お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のEE研究会 / 次のEE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


電子通信エネルギー技術研究会(EE) [schedule] [select]
専門委員長 中島 善康 (NXTEC)
副委員長 関屋 大雄 (千葉大), 艸分 宏昌 (JAXA)
幹事 雪田 和人 (愛知工大), 松井 信正 (長崎総科大)
幹事補佐 米澤 遊 (名大), 古川 雄大 (長崎総合科学大), 湯淺 一史 (NTTファシリティーズ)

無線電力伝送研究会(WPT) [schedule] [select]
専門委員長 西川 健二郎 (鹿児島大)
副委員長 平山 裕 (名工大)
幹事 花澤 理宏 (UL Japan), 三谷 友彦 (京大)
幹事補佐 鈴木 麻子 (富士ウェーブ), 石川 峻樹 (オリエントマイクロウェーブ), 畑 勝裕 (東大)

日時 2023年10月 5日(木) 11:00 - 17:10
2023年10月 6日(金) 10:00 - 14:55
議題 電力変換技術、無線電力伝送,一般 
会場名 大阪シティアカデミー 吹田さんくすホール 
住所 〒564-0027 大阪府吹田市朝日町 1-401
交通案内 https://oc-academy.com/hall-access.html
他の共催 ◆IEEE Power Electronics Society Japan;IEEE Power Electronics Society Fukuoka Chapter共催
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(EE研究会, WPT研究会)についてはこちらをご覧ください

10月5日(木) 午前  電子通信エネルギー技術研究会(EE)1
11:00 - 11:55
  11:00-11:05 開会挨拶 ( 5分 )
(1)
EE
11:05-11:30 定格電力の低減により高効率化と回路小型化を達成する,部分接続コンバータと部分影補償器を併用した太陽光発電システム EE2023-17 杉浦敬太矢吹丈二鵜野将年茨城大
(2)
EE
11:30-11:55 電源コンデンサ劣化と電磁ノイズ漏出量との関係性 EE2023-18 石山文彦NTT
  11:55-13:00 昼休憩 ( 65分 )
10月5日(木) 午後  無線電力伝送研究会(WPT) 招待講演
座長: 平山 裕 (名工大)
13:00 - 14:40
(3)
WPT
13:00-13:50 [招待講演]移動体を対象とした結合型ワイヤレス給電システムの設計と実装 WPT2023-19 畑 勝裕東大
(4)
WPT
13:50-14:40 [招待講演]離散最適化手法に基づく走行中ワイヤレス給電の最適配置モデル ~ 広域および市街地における計算例 ~ WPT2023-20 本間裕大長谷川大輔畑 勝裕大口 敬東大
10月5日(木) 午後  第10 弾【特別企画】ワイヤレス給電の技術進化<討論&意見交換> ――※特別企画への参加は、無料です。 進行役:細谷達也(村田製作所)
14:40 - 17:10
(5) 14:40-17:10 第10 弾【特別企画】ワイヤレス給電の技術進化<討論&意見交換>
(電子情報通信学会WPT 研究会/EE 研究会/パワーエレクトロニクス学会合同企画)
1.ご案内
ワイヤレス給電は、これまでと異なる新しい電源手段として、近未来に向けた開発が進んでいます。今年で10 回目となる第10 弾特別企画のテーマは、「ワイヤレス給電の技術進化」です。ワイヤレス給電は、主に、電動歯ブラシや携帯電子機器や電気自動車にて展開が進んでいます。一方、応用用途は、これらだけではありません。今回、ワイヤレス給電やパワーエレクトロニクスの第一線でご活躍されている方々が集まり、ワイヤレス給電の技術進化について熱い討論を展開します。各分野の英知を集め、各専門を超えたシナジーや融合により、新しい事業や技術の開発など、新しい価値創造に挑戦します。
※特別企画への参加は、無料です。誘い合って、ご出席下さい。
参加申し込みフォーム:https://forms.gle/pNpALwKHUKzYd9497
(本セッションのみ)

2.プログラム
ワイヤレス給電は、多様な技術を応用する総合技術であり、各分野の強みを活かした相乗効果により技術革新を目指す新しい学際分野です。今回、築山氏には、近年、実用化が進むワイヤレス充電技術について解説して頂きます。また、横井氏には、EV におけるワイヤレス給電の技術進化や動向などについてご紹介を頂きます。
技術討論では、近未来に向けた建設的な議論をリードします。これまでにない未来志向の企画にご興味のある方は、是非、誘い合って、ご参加をお願いします。
●第10 弾ワイヤレス給電の社会実装<討論&意見交換> 2023/10/5 14:40~17:10
(1) 話題講演 14:40~15:20 (講演30 分, 質疑10 分)
「実用化へ進むワイヤレス充電技術」
株式会社ダイヘン 充電システム事業部ワイヤレス充電技術部開発課 課長 築山 大輔氏
(2) 話題講演 15:30~16:10 (講演30 分, 質疑10 分)
「EV におけるワイヤレス給電の技術進化と動向などー停車中給電から走行中給電への展開―」
公益社団法人自動車技術会 横井 行雄氏
(3) 技術討論 16:20~17:00 (40 分)
討論テーマ: ワイヤレス給電の技術進化
10月6日(金) 午前  電子通信エネルギー技術研究会(EE)2
10:00 - 11:00
(6)
EE
10:00-10:25 EV用湾曲PVパネルの3Dモデルを用いた補償器導入時の発電量推定及び解析モデルの妥当性検証 EE2023-19 平出亮太杉浦拓海鵜野将年茨城大
(7)
EE
10:25-10:50 単一インダクタを有する太陽光発電システム用カスケードマルチポートコンバータの解析 EE2023-20 石 浩傑鵜野将年茨城大
  10:50-11:00 休憩 ( 10分 )
10月6日(金) 午後  無線電力伝送研究会(WPT)
座長: 石川 峻樹 (オリエントマイクロウェーブ)
11:00 - 11:50
(8)
WPT
11:00-11:25 位置と負荷の大変化を許容する棒状送受電コイル交差式非接触給電 ~ S-SP型磁気結合による負荷電圧自律安定性と送電側のみでのk推定性能実証 ~ WPT2023-21 安倍秀明
(9)
WPT
11:25-11:50 画像認識を用いた高精度トラッキング技術による光無線給電 WPT2023-22 志村朋人今井弘道渡邊工起林 英誉ソフトバンク
  11:50-13:00 昼休憩 ( 70分 )
10月6日(金) 午後  電子通信エネルギー技術研究会(EE) 招待講演
13:00 - 13:50
(10)
EE
13:00-13:50 [招待講演]多電源システムにおいて複数台の電力変換器を一体化する統合型電力変換器の開発 EE2023-21 鵜野将年茨城大
  13:50-14:00 休憩 ( 10分 )
10月6日(金) 午後  電子通信エネルギー技術研究会(EE)3
14:00 - 14:55
(11)
EE
14:00-14:25 スイッチング電源の変調器の伝達関数に関する検討 EE2023-22 舟木秀明前田崇純野下裕市庄山正仁九大)・米澤 遊名大)・宮澤秋彦モデルコア研
(12)
EE
14:25-14:50 倍電圧整流型時比率制御共振形コンバータについて ~ 一次側共振と二次側共振の比較 ~ EE2023-23 安達ひまわり佐藤輝被大分大
  14:50-14:55 閉会挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
EE 電子通信エネルギー技術研究会(EE)   [今後の予定はこちら]
問合先 湯淺 一史
NTTファシリティーズ
E--mail:ak23-f 
WPT 無線電力伝送研究会(WPT)   [今後の予定はこちら]
問合先 花澤 理宏 (UL Japan)
wpt 


Last modified: 2023-10-02 12:42:55


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 

[EE研究会のスケジュールに戻る]   /   [WPT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のEE研究会 / 次のEE研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会