お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2020-03-06
15:30
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
ネットワーク障害解析方式の検討と評価
高野陽介野呂正明小口直樹富士通研)・阿部俊二NIINS2019-252
複雑なクラウドのインフラ間ネットワークの構築に必要な設定作業では,自動化できる部分も増えてきたが,人手が必要な個所が未だ... [more] NS2019-252
pp.425-430
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
13:00
愛媛 愛媛県男女共同参画センター [基調講演]Persistent Memoryの技術動向
今村智史富士通研VLD2019-48 ICD2019-37 IE2019-43 CPSY2019-47 DC2019-72 RECONF2019-43
アプリケーションが処理するデータ容量は年々増大し続けており,大容量データの高速処理を実現するために主記憶の容量増大が求め... [more] VLD2019-48 ICD2019-37 IE2019-43 CPSY2019-47 DC2019-72 RECONF2019-43
p.175(VLD), p.43(ICD), p.43(IE), p.55(CPSY), p.175(DC), p.33(RECONF)
ITE-ME, ITE-IST
(共催)
BioX
(連催) [詳細]
2019-06-07
14:00
石川 金沢大学(予定) 生体バイナリ列が有する生体特有の偏りと一様性に関する統計的評価
小嶋陸大名田 元内田秀継松濤智明安部登樹富士通研BioX2019-3
オンライン生体認証のようにネットワークを介する環境で生体認証を実施する場合,テンプレート保護型生体認証技術の利用が期待さ... [more] BioX2019-3
pp.55-59
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター ユーザー操作特性に応じた仮想デスクトップサーバの動的位置変更方式の評価
高野陽介小口直樹富士通研)・阿部俊二NIINS2018-245
近年,個人PCの紛失・盗難などによる情報漏洩が大きな社会問題となっている.この情報漏洩に対するセキュリティ施策として,デ... [more] NS2018-245
pp.307-312
MI 2019-01-23
14:00
沖縄 沖縄県青年会館 超音波画像に対する深層学習による影の教師なし検出
安富 優富士通研)・酒井 彬富士通アドバンストテクノロジ)・小松正明理研)・松岡 隆小松玲奈新垣達也徳中真由美昭和大)・町野英徳小林和馬国立がん研究センター)・浅田 健理研)・金子修三国立がん研究センター)・関沢明彦昭和大)・浜本隆二理研MI2018-96
超音波検査は,体内の臓器などの構造物を非侵襲的に検査できるため,医療分野で広く利用されている.骨や空気などの反射物の介在... [more] MI2018-96
pp.151-156
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2018-07-31
11:15
熊本 熊本市国際交流会館 Identity-conditioned Face Transformations Using Generative Adversarial Networks
Gregorio Nuevo CastroAkihiko KasagiMasafumi YamazakiTsuguchika TabaruAtsushi IkeFLLCPSY2018-18
 [more] CPSY2018-18
pp.85-90
SC 2018-06-01
13:55
福島 会津大学 UBIC 3D Theater クラウドサービス・APIの利用を容易にするJavaScriptトランスパイラの試作
木村功作関口敦二チョーダリー シュリダル上原忠弘富士通研SC2018-3
 [more] SC2018-3
pp.13-18
KBSE 2018-03-02
15:20
沖縄 石垣市民会館 中ホール A Constraint Optimization Method for Cloud Service Composition
Shridhar ChoudharyKosaku KimuraAtsuji SekiguchiFLLKBSE2017-51
 [more] KBSE2017-51
pp.73-77
VLD, CPSY, RECONF
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2016-01-21
11:20
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス フルシステムシミュレータによるソフトウェア定義型SSDのアーキテクチャ最適化
五木田 駿風間 哲柴田清己桑村慎哉吉田英司小川淳二富士通研VLD2015-103 CPSY2015-135 RECONF2015-85
近年,SSDのFTLをソフトウェアで実装することでNAND Flashデバイスの高並列制御を行うソフトウェア定義型SSD... [more] VLD2015-103 CPSY2015-135 RECONF2015-85
pp.197-202
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
DC
(併催) [詳細]
2015-08-06
09:00
大分 ビーコンプラザ(別府) 仮想デスクトップのブロックI/Oトレースを用いたデータ重複の評価
熊野達夫田村雅寿飯澤 健小沢年弘富士通研CPSY2015-36
実環境で使われている仮想デスクトップサービスで、サーバとストレージ間のネットワークに流れるデータをキャプチャすることによ... [more] CPSY2015-36
pp.197-201
ICD, ITE-IST
(連催)
2012-07-27
11:40
山形 山形大学米沢キャンパス [招待講演]90nm CMOSテクノロジを用いた3バンド対応W-CDMA用電力増幅器IC
神田浩一富士通研)・川野陽一佐々木孝朗白井徳明田村哲朗川井重明工藤真大村上智敏富士通セミコンダクター)・中本裕之富士通研)・長谷川延正加納英樹富士通セミコンダクター)・峰山亜希子大石和明富士通研)・島 昌司田村直義富士通セミコンダクターICD2012-28
 [more] ICD2012-28
pp.65-70
CAS, NLP
(共催)
2011-10-21
14:05
静岡 静岡大学 [招待講演]有線通信向け受信機フロントエンド回路技術の最新動向とその将来
木船雅也田村泰孝山本拓司富士通研CAS2011-56 NLP2011-83
有線通信向けの送受信機は,省面積,低消費電力を実現しつつ,データレート向上,および,マルチスタンダード対応が求められてい... [more] CAS2011-56 NLP2011-83
pp.135-140
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会