お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のMSS研究会 / 次のMSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


コンカレント工学研究会(CST)
専門委員長 葛 崎偉 (山口大)
副委員長 潮 俊光 (阪大)
幹事 名嘉村 盛和 (琉球大), 山口 真悟 (山口大)
幹事補佐 山崎 達志 (摂南大)

日時 2008年 1月28日(月) 10:00 - 17:15
2008年 1月29日(火) 09:30 - 15:10
議題 コンカレント工学一般、及び、CSTソリューションコンペティション2007発表会 
会場名 徳島大学工業会館 2階メモリアルホール(工学部内) 
住所 〒770-8506 徳島市 南常三島 2-1
交通案内 http://www.e.tokushima-u.ac.jp/Access/0-access.html
会場世話人
連絡先
電気電子工学科 西尾芳文
088-656-5432
お知らせ ◎1月28日(月)は、CSTソリューションコンペティション2007の発表審査会を兼ねています。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

1月28日(月) 午前  CSTコンペ・開会の挨拶、課題発表
10:00 - 10:15
  10:00-10:05 開会の挨拶(本位田コンペ委員長) ( 5分 )
  10:05-10:15 課題紹介(山口コンペ幹事) ( 10分 )
1月28日(月) 午後  CSTコンペ・ソリューション発表?
10:20 - 12:00
(1) 10:20-10:40 多スタート局所探索法を用いたマルチカーエレベータの群制御器の設計 CST2007-35 小田哲也福本靖彦村田有里阪大
(2) 10:40-11:00 Multi-Car Elevator Group Controller: Implementation of a Schedule Completion Time Optimization Algorithm with a Parking Strategy for Service Coverage Protection CST2007-36 Alex ValdivielsoToshiyuki MiyamotoSadatoshi KumagaiOsaka Univ.
(3) 11:00-11:20 マルチカーエレベータ制御問題への分枝限定法の応用 CST2007-37 土江慶幸鈴木絢子林 直樹阪大
(4) 11:20-11:40 安全性の高いMCE群制御アルゴリズムの開発 春日井邦歩加藤俊之北 栄輔名大
(5) 11:40-12:00 遺伝的アルゴリズムを用いたマルチカーエレベータにおけるホームポジションの最適化 CST2007-38 槇岡良祐北野夢佳能島裕介石渕久生阪府大
1月28日(月) 午後  CSTコンペ・ソリューション発表?
13:00 - 14:00
(6) 13:00-13:20 移動範囲と方向を重視したマルチカーエレベータの制御アルゴリズムの提案 CST2007-39 黒田祐樹中田 充山口大
(7) 13:20-13:40 かご間の競合回避を考慮したマルチカーエレベータの運行制御方式の提案 CST2007-40 佐藤祐亮東工大
(8) 13:40-14:00 階層化意思決定法によるマルチカーエレベータ制御 CST2007-41 太田真由美貞松政史妹尾悠也片山謙吾南原英生成久洋之岡山理科大
1月28日(月) 午後  CSTコンペ・討論、閉会の挨拶
14:00 - 14:25
  14:00-14:20 討論(座長:内平コンペ副委員長) ( 20分 )
  14:20-14:25 閉会の挨拶(本位田コンペ委員長) ( 5分 )
1月28日(月) 午後  招待講演
14:30 - 15:30
(9) 14:30-15:30 [招待講演]エレベータ群管理システムの最近の動向 CST2007-42 マルコン シャンドル青木謙一フジテック
1月28日(月) 午後  CST一般 (1)
16:00 - 17:15
(10) 16:00-16:25 Aアルゴリズムを用いたエレベータ群管理制御の提案と性能評価 CST2007-43 山田尚史愛須英之東芝
(11) 16:25-16:50 歩行軌跡データの離散事象モデル化に関する基礎検討 CST2007-44 豊嶋伊知郎服部可奈子板倉豊和折原良平東芝
(12) 16:50-17:15 Erlang言語による組込みソフト・アーキテクチャの品質向上 CST2007-45 橋詰賢二マルコン シャンドル神戸情報大
1月29日(火) 午前  CST一般(2)
09:30 - 10:45
(13) 09:30-09:55 複数分散圃場におけるサトウキビ生産スケジューリング CST2007-46 松田寛史官 森林名嘉村盛和鹿内健志琉球大
(14) 09:55-10:20 事象センサの故障を許容する離散事象診断器の存在性 CST2007-47 高井重昌京都工繊大
(15) 10:20-10:45 公開鍵暗号MEPKCの鍵生成器として利用するペトリネットの自動生成およびその複雑化 CST2007-48 村上亮介山口 亮葛 崎偉中田 充山口大
1月29日(火) 午前  CST一般(3)
10:55 - 12:10
(16) 10:55-11:20 Control Trigger for the Implementation of Optimized Multiple and Simultaneous Control CST2007-49 Eleazar Jimenez SerranoKeijiro ArakiKyushu Univ.
(17) 11:20-11:45 通信時間を考慮したマルチプロセッサスケジューリング手法の提案 CST2007-50 大塚隆史養畑裕紀葛 崎偉中田 充山口大)・森山 裕斗納宏敏富士通テン
(18) 11:45-12:10 複数のユーザによって操作される離散事象システムのためのマニュアルの自動生成 CST2007-51 鈴木絢子潮 俊光阪大
1月29日(火) 午後  CST一般 (4)
13:30 - 15:10
(19) 13:30-13:55 古文献を対象とした文字認識のための文字構造グラフの生成法 CST2007-52 林 正紀齋藤名美中田 充葛 崎偉吉村 誠山口大
(20) 13:55-14:20 Safety Critical Systemに対する強化学習適用に関する検討 CST2007-53 藤原真一宮本俊幸熊谷貞俊阪大
(21) 14:20-14:45 Finding Legal Firing Sequences Permitting Excess Firing of Transitions in Petri Nets CST2007-54 Koki KatayamaSatoshi TaokaToshimasa WatanabeHiroshima Univ.
(22) 14:45-15:10 トークン分布に依存した停止性のSWITCH-lessネットに対する判定について CST2007-55 小宮圭介山口真悟葛 崎偉田中 稔山口大

問合先と今後の予定
CST コンカレント工学研究会(CST)   
問合先 名嘉村 盛和(琉球大学工学部情報工学科)
TEL 098-895-8715, FAX 098-895-8727
E-: ieu-rk 
お知らせ ◎最新情報は、コンカレント工学研究会ホームページをご覧下さい.http://www.ieice.org/~cst/


Last modified: 2008-01-22 14:21:13


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 


 
 トップ  戻る   前のMSS研究会 / 次のMSS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会