お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 120件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2024-05-20
14:50
鹿児島 勤労者交流センター(鹿児島)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ミリ波帯Radio Unit (RU)に向けたRFモジュール開発
小林 純志村利宏大橋洋二本田 敦川野陽一鈴木俊秀関 宏之富士通SR2024-6
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] SR2024-6
p.28
SAT, MICT
(共催)
WBS, RCC
(共催)
(併催) [詳細]
2024-05-16
09:35
宮崎 KITENコンベンションホール(宮崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
3Dミリ波レーダベースの非接触見守りロボットの性能改善に関する検討
胡 尭坤日大/富士通)・戸田 健日大SAT2024-2 MICT2024-2
 [more] SAT2024-2 MICT2024-2
pp.7-12
SAT, MICT
(共催)
WBS, RCC
(共催)
(併催) [詳細]
2024-05-17
13:15
宮崎 KITENコンベンションホール(宮崎)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
A Study of Improved Indoor Human Posture Classification Method Based on 3D mm-Wave Radar with a Small Number of Elements
Xuanyu PengNihon Univ.)・Yaokun HuNihon Univ./Fujitsu Ltd.)・Takeshi TodaNihon Univ.SAT2024-10 MICT2024-10
 [more] SAT2024-10 MICT2024-10
pp.48-53
CQ, CBE
(併催)
2024-01-26
14:15
熊本 黒川温泉 自治会事務所
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
VM最適配置のための圧縮センシングを用いたトラヒック推定手法
山本亜美松田崇弘都立大)・樋口淳一児玉武司白石 崇富士通CQ2023-67
 [more] CQ2023-67
pp.82-87
OCS, CS
(併催)
2024-01-12
14:25
鹿児島 鹿児島市勤労者交流センター Polar code for reducing decoder complexity of soft-decision forward error correction
Zhiyuan SongKoji IgarashiOsaka Univ.)・Yohei KoganeiFujitsuOCS2023-65
(事前公開アブストラクト) For managing both to reduce the complexity of ... [more] OCS2023-65
pp.43-48
QIT
(第二種研究会)
2023-12-18
16:35
沖縄 沖縄科学技術大学院大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
シミュレーテッドアニーリングを用いた脱分極ノイ ズにおける表面符号の復号の比較研究
竹内優作高田侑吾坂下達哉阪大)・藤崎 淳大島弘敬佐藤信太郎富士通)・藤井啓祐阪大
表面符号の一般的なデコーダーである最小重み完全マッチング法(MWPM)は脱分極ノイズモデルでは最適な復号をすることができ... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2023-12-11
- 2023-12-13
福岡 北九州観光コンベンションAIM-3F
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
生成AIを活用した特殊詐欺訓練ツールの検討
近野 恵池田妃那井手健太岩崎 翔粟井修司紺野剛史富士通)・桐生正幸東洋大
特殊詐欺は巧妙かつ新たな手口が次々に導入されるため,高齢者の被害は増加し続けている.未然防止のため,警察などが詐欺電話の... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2023-12-11
- 2023-12-13
福岡 北九州観光コンベンションAIM-3F
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
生成AIを活用したコミュニケーション支援の検討
紺野剛史池田妃那井手健太白石壮大近野 恵富士通
社員のエンゲージメント向上による離職防止の必要性が高まり,上司と部下で行う定期的な1対1の面談を導入する企業が増加してい... [more]
LQE, ED, CPM
(共催)
2023-11-30
14:20
静岡 アクトシティ浜松 ALD-Al2O3絶縁ゲート構造の欠陥低減に向けた水蒸気酸化技術
尾崎史朗熊崎祐介岡本直哉中舍安宏多木俊裕原 直紀富士通ED2023-17 CPM2023-59 LQE2023-57
高周波デバイスに適用可能な原子層堆積(ALD:Atomic Layer Deposition)-Al2O3絶縁ゲート構造... [more] ED2023-17 CPM2023-59 LQE2023-57
pp.15-20
MIKA
(第三種研究会)
2023-10-11
14:30
沖縄 沖縄県市町村自治会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]【ポスター講演】自己符号化を用いたトラヒック量推定手法に基づくVM配置手法
山本亜美松田崇弘都立大)・樋口淳一児玉武司白石 崇富士通
 [more]
CQ, MIKA
(併催)
(第二種研究会)
2023-08-31
10:50
福島 天神岬スポーツ公園 [ポスター講演]自己符号化を用いたトラヒック量推定手法に基づくVM配置手法
山本亜美松田崇弘都立大)・樋口淳一児玉武司白石 崇富士通
著者らは,複数の物理ホストと仮想マシン(VM: Virtual Machine)からなるクラウドコンピューティング環境に... [more]
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2023-08-04
11:20
北海道 函館アリーナ
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Parallelization improvements in MPS simulation using Qiskit
Daniel RodriguezTakumi HondaMasafumi YamazakiTakanori NakaoAkihiko KasagiNaoto FukumotoFujitsu LTD.CPSY2023-18 DC2023-18
Tensor Networks, specifically Matrix Product State (MPS), ar... [more] CPSY2023-18 DC2023-18
pp.61-66
CS 2023-07-27
10:05
東京 八丈町商工会 VM配置手法のための自己符号化を用いたトラヒック量推定手法に関する一検討
山本亜美松田崇弘都立大)・樋口淳一児玉武司白石 崇富士通CS2023-28
 [more] CS2023-28
pp.37-42
ISEC 2023-05-17
10:45
東京 機械振興会館 機械学習特有の攻撃に対する開発者向けセキュリティリスク分析技術について ~ 機械学習システム開発者向け被害分析手法 ~
矢嶋 純乾 真季辻 健太郎富士通)・吉岡信和早大ISEC2023-4
機械学習特有の攻撃に対して安全な機械学習システムを開発するためには,どの攻撃が実施されうるかを見極める脅威分析と攻撃が実... [more] ISEC2023-4
pp.25-32
NS 2023-05-12
10:25
東京 工学院大学 新宿キャンパス + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
物体識別精度向上のための時空間領域の物体隣接情報を用いたベイズ推定手法
佐藤広章・○荒川伸一阪大)・須加純一井上昴輝関屋元義富士通)・村田正幸阪大NS2023-16
 [more] NS2023-16
pp.32-37
ICM, IPSJ-IOT, IPSJ-CSEC
(連催)
2023-05-12
13:35
高知 高知工科大学永国寺キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
仮想化基盤における物理ディスクに対する仮想マシンのI/O負荷推定技術の提案
荻原一隆近藤玲子白石 崇富士通ICM2023-9
複数台のx86サーバを並べ仮想化ソフトウェアをベースに仮想マシンを使ってシステムを構築するHCI(Hyper Conve... [more] ICM2023-9
pp.41-46
LOIS 2023-03-13
10:25
沖縄 大濱信泉記念館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
業務完了までの作業量を用いた案件の難易度と作業担当者の習熟度の推定手法
宮本晶規尾形 晋烏谷 彰富士通LOIS2022-45
情報技術を活用した業務の自動化への取組みが進められているが,非定型業務など,完全に自動化できない業務では,業務中の人の判... [more] LOIS2022-45
pp.5-10
CQ, CBE
(併催)
2023-01-26
13:35
茨城 つくば国際会議場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
圧縮センシングを用いたトラヒック推定によるVM配置方法の性能評価
山本亜美湯本憲太松田崇弘都立大)・樋口淳一児玉武司上野 仁富士通CQ2022-66
著者らは,複数の物理ホストと複数の仮想マシン (VM: Virtual Machine) からなるクラウドコンピューティ... [more] CQ2022-66
pp.29-34
NS, NWS
(併催)
2023-01-27
13:55
山口 ハイブリッド開催(山口県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]Edge for Anybodyを目指して ~ RoboticsのICT/クラウドへの融合、LF Edgeでのオープンエッジサービスプラットフォーム ~
Peters, Colin George深野晴久渡辺直聡富士通NS2022-166
社会の課題解決と発展には、フィジカル空間のデータを収集し、サイバー空間で解析を行い、フィジカル空間にフィードバックするC... [more] NS2022-166
p.96
RECONF, VLD
(連催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2023-01-24
14:20
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎2階大会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Leveraging dynamic parameter for solution search acceleration in bio-inspired hardware SAT solver
Anh Hoang Ngoc NguyenFujitsu ltd.VLD2022-71 RECONF2022-94
For decision making, various systems need to solve combinato... [more] VLD2022-71 RECONF2022-94
pp.68-73
 120件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会