お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 速水 悟 (岐阜大)
副委員長 河井 恒 (KDDI研)
幹事 森 大毅 (宇都宮大), 鈴木 基之 (阪工大)
幹事補佐 藤本 雅清 (NTT), 大谷 大和 (東芝)

聴覚研究会(ASJ-H) [schedule] [select]
委員長 津崎 実 (京都市芸術大)
副委員長 蘆原 郁 (産総研)
幹事 牧 勝弘 (愛知淑徳大), 廣谷 定男 (NTT), 坂本 修一 (東北大)

日時 2012年 6月14日(木) 11:00 - 17:30
2012年 6月15日(金) 10:30 - 17:45
議題 音声知覚生成/聴覚コミュニケーション,一般(音響学会聴覚研究会共催) 
会場名 NTT厚木研究開発センタ 
住所 〒243-0198 神奈川県厚木市森の里若宮 3-1
交通案内 小田急電鉄本厚木駅、愛甲石田駅からバスもしくはタクシー(所要時間 約20分)をご利用ください。 バスをご利用の場合は、本数が多い愛甲石田駅が便利です。
http://www.ntt.co.jp/sclab/maps/a.html
会場世話人
連絡先
NTTコミュニケーション科学基礎研究所 廣谷 定男
他の共催 ◆日本音響学会 音声研究会共催,IEEE Signal Processing Society Japan Chapter協賛
お知らせ ◎14日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

6月14日(木) 午前  一般セッション 1
11:00 - 12:00
(1) 11:00-11:30 強調音声合成のための局所韻律コンテキスト自動付与の検討 SP2012-33 前野 悠能勢 隆小林隆夫東工大)・井島勇祐中嶋秀治水野秀之吉岡 理NTT
(2) 11:30-12:00 Eigenvoice-based character conversion and its evaluation SP2012-34 Teeraphon PongkittiphanDaisuke SaitoNobuaki MinematsuKeikichi HiroseUniv. of Tokyo
  12:00-13:00 休憩 ( 60分 )
6月14日(木) 午後  オーガナイズドセッション 「音声知覚生成インタラクション・音声認識合成統合技術」 1 (一般公演)
13:00 - 14:00
(3) 13:00-13:30 A low-cost concatenative TTS for monosyllabic languages SP2012-35 Trung-Nghia PhungJAIST)・Mai Chi LuongIOIT)・Masato AkagiJAIST
(4) 13:30-14:00 Comparison of Methods for Emotion Dimensions Estimation in Speech Using a Three-Layered Model SP2012-36 Reda ElbarougyMasato AkagiJAIST
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
6月14日(木) 午後  オーガナイズドセッション 「音声知覚生成インタラクション・音声認識合成統合技術」 2 (招待講演)
14:15 - 15:15
(5) 14:15-15:15 [招待講演]運動理論からみた知覚とコミュニケーション SP2012-37 柏野牧夫NTT/東工大/JST
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
6月14日(木) 午後  オーガナイズドセッション 「音声知覚生成インタラクション・音声認識合成統合技術」 3 (一般公演)
15:30 - 17:30
(6) 15:30-16:00 MR画像に基づいた変形による生理学的発話機構モデルの個人化 SP2012-38 西村奈々川本真一北陸先端大)・党 建武北陸先端大/天津大
(7) 16:00-16:30 個人性を考慮した異言語音声合成に対する知覚評価 SP2012-39 津崎 実京都市芸術大)・徳田恵一名工大)・河井 恒KDDI研)・志賀芳則倪 晋富NICT)・大浦圭一郎塩田さやか名工大
(8) 16:30-17:00 スケール変形母音の話者寸法弁別と母音同定 ~ 母音持続時間の依存性 ~ SP2012-40 竹島千尋桜美林大)・津崎 実京都市芸術大)・入野俊夫和歌山大
  - NTTコミュニケーション科学基礎研究所 研究紹介(17:00~17:30)
6月15日(金) 午前  一般セッション 2
10:30 - 12:00
(9) 10:30-11:00 音のテンポと呼吸数の組み合わせが自律神経系に与える効果 SP2012-41 渡辺 謙東工大)・大石悠貴NTT)・柏野牧夫NTT/東工大/JST
(10) 11:00-11:30 タッピングを用いたテンポ変化制御特性の分析 SP2012-42 春木愛美相川清明東京工科大
(11) 11:30-12:00 Coordinate Response Measure (CRM)のための日本語版音声・画像コーパスの作成 SP2012-43 古川茂人NTT)・小港省吾豊橋技科大
  12:00-13:00 休憩 ( 60分 )
6月15日(金) 午後  オーガナイズドセッション 「音声知覚生成インタラクション・音声認識合成統合技術」 4 (招待講演)
13:00 - 14:00
(12) 13:00-14:00 [招待講演]運動制御と認知を結ぶミラーニューロン SP2012-44 村田 哲近畿大
  14:00-14:15 休憩 ( 15分 )
6月15日(金) 午後  オーガナイズドセッション 「音声知覚生成インタラクション・音声認識合成統合技術」 5 (招待講演)
14:15 - 15:30
(13) 14:15-15:15 [招待講演]脳機能イメージング技術「光トポグラフィ」による聴覚性言語機能の計測 SP2012-45 敦森洋和平林由紀子牧 敦日立)・坂田英明目白大)・佐藤大樹日立
  - 2011年度 音声研究会 研究奨励賞 授賞式(15:15~15:30)
  15:30-15:45 休憩 ( 15分 )
6月15日(金) 午後  一般セッション 3
15:45 - 17:45
(14) 15:45-16:15 雑音重畳音声の聞き取りやすさと音響特徴量の関係の分析 SP2012-46 神山歩相名井島勇祐磯貝光昭水野秀之NTT
(15) 16:15-16:45 耳音響放射と時間微細構造処理能力の相関 SP2012-47 大塚 翔広田光一東大)・柏野牧夫NTT
(16) 16:45-17:15 混合音中で複数回出現する新規音の検出に選択的注意は必要か? SP2012-48 益冨恵子東工大/NTT)・Nicolas BarascudTobias OverathUCL)・柏野牧夫NTT/東工大)・Josh H. McDermottNew York Univ.)・Maria ChaitUCL
(17) 17:15-17:45 身体運動への聴覚フィードバックによって生じる身体表象の再校正 SP2012-49 北川智利NTT)・Ana Tajadura-JimenezRoyal Holloway, Univ. of London)・Aleksander ValjamaeUniv. of Graz)・戸嶋巌樹木村聡貴NTT)・Manos TsakirisRoyal Holloway, Univ. of London

講演時間
一般講演発表 25 分 + 質疑応答 5 分
招待講演発表 50 分 + 質疑応答 10 分

問合先と今後の予定
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先 藤本 雅清 (NTTコミュニケーション科学基礎研究所)
E-:
Tel: 0774-93-5164
Fax: 0774-93-1945 
ASJ-H 聴覚研究会(ASJ-H)   [今後の予定はこちら]
問合先 坂本 修一(東北大学)
E-aisec
Tel: 022-217-5461
Fax: 022-217-5535 


Last modified: 2012-04-19 11:42:40


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SP研究会のスケジュールに戻る]   /   [ASJ-H研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会