お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSC研究会 / 次のSC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


サービスコンピューティング研究会(SC) [schedule] [select]
専門委員長 菊地 伸治 (物質・材料研究機構)
副委員長 山登 庸次 (NTT), 木村 功作 (富士通研)
幹事 中村 匡秀 (神戸大), 細野 繁 (東京工科大)

日時 2021年 5月28日(金) 09:40 - 18:25
議題 サイバーフィジカルシステム、IOT, 機械学習応用、および一般 
会場名 オンライン (※新型コロナウイルスの感染拡大のため 会津大学会場は取り止め) 
他の共催 ◆日本ソフトウエア科学会/機械学習工学研究会, IEEE 仙台セクション(協賛)
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(SC研究会)についてはこちらをご覧ください.

5月28日(金) 午後  知的サービス応用
座長: 石川 冬樹(国立情報学研究所)
09:30 - 11:45
  09:30-09:40 開催挨拶 (会津大学, 機械学習工学研究会主査) ( 10分 )
(1) 09:40-10:05 デジタルツインによるパーソナルで直観的な建物内ナビゲーションシステム SC2021-1 小林 透鬼丸禎史深江一輝今井哲郎荒井研一長崎大)・中澤瑛介鈴木智仁デンソーウェーブ
(2) 10:05-10:30 Home Evacuee Support:音声対話AIを活用した在宅避難者支援システムの研究 SC2021-2 小澤洋司新井悠介Elserafy HatemJayesh GuntupalliChaudhari Pritam JaywantDarshan Dharmendra Chawda日立
(3) 10:30-10:55 API開発迅速化に向けたサービス認証プロキシ SC2021-3 上野里奈齋藤成之那須弘志中田 侑日立
(4) 10:55-11:20 Ontology and Rule for Repository to Share Knowledge of Deep Learning Architectures SC2021-4 Incheon PaikUoA
(5) 11:20-11:45 非画像データに対する表現学習と強化学習の適用の研究 SC2021-5 赤塚駿一芹田 進鯨井俊宏日立
  11:45-13:15 昼食 ( 90分 )
5月28日(金) 午後  招待講演
座長: 菊地 伸治 (物質・材料研究機構)
13:15 - 14:15
(6) 13:15-14:15 招待講演:
Smart Cityによる自立分散社会の実現へ
~市民・地域主導によるデジタルイノベーション~
アクセンチュア・イノベーションセンター福島 センター共同統括
マネジング・ディレクター 中村 彰二朗氏
  14:15-14:25 休憩 ( 10分 )
5月28日(金) 午後  機械学習応用
座長: 中村 匡秀 (神戸大)
14:25 - 16:05
(7) 14:25-14:50 機械学習を活用したIT運用におけるモデル管理技術 ~ IT運用向けMLOpsの研究 ~ SC2021-6 河野泰隆日立
(8) 14:50-15:15 自律運用プログラムの干渉防止に関する検討 SC2021-7 柿田将幸日立
(9) 15:15-15:40 海洋環境観測装置のための局所的・短期的太陽光発電量予測システム SC2021-8 今井哲郎広島市大)・市丸理士荒井研一小林 透長崎大
(10) 15:40-16:05 機械学習を活用したIT運用におけるイべント引き当て精度向上技術 SC2021-9 岡村 拓爲重貴志日立
  16:05-16:15 休憩 ( 10分 )
5月28日(金) 午後  ライトニングトーク、ポスター発表
座長: 木村 功作 (富士通研)
16:15 - 18:25
(11) 16:15-16:17 [ポスター講演]Improving Machine Translation using Sentence Augmentation by GPT-2 SC2021-10 Ranto SawaiIncheon PaikUoA
(12) 16:17-16:19 [ポスター講演]Classification Performance of Special Domain Twitter Message with Deep Learning Word Embeddings Ryoya Ito・○Incheon PaikUoA
(13) 16:19-16:21 [ポスター講演]Comparison of Word Representation Methods for Sentiment Classification with Twitter Data Takahiro YamauchiIncheon Paik・○Cherubin MugishaUoA
(14) 16:21-16:23 [ポスター講演]Improving Code Generation with Code Graph based on Ontology Jun-Wei WangIncheon PaikUoA
(15) 16:23-16:25 [ポスター講演]Comparison of Pre-trained Neural Language modeling pipelines for patient?s outcome prediction from medical text notes. Cherubin MugishaIncheon PaikUoA
(16) 16:25-16:27 [ポスター講演]SQuADデータセットから抽出したオントロジーとニューラル言語モデルを用いた新しい質問と回答の生成 桑名絢士白 寅天会津大
(17) 16:27-16:29 [ポスター講演]Evaluation of Few-Shot Learning for Adaptive Classification of GAN-Generated Images Kohei Watanabe・○Kungan ZengIncheon PaikUoA
(18) 16:29-16:31 [ポスター講演]Dynamic Service Recommendation in Edge Computing by Lightweight BERT-based Service Embedding Kungan ZengIncheon PaikUoA
(19) 16:31-16:33 [ポスター講演]Multi-modal Neural Style Transfer Nguyen Quang TuyenUoA)・Dinh Quang VinhVGU)・Incheon PaikUoA
(20) 16:35-17:20 パラレルポスター発表(ディスコード)
- Discord Address for the Session:
https://discord.gg/ZZYujzaZny

* Parallel Session - First Half (16:35 - 17:00)
- Improving Machine Translation using Sentence Augmentation by GPT-2 ○Ranto Sawai・Incheon Paik(UoA)
- Classification Performance of Special Domain Twitter Message with Deep Learning Word Embeddings Ryoya Ito・○Incheon Paik(UoA)
- Comparison of Word Representation Methods for Sentiment Classification with Twitter Data Takahiro Yamauchi・Incheon Paik・○Cherubin Mugisha(UoA)
- Improving Code Generation with Code Graph based on Ontology ○Jun-Wei Wang・Incheon Paik(UoA)
- Evaluation of Few-Shot Learning for Adaptive Classification of GAN-Generated Images Kohei Watanabe・○Kungan Zeng・Incheon Paik(UoA)

* Parallel Session - Second Half (17:00 - 17:20)
- Comparison of Pre-trained Neural Language modeling pipelines for patient's outcome prediction from medical text notes. ○Cherubin Mugisha・Incheon Paik(UoA)
- SQuADデータセットから抽出したオントロジーとニューラル言語モデルを用いた新しい質問と回答の生成 ○桑名絢士・白 寅天(会津大)
- Dynamic Service Recommendation in Edge Computing by Lightweight BERT-based Service Embedding ○Kungan Zeng・Incheon Paik(UoA)
- Multi-modal Neural Style Transfer ○Nguyen Quang Tuyen(UoA)・Dinh Quang Vinh(VGU)・Incheon Paik(UoA)
  17:20-17:25 閉会挨拶(SC研究会委員長) ( 5分 )
(21) 17:25-18:25 オンライン懇談会

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
SC サービスコンピューティング研究会(SC)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2021-05-28 08:31:18


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSC研究会 / 次のSC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会