お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のRECONF研究会 / 次のRECONF研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

感染症拡大状況によってはプログラムの変更や完全オンライン化の可能性もあります。本ウェブサイトや RECONF Slack で最新の情報の確認をお願いいたします。



リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF) [schedule] [select]
専門委員長 佐野 健太郎 (理研)
副委員長 山口 佳樹 (筑波大), 泉 知論 (立命館大)
幹事 小林 悠記 (NEC), 佐藤 幸紀 (豊橋技科大)
幹事補佐 竹村 幸尚 (インテル), 長名 保範 (琉球大学)

日時 2022年 9月 7日(水) 13:00 - 18:00
2022年 9月 8日(木) 09:45 - 14:20
議題 リコンフィギャラブルシステム,一般 
会場名 emCAMPUS (エムキャンパス)5階セミナールームA,B および Zoom 
住所 〒440-0888 愛知県豊橋市駅前大通二丁目81番地
交通案内 JR東海道本線・飯田線、東海道新幹線、名鉄本線「豊橋」駅東口から徒歩6分
https://www.em-campus.jp/access/
会場世話人
連絡先
豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 佐藤 幸紀
お知らせ ◎参加を希望される方は以下の事前登録フォームにて登録をお願いいたします。学生の聴講は無料です!(現地、Zoomとも)
【参加登録】 https://forms.gle/iAwjMaXgDfZ17M9B6
◎懇親会は開催しません。
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(RECONF研究会)についてはこちらをご覧ください.

9月7日(水) 午後  招待講演
座長: 竹村 幸尚(インテル)
13:00 - 13:50
(1) 13:00-13:50 [招待講演]次世代の組込みソリューションに適した領域特化型アクセラレータ 広津鉄平NSITEXE
  13:50-14:10 休憩 ( 20分 )
9月7日(水) 午前  機械学習1
座長: 眞邉 泰斗(長崎大)
14:10 - 15:00
(2) 14:10-14:35 遺伝的アルゴリズムを用いたSpiking Neural Networkの効率的学習とFPGAアクセラレータによる高速化 RECONF2022-26 渡邉大樹佐藤幸紀豊橋技科大
(3) 14:35-15:00 Simulation for a CNN implementation on a multi-FPGA system with system-C description RECONF2022-27 Shao NingyuHiroaki SuzukiKeio Univ.)・Wataru TakahashiNEC)・Kazutoshi WakabayashiTokyo Univ.)・Hideharu AmanoKeio Univ.
  15:00-15:20 休憩 ( 20分 )
9月7日(水) 午後  ライトニング・トーク1
座長: 上野 知洋(理研)
15:20 - 16:10
(4) 15:20-15:30 [ショートペーパー]動きベクトル検出用3D画像フィルタのFPGAへの実装 RECONF2022-28 陳 宇晨ウェイ カイジ西 宏章天野英晴慶大
(5) 15:30-15:40 [ショートペーパー]距離に依存して圧縮を選択する転送方式 DA selective compression の提案 RECONF2022-29 周 宇擎丹羽直也天野英晴慶大
(6) 15:40-15:50 [ショートペーパー]配送問題最適化用AmoebaTopのマルチFPGA上での実装 RECONF2022-30 黄 鹏宇Wei Kaijie天野英晴慶大)・青野真士Ameoba Energy
(7) 15:50-16:00 [ショートペーパー]音源位置特定処理のFPGAボードへのオフロード RECONF2022-31 侯 中陽Wei Kaijie天野英晴慶大)・中臺一博東工大
(8) 16:00-16:10 [ショートペーパー]音源分離処理のFPGA上での実装 RECONF2022-32 覃 梓权Wei Kaijie天野英晴慶大)・中臺一博東工大
  16:10-16:20 LT質疑応答 ( 10分 )
  16:20-16:30 休憩 ( 10分 )
9月7日(水) 午後  パネルディスカッション 「自律型モビリティシステムとドメイン特化型ハードウェアやFPGA技術の未来」
座長: 佐藤 幸紀(豊橋技科大)
16:30 - 18:00
(9) 16:30-18:00 モデレーター:佐藤幸紀(豊橋技科大)
パネリスト:塩谷亮太(東大)、大川猛(東海大)、渡邊実(岡山大)、広津鉄平(NSITEXE)
9月8日(木) 午前  機械学習2
座長: 井口 寧(北陸先端大)
09:45 - 11:00
(1) 09:45-10:10 数値表現Posit用小面積積和演算器のFPGA実装とAIチップReNAへの導入検討 RECONF2022-33 中原康宏増田雄太木山真人飯田全広熊本大
(2) 10:10-10:35 DNN向け推論・学習両用Combined Posit MAC演算器(CPMAC)の提案と評価 RECONF2022-34 増田雄太中原康宏木山真人飯田全広熊本大
(3) 10:35-11:00 再帰的CNNによる手術画像セグメンテーションのFPGA実装 RECONF2022-35 三浦丈寛藤田光輝眞邉泰斗柴田裕一郎小坂太一郎足立智彦長崎大
  11:00-11:20 休憩 ( 20分 )
9月8日(木) 午前  環境構築その他
座長: 小林 諒平(筑波大)
11:20 - 12:10
(4) 11:20-11:45 リアルタイム画像処理システムの定量的評価のためのFPGA SoCを用いた環境構築 RECONF2022-36 山下惠三眞邉泰斗柴田裕一郎長崎大
(5) 11:45-12:10 高位合成向け乱数生成ライブラリの拡充 RECONF2022-37 淺海悠人泉 知論立命館大
9月8日(木) 午後  RECONF講演賞 表彰式
座長: 泉 知論(立命館大)
12:10 - 12:10
  12:10-12:30 RECONF講演賞 表彰式 ( 20分 )
  12:30-13:40 昼食 ( 70分 )
9月8日(木) 午後  ライトニング・トーク2
座長: 密山 幸男(高知工科大)
13:40 - 14:20
(6) 13:40-13:50 在宅研究教育のための小規模多種遠隔計算環境の構築 ~ コロナ禍によるキャンパス入構制限下での卒業研究のとりくみ ~ RECONF2022-38 泉 知論立命館大
(7) 13:50-14:00 PYNQ-Z2を用いたハイブリッド型学生実験の実現 RECONF2022-39 小島拓也國分海渡齋藤 真富田祐永前田志温東大
(8) 14:00-14:10 低遅延脳波処理のためのPYNQを用いた生体計測システムプロトタイプ RECONF2022-40 因間龍星原 雅剛中谷裕教大川 猛東海大
(9) 14:10-14:20 PYNQ上で動作する複数ROS2ノード自動生成ツールの開発 RECONF2022-41 岡崎英佑東海大)・菅谷みどり芝浦工大)・大川 猛東海大
  14:20-14:30 LT質疑応答 ( 10分 )
  15:00-16:30 研究専門委員会を開催予定/委員のみ ( 90分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RECONF リコンフィギャラブルシステム研究会(RECONF)   [今後の予定はこちら]
問合先 委員長: 佐野健太郎(理研) 
お知らせ ◎RECONF研究会ホームページもご覧下さい.
http://www.ieice.org/~reconf/
◎情報交換の場として研究会公式Slackを用意しています。下記リンクから自由に参加できます。
https://join.slack.com/t/reconfworkspace/shared_invite/zt-v3qeynk3-RsInu4wdjqU2t_ysqWvagg


Last modified: 2022-09-05 19:07:39


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[RECONF研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRECONF研究会 / 次のRECONF研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会