お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のAI研究会 / 次のAI研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


人工知能と知識処理研究会(AI) [schedule] [select]
専門委員長 菅原 俊治 (早大)
副委員長 峯 恒憲 (九大), 片上 大輔 (東京工芸大)
幹事 服部 宏充 (立命館大), 福田 直樹 (静岡大)
幹事補佐 清 雄一 (電通大)

日時 2016年 6月27日(月) 10:00 - 17:10
議題 「人間共生システム」および一般 
会場名 早稲田大学 西早稲田キャンパス 55号館S棟2F 第3会議室 
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

6月27日(月) 午前  セッション1
座長: 前田陽一郎(ものつくり大)
10:00 - 11:40
  - 開会挨拶:菅原俊治(早大),前田陽一郎(ものつくり大)
(1) 10:10-10:40 同乗者エージェントにおけるドライバー特性とエージェントの印象について AI2016-1 片上大輔佐藤翔吾東京工芸大)・稲葉通将広島市大)・田中貴紘名大)・荒井良徳東京工芸大
(2) 10:40-11:10 筋電位センサを用いた全方向車椅子ロボットのファジィ走行制御 AI2016-2 前田陽一郎ものつくり大)・石橋正次兵庫県立大
(3) 11:10-11:40 人数を観測可能な環境におけるエレベータ群管理システム AI2016-3 井手理菜菅原俊治早大
  11:40-13:00 昼食 ( 80分 )
6月27日(月) 午後  セッション2
座長: 吉川大弘(名古屋大学)
13:00 - 15:00
(4) 13:00-13:30 聴導犬ロボットにおける行動モデルの提案 AI2016-4 工藤星人中村剛士名工大)・加納政芳中京大)・山田晃嗣情報科学芸術大
(5) 13:30-14:00 自動運転車室内の乗客の音声に対する視線行動の研究 AI2016-5 大澤理恵白山 晋今福翔太東大
(6) 14:00-14:30 オノマトペを用いた描画支援ツールの提案 AI2016-6 山田祐里桂山 豪中村剛士名工大)・加納政芳中京大)・山田晃嗣IAMAS
(7) 14:30-15:00 線画の回転操作および観察行動時における知覚交代の発生について AI2016-7 壹岐朔巳大澤理恵今福翔太白山 晋東大
  15:00-15:10 休憩 ( 10分 )
6月27日(月) 午後  セッション3
座長: 片上大輔(東京工芸大)
15:10 - 17:10
(8) 15:10-15:40 集中状態におけるQuiet Eyeと瞳孔径変化の関係 AI2016-8 今福翔太内田理恵白山 晋東大
(9) 15:40-16:10 文字入力型BCIの日本語の特徴を用いた高速化に関する基礎的検討 AI2016-9 西納修一吉川大弘古橋 武名大
(10) 16:10-16:40 写真画像を用いた脳波による感情推定に関する基礎的検討 AI2016-10 野呂優貴吉川大弘古橋 武名大
(11) 16:40-17:10 オフィス業務改善のための心理状態評価に関する研究 AI2016-11 白山 晋並木正信今福翔太大澤理恵東大
  - 閉会の挨拶:片上大輔(東京工芸大)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
AI 人工知能と知識処理研究会(AI)   [今後の予定はこちら]
問合先 人工知能と知識処理研究会 幹事
E-:ai-sff 


Last modified: 2016-05-19 13:42:50


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AI研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のAI研究会 / 次のAI研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会