お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のOME研究会 / 次のOME研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


有機エレクトロニクス研究会(OME) [schedule] [select]
専門委員長 松田 直樹 (産総研)
副委員長 森 竜雄 (愛知工大)
幹事 鴻野 晃洋 (NTT), 染谷 隆夫 (東大)
幹事補佐 梶井 博武 (阪大), 田口 大 (東工大)

日時 2016年12月26日(月) 14:00 - 17:30
2016年12月27日(火) 10:30 - 12:45
議題 表面修飾、界面、電気化学 
会場名 浦添市産業振興センター 
住所 〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4丁目13番1号
交通案内 国立劇場おきなわ隣、おもろまち駅からタクシー
http://www.nt-okinawa.or.jp/aceess
会場世話人
連絡先
産総研九州センター 松田直樹
0942-81-3623
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

12月26日(月) 午後 
14:00 - 17:30
(1) 14:00-14:55 表面修飾を行ったITO電極とチトクロームc間の直接電子移動反応のスラブ光導波路分光法を用いるその場観察 OME2016-54 松田直樹岡部浩隆産総研
(2) 14:55-15:40 電解反応を用いた金属表面の機能化とその応用 OME2016-55 市野良一名大
  15:40-16:00 休憩 ( 20分 )
(3) 16:00-16:45 ナノコンポジットフィルムによるバイオフィルムフリー表面の作製とその評価法 OME2016-56 兼松秀行鈴鹿高専)・佐野勝彦D&D)・幸後 健小川亜希子平井信充鈴鹿高専
(4) 16:45-17:30 腸管出血性大腸菌感染症 ~ VNC (viable but non-culturable)状態への移行 ~ 水之江義充東京慈恵会医科大
12月27日(火) 午前 
10:30 - 12:45
(5) 10:30-11:15 反応性スパッタによるTi-C-I系薄膜の作製 OME2016-57 坂本幸弘千葉工大
(6) 11:15-12:00 電気化学測定を用いた亜鉛めっき鋼板の大気腐食性評価 OME2016-58 野田和彦香取友樹鈴木良治芝浦工大)・八木雄太ナカボーテック/芝浦工大
(7) 12:00-12:45 多孔質電極の電気化学インピーダンス 板垣昌幸東京理科大

講演時間
一般講演発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
OME 有機エレクトロニクス研究会(OME)   [今後の予定はこちら]
問合先 鴻野 晃洋(NTT)
E-: ha

染谷 隆夫(東大)
E-: eetu-

梶井 博武(阪大)
E-: ioledeeieng-u

田口 大(東工大)
E-: gudaam 


Last modified: 2016-10-24 16:59:08


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[OME研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のOME研究会 / 次のOME研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会