お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

【重要】新型コロナウィルス感染症の感染拡大を受け,完全オンライン開催へ開催方法を変更致します.(2021/4/24)



信頼性研究会(R) [schedule] [select]
専門委員長 安里 彰 (富士通)
副委員長 土肥 正 (広島大)
幹事 田村 信幸 (法政大), 井上 真二 (関西大)
幹事補佐 岡村 寛之 (広島大), 横川 慎二 (電通大)

日時 2021年 5月28日(金) 10:40 - 17:20
議題 ソフトウェアの信頼性,信頼性一般 
会場名 [変更]完全オンライン開催 
会場世話人
連絡先
土肥正(広島大学),井上真二(関西大学)
他の共催 ◆日本信頼性学会,IEEE Reliability Society Japan Chapter共催
お知らせ ◎新型コロナウィルス感染症のため,完全オンライン開催へ変更となりました.聴講参加をご希望の方(登壇者の方以外)は所定の聴講参加費をお支払いの上,参加方法(現地orオンライン)をご明記の上,開催日の3日前までに幹事(関西大学 井上真二・ino at kansai-u.ac.jp)宛に【お名前】,【ご所属】【種別:一般(会員) or 一般(非会員) or 学生(会員) or 学生(非会員)】をご連絡下さい.
著作権に
ついて
以下の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(R研究会)についてはこちらをご覧ください.

5月28日(金) 午後 
10:40 - 17:20
  10:40-10:45 開会挨拶 ( 5分 )
(1) 10:45-11:10 Investigating properties of the optimal arrangement in connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(m,n):F systems R2021-1 Takahiro SuiTokyo Met. Univ.)・Taishin NakamuraTokai. Univ.)・Hisashi YamamotoTokyo Met. Univ.
(2) 11:10-11:35 異常検知モデルの品質劣化を防ぐためのドメイン知識を活用したアンサンブルモデルの提案 R2021-2 露木雅文高重総一小牧大輔日立
(3) 11:35-12:00 機械学習モデルの信頼性を維持するソフトウエアフレームワークの設計 R2021-3 小林美都成小牧大輔日立
  12:00-13:00 昼食 ( 60分 )
(4) 13:00-14:00 [招待講演]車載システム向けのテスト容易化設計法 高橋 寛愛媛大
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
(5) 14:10-14:35 A note on local sensitivity analysis of stationary solutions for Markov regenerative processes R2021-4 Junjun ZhengRitsumeikan Univ.)・Jiahao ZhangHiroyuki OkamuraTadashi DohiHiroshima Univ.
(6) 14:35-15:00 サイバー攻撃を伴うサーバシステムの最適ランダムチェック方策 R2021-5 今泉充啓愛知学泉大)・木村充位愛知大
(7) 15:00-15:25 拡張年齢取替方策を適用した冗長システムの数値例による比較考察 R2021-6 水谷聡志中川覃夫愛知工大
(8) 15:25-15:50 Software Reliability Analysis Based on Generalized Nonlinear Yule Processes R2021-7 Siqiao LiTadashi DohiHiroyuki OkamuraHiroshima Univ.
  15:50-16:00 休憩 ( 10分 )
(9) 16:00-16:25 独立なコンポーネント寿命をもつ並列システムの最適デザイン R2021-8 坂田悠馬・○土肥 正岡村寛之広島大)・銭 存華南京工大
(10) 16:25-16:50 管理可能な稼働条件と修理レベルを考慮した離散時間マルコフ的劣化システムに対する最適保全方策 R2021-9 田村信幸法政大
(11) 16:50-17:15 A Note on Computaion of System Reliability in a Lamp Problem R2021-10 Hiroyuki OkamuraHiroshima Univ.)・Junjun ZhengRitsumeikan Univ.)・Tadashi DohiHiroshima Univ.)・Won Young YunPNU
  17:15-17:20 閉会挨拶 ( 5分 )

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
R 信頼性研究会(R)   [今後の予定はこちら]
問合先 井上 真二(関西大)
E-: ini-u 


Last modified: 2021-04-29 12:16:37


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[R研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のR研究会 / 次のR研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会