超小型衛星のための厚膜レジストSU-8を用いたエレクトロスプレーイオン源 ED2022-50 新宮拓実横浜国大/産総研)・長尾昌善村上勝久村田博雅産総研)・鷹尾祥典横浜国大
(3) 13:20-13:45 Co/Pt tip上のナノ構造体からの電界放出電子のスピン偏極度測定 ED2022-51 宮田啓太郎打越 伯桑畑裕一畑 浩一永井滋一三重大
(4) 13:45-14:10 飽和磁性体を含む系の磁界計算のための境界磁荷法の開発 ED2022-52 杉浦元哉村田英一六田英治田中崇之名城大
(5) 14:10-14:35 直流および高周波マグネトロンスパッタ法により成膜した窒化ハフニウム薄膜の仕事関数の測定 ED2022-53 大住知暉京大)・長尾昌善産総研)・後藤康仁京大
  14:35-14:45 休憩 ( 10分 )
12月8日(木) 午後 
14:45 - 16:50
(6) 14:45-15:10 Ga液体金属電子源の仕事関数評価 ED2022-54 小田陸人林 哲平根尾陽一朗文 宗鉉静岡大
(7) 15:10-15:35 少電荷近似空間電荷制限電流の近似式の検討 ED2022-55 後藤康仁京大
(8) 15:35-16:00 表面拡散法におけるPt薄膜積層数が単原子終端Wピラミッドの形成に与える効果 ED2022-56 國枝夕夏浅井泰尊吉田真子稲葉雪乃村田英一六田英治名城大
(9) 16:00-16:25 転写モールド法微小突起型陰極アレイを用いた紫外線発光源用大気圧プラズマ源の研究 ED2022-57 文 宗鉉清水皓介静岡大
(10) 16:25-16:50 GIS構造電子源におけるグラフェンの電子透過のシミュレーション ED2022-58 若家冨士男寺門大地河嶋祥吾阿保 智阪大)・長尾昌善村上勝久産総研
12月9日(金) 午前 
09:50 - 11:05
(11) 09:50-10:15 深紫外光フィールドエミッションランプに向けた蛍光体の開発 ED2022-59 橋本 凱根尾陽一郎静岡大)・松本貴裕名古屋市大
(12) 10:15-10:40 液中動作用グラフェン平面電子源の開発 ED2022-60 村上勝久村田博雅長尾昌善産総研
(13) 10:40-11:05 h-BNのSi基板上低温成膜技術の開発とgraphene/h-BN/Si積層型平面電子放出デバイスへの応用 ED2022-61 山本将也静岡大/産総研)・村田博雅長尾昌善産総研)・三村秀典根尾陽一郎静岡大)・村上勝久産総研
  11:05-11:15 休憩 ( 10分 )
12月9日(金) 午前 
11:15 - 12:30
(14) 11:15-11:40 電子放出サイトのsub-nm光選択技術の開発 ED2022-62 柳澤啓史東大/JST
(15) 11:40-12:05 転写モールド法により形成したプラズモニック結晶ホトカソードの作製 ED2022-63 岸本透弥根尾陽一朗文 宗鉉静岡大
(16) 12:05-12:30 通常より低い加熱温度でのLaB6熱電子放出およびショットキー放出の電子放出特性 ED2022-64 梶田寵太郎岡田風杜田中崇之村田英一六田英治名城大
  12:30-13:45 休憩 ( 75分 )
12月9日(金) 午後 
13:45 - 15:25
(17) 13:45-14:35 [招待講演]長辺振動水晶振動子(LER)を用いた顕微ナノメカニクス計測法の開発 ~ 原子間結合強度の測定 ~ ED2022-65 大島義文チョウ カキ北陸先端大)・新井豊子金沢大)・富取正彦北陸先端大
(18) 14:35-15:00 3D数値シミュレーションによるヘリックス型TWTのアッテネータの最適設計 ED2022-66 中島研二GSST/NECスペーステクノロジー/NECネットワーク・センサ)・蔦木邦夫電研)・根尾陽一郎三村秀典電研/GSST
(19) 15:00-15:25 時間依存密度汎関数法によるカーボンナノチューブのエミッション放出メカニズムの検討 ED2022-67 樋口敏春山田洋一佐々木正洋筑波大
  15:25-15:35 休憩 ( 10分 )
12月9日(金) 午後 
15:35 - 16:50
(20) 15:35-16:00 ナノ結晶シリコンを用いた平面型電子源からの電子放出特性 ED2022-68 嶋脇秀隆八戸工大)・村田博雅長尾昌善村上勝久産総研
(21) 16:00-16:25 電界誘起水及び酸素エッチングによるタングステン針からの特異な電子放出 ED2022-69 稲葉雪乃壁谷 桜森岡咲帆脇 彩花吉田真子國枝夕夏村田英一六田英治名城大
(22) 16:25-16:50 大電流動作に向けた電子源要素技術の開発 ED2022-70 村田博雅村上勝久長尾昌善産総研

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ED 電子デバイス研究会(ED)   [今後の予定はこちら]
問合先 堤 卓也(NTT)
TEL: 046-240-3180
E-:
大石 敏之(佐賀大学)
E-: oi104cc-u 


Last modified: 2022-11-24 08:05:09


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ED研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のED研究会 / 次のED研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会