お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


音声研究会(SP) [schedule] [select]
専門委員長 小林 隆夫 (東工大)
副委員長 速水 悟 (岐阜大)
幹事 伊藤 慶明 (岩手県立大), 峯松 信明 (東大)
幹事補佐 堀 貴明 (NTT), 松崎 博季 (北海学園大)

日時 2008年 3月20日(木) 09:55 - 16:50
2008年 3月21日(金) 10:00 - 17:15
議題 国際ワークショップ(20日),研究会(21日) 「聴覚・音声・言語とその障害,一般」 
会場名 東京大学 本郷キャンパス 山上会館(3/20), 工学部2号館4階246号講義室(3/21) 
住所 〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
交通案内 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
会場世話人
連絡先
大学院新領域創成科学研究科 峯松 信明
04-7136-5488
他の共催 ◆日本音響学会音声研究会・聴覚研究会共催,IEEE Signal Processing Society Japan Chapter 協賛
お知らせ ◎☆音声研究会今後の予定[]内発表申込締切日
・4月休会
・5月29日(木)30日(金)神戸大学 [未定],テーマ:福祉と音声処理,一般(予定)
◎【発表申込・問合先】
堀 貴明 (神戸大) TEL [0774] 93-5336
E-: hori [at] cslab.kecl.ntt.co.jp
◎☆音声研究会の情報は,以下のページを御覧下さい。
http://www.ieice.org/iss/sp/jpn/
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

3月20日(木)   国際ワークショップ "Asian Workshop on Speech Science and Technology"
09:55 - 16:50
  09:55-10:00 開会の挨拶 ( 5分 )
(1) 10:00-11:00 [招待講演]Voice-based Information Retrieval
-- How far are we from the text-based retrieval? --
SP2007-185
Lin-shan LeeNat'l Taiwan Univ.
(2) 11:00-12:00 [招待講演]Robust Speech Recognition Based on Structured Modeling, Irrelevant Variability Normalization and Unsupervised Online Adaptation SP2007-186 Qiang HuoMicrosoft Research Asia
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
(3) 13:00-14:00 [招待講演]Feature Vector Classification based on Likelihood Ratio SP2007-187 Jeong-sik ParkSang-min Yoon・○Yung-Hwan OhKAIST
(4) 14:00-15:00 [招待講演]Remaking speech revisited STRAIGHT and TANDEM-STRAIGHT and Their implications SP2007-188 Hideki KawaharaWakayama Univ.
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
  15:15-16:45 ポスターセッション ( 90分 )
(5) 15:15-16:45 [ポスター講演]A STUDY ON THE LP-BASED BLIND MODEL IN RESTORING BONE-CONDUCTED SPEECH SP2007-189 Thang tat VuMasashi UnokiMasato AkagiJAIST
(6) 15:15-16:45 [ポスター講演]Investigation of usual and unusual articulation based on simulations and observations SP2007-190 Akikazu NishikidoJianwu DangJAIST
(7) 15:15-16:45 [ポスター講演]Perception of Speaker Identity and Its Relation to the Phonological Features SP2007-191 Kanae AminoTakayuki AraiSophia Univ.
(8) 15:15-16:45 [ポスター講演]Effects of repetition priming and word familiarity on perception of spectrally degraded spoken words SP2007-192 Mika MuraoYasunari SasakiHiroshi RiquimarouxDoshisha Univ.
(9) 15:15-16:45 [ポスター講演]Prosody Reconstruction by Rescaling Fundamental Frequency Contours in Order to Synthesize Communicative Speech SP2007-193 Jinfu NiShinsuke SakaiSatoshi NakamuraNICT/ATR
(10) 15:15-16:45 [ポスター講演]A Context Clustering Technique for Improvement of Tone Intelligibility of Average-voice-based Thai Speech Synthesis SP2007-194 Suphattharachai ChomphanTakao KobayashiTokyo Inst. of Tech.
(11) 15:15-16:45 [ポスター講演]Robust noise suppression algorithm using the only Kalman filter theory for white and colored noises SP2007-195 Nari TanabeTokyo Univ. of Science, Suwa)・Toshihiro FurukawaTokyo Univ. of Science)・Shigeo TsujiiInst. of Information Security
(12) 15:15-16:45 [ポスター講演]Improvement of robustness using selective sound segregation for automatic speech recognition systems in noisy environments SP2007-196 Atsushi HaniuMasashi UnokiMasato AkagiJAIST
(13) 15:15-16:45 [ポスター講演]Robust Distant Speech Recognition by Combining Variable-term spectrum Based Position-dependent CMN with Conventional CMN SP2007-197 Longbiao WangSeiichi NakagawaToyohashi Univ. of Tech.)・Norihide KitaokaNagoya Univ.
(14) 15:15-16:45 [ポスター講演]Unsupervised Phoneme Segmentation Using Mahalanobis Distance SP2007-198 Yu QiaoNobuaki MinematsuUniv. of Tokyo
(15) 15:15-16:45 [ポスター講演]A Fast Sequence Kernel for Sequential Data Classification SP2007-199 Makoto YamadaSOKENDAI/Yamaha Corp.)・Tomoko MatsuiInst. of Statistical Mathematics
(16) 15:15-16:45 [ポスター講演]LVCSR based on Context-Dependent Syllable Acoustic Models SP2007-200 Jian ZhangLongbiao WangSeiichi NakagawaToyohashi Univ. of Tech.
(17) 15:15-16:45 [ポスター講演]Accent Analysis for Mandarin Large Vocabulary Continuous Speech Recognition SP2007-201 Dong YangKoji IwanoSadaoki FuruiTokyo Inst. of Tech.
(18) 15:15-16:45 [ポスター講演]Initial Evaluation of the Drivers' Japanese Speech Corpus in a Car Environment SP2007-202 Kousuke HirakiTakahiro ShinozakiKoji IwanoAgnieszka BetkowskaKoichi ShinodaSadaoki FuruiTokyo Inst. of Tech.
(19) 15:15-16:45 [ポスター講演]Efficient Discriminative Training of Error Corrective Models Using High-WER Competitors SP2007-203 Takanobu ObaTakaaki HoriAtsushi NakamuraNTT
  16:45-16:50 閉会の挨拶 ( 5分 )
3月21日(金)   音声・聴覚研究会
10:00 - 17:15
(1) 10:00-10:30 日本語話者の子音クラスタ中への母音挿入 SP2007-204 藤本雅子国立国語研)・船津誠也県立広島大
(2) 10:30-11:00 対側マスキングの負荷により聴性脳幹反応(ABR)上に出現する注意効果 SP2007-205 池田一成関口貴裕林 安紀子学芸大
(3) 11:00-11:30 連続発話音声中に含まれる男声・女声知覚に寄与する音響特徴量 SP2007-206 柴田武志赤木正人北陸先端大
  11:30-13:00 昼食 ( 90分 )
(4) 13:00-13:30 別話者音素による部分置換音声の自然性とスペクトル特徴量について SP2007-207 田高礼子世木寛之NHK)・清山信正NHKエンジニアリングサービス)・都木 徹NHK
(5) 13:30-14:00 舌切除者の異常音声を利用した単語知覚の研究 ~ 第1報トップダウン処理の働き ~ SP2007-208 三木祥男野原幹司奥野健太郎阪大歯学部附属病院
(6) 14:00-14:30 舌切除者の異常音声を利用した単語知覚の研究 ~ 第2報単語知覚に及ぼす要因と影響 ~ SP2007-209 三木祥男野原幹司奥野健太郎阪大歯学部附属病院
(7) 14:30-15:00 声帯結節による発声障害の数値シミュレーション SP2007-210 出口真次東北大)・河原侑希岡山大
  15:00-15:15 休憩 ( 15分 )
(8) 15:15-15:45 事前学習を用いないオンラインでの話者識別 SP2007-211 久富慎二松本哲也竹内義則工藤博章大西 昇名大
(9) 15:45-16:15 ボトムアップクラスタリングを用いたシャドーイング音声の自動採点 SP2007-212 下村直也峯松信明東大)・山内 豊東京国際大)・広瀬啓吉東大
(10) 16:15-16:45 リアルタイムSTRAIGHTの改良とSTRAIGHTライブラリの実装 SP2007-213 坂野秀樹名城大)・森勢将雅高橋 徹西村竜一入野俊夫河原英紀和歌山大
(11) 16:45-17:15 全波整流にもとづく狭帯域電話音声の一帯域拡張法 SP2007-214 青木直史北大

問合先と今後の予定
SP 音声研究会(SP)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2008-01-26 15:48:27


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSP研究会 / 次のSP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会