お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 樋口 健一 (東京理科大)
副委員長 児島 史秀 (NICT), 牟田 修 (九大), 石井 直人 (NEC)
幹事 安達 宏一 (電通大), 中村 理 (シャープ), 酒井 学 (三菱電機)
幹事補佐 岩渕 匡史 (NTT), 菅野 一生 (KDDI総合研究所), 張 裕淵 (東工大), 丸田 一輝 (東京理科大), 立石 貴一 (NTTドコモ)

日時 2024年 4月25日(木) 14:00 - 20:05
2024年 4月26日(金) 09:30 - 14:15
議題 鉄道,車車間・路車間通信,無線アクセス技術,一般 
会場名 天然温泉尾道ふれあいの里 
住所 〒722-0353 広島県尾道市御調町高尾1369
交通案内 詳しくは会場のページをご参照ください。
https://onomichi-radon-onsen.co.jp/
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(RCS研究会)についてはこちらをご覧ください
参加費支払い手続き期限 本研究会はハイブリッド開催です.準備の都合上,原則として開催の3日前までに受付を終了しますので,「参加費について」の聴講参加費または年間登録費のリンクからお早めにお手続きください.当日会場での現金受付はございません.なお,会議用URLなどは研究会幹事からご案内します.
オンライン開催聴講申込 こちらのフォームからお申し込みください

4月25日(木) 午後  RCS1
14:00 - 14:55
(1) 14:00-14:20 Study on Fault Diagnosis Using Transfer Learning for VNF-Based 5G Mobile Core Networks Tianhao ZhuYoshiaki NarusueHiroyuki MorikawaUTokyo
(2) 14:20-14:45 5Gミリ波車両無線通信における車載センサと地図情報を用いた適応的ビーム幅制御手法の検討 烏帽子田拓海岡本英二名工大
  14:45-14:55 休憩 ( 10分 )
4月25日(木) 午後  特集セッション1「次世代V2Xの実現に向けた研究開発」
14:55 - 16:10
(3) 14:55-15:30 [依頼講演]協調認識の実現に向けた次世代V2X通信技術 横枕一成今村公彦シャープ
(4) 15:30-16:00 [依頼講演]C-V2Xサイドリンク通信における伝送遅延およびジッタ特性の数理モデルに基づく解析 眞田耕輔羽多野裕之森 香津夫三重大
  16:00-16:10 休憩 ( 10分 )
4月25日(木) 午後  招待講演
16:10 - 19:05
(5) 16:10-17:00 [招待講演]自動運転時代に向けたモバイルネットワーク高度化技術の取り組み ~ SRv6 Mobile User Planeを用いる低遅延車両通信 ~ 三上 学堀場勝広吉野 仁ソフトバンク
  17:00-18:05 休憩 ( 65分 )
  18:05-19:05 食事 ( 60分 )
4月25日(木) 午後  特集セッション2「特集セッション1「次世代V2Xの実現に向けた研究開発」」
19:05 - 20:05
(6) 19:05-20:05 パネルセッション(オンライン配信は行いません。)
4月26日(金) 午前  RCS2
09:30 - 11:00
(7) 09:30-09:55 低演算ブロック対角化マルチユーザMassive MIMOにおけるヌル空間拡張の性能比較 佐々木友基東京理科大)・荒井 甲電通大)・丸田一輝東京理科大
(8) 09:55-10:20 マルチユーザMassive MIMOにおけるウェイト一括型ヌル空間拡張の干渉部分空間圧縮による演算量削減及び性能改善 中村颯哉佐々木友基・○丸田一輝東京理科大
(9) 10:20-10:45 NOMAを用いた下りリンクMassive MIMOアナログビームフォーミングにおける拡張した角度次元ビームグループ化に基づくビーム選択法 野中信秀樋口健一東京理科大
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
4月26日(金) 午前  特集セッション3「次世代V2Xの実現に向けた研究開発」
11:00 - 13:15
(10) 11:00-11:30 [依頼講演]協調型自動運転の信頼性向上のためのマルチパス冗長通信フレームワーク開発及び実証評価 中里 仁東大
(11) 11:30-12:00 [依頼講演]稠密環境におけるクラウドソース無線装置(CRU)による多端末収容効果 宗 秀哉湘南工科大)・丸田一輝東京理科大)・中山 悠東京農工大
  12:00-13:15 昼食 ( 75分 )
4月26日(金) 午後  RCS3
13:00 - 14:15
(12) 13:00-13:25 移動通信における基地局にビームフォーミングとMU-MIMOキャンセラを適用した地上セルと上空セルの同一周波数共用 辻 利尚光本昂平藤井輝也東工大
(13) 13:25-13:50 ミリ波を用いた端末協調無線通信システムにおける端末間アクセス制御技術の性能評価 李 逸澈岡田 啓ベンナイラ シャドリア片山正昭名大
(14) 13:50-14:15 テラヘルツ帯を利用する直交FSK伝送の基礎検討 森山雅文山添正裕沢田浩和松村 武NICT

講演時間
一般講演発表 18 分 + 質疑応答 7 分
一般講演(Expressセッション)発表 15 分 + 質疑応答 5 分
依頼講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 45 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 E--mail:r_- 


Last modified: 2024-02-23 12:30:28


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 

[RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会