お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 165件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2023-03-15
14:00
徳島 徳島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スライドデータと聴衆の無意識反応の分析に基づいたプレゼンテーション中の問題箇所推定
齋藤 皓福島大)・中山祐貴山形大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大
 [more]
ET 2023-03-15
14:25
徳島 徳島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Webニュースに対する意見動向と議論要点の把握を重視した議論視覚化
若林大樹福島大)・中山祐貴山形大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大
 [more]
ET 2023-03-15
14:50
徳島 徳島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
検討経緯理解支援のための研究文書推敲文脈の視覚化
大波 奨福島大)・大沼 亮津田塾大)・中山祐貴山形大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大
 [more]
ET 2023-01-20
13:45
兵庫 兵庫医科大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ソースコード提出履歴に基づいた学習者に適応的な解法推定システム
佐藤綜一郎佐藤克己学芸大)・中村勝一福島大)・宮寺庸造学芸大ET2022-57
プログラミング演習における教授者支援には,学習者が作成したソースコードの分析が多く用いられている.しかし多くの研究は,学... [more] ET2022-57
pp.5-10
IBISML 2022-12-22
14:50
京都 京都大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
問題文の難しさと学習者特性の時間発展を考慮した学習者正答予測
江原 遥学芸大IBISML2022-45
 [more] IBISML2022-45
pp.14-17
SANE 2022-12-16
10:15
長崎 長崎ブリックホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Terahertz Brewster Effect from Rough Surfaces -- Numerical and Experimental study --
Suyun WangNICT)・Hiramatsu KazumaTokyo Gakugei Univ.)・Kun-Shan ChenMinerva Hdsar LLC)・Yasuko KasaiNICT
 [more]
TL 2022-12-11
10:30
ONLINE オンライン開催 知識追跡と受験者シミュレーション
江原 遥学芸大TL2022-26
 [more] TL2022-26
pp.1-3
ET 2022-12-10
09:10
石川 JAIST 金沢サテライト + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
疑うべき記事の示唆によるソーシャルメディア上のフェイク見極め作業に対する支援効果の分析
大沼 亮津田塾大)・中山祐貴山形大)・鈴木敬登神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2022-40
 [more] ET2022-40
pp.1-7
ET 2022-12-10
09:30
石川 JAIST 金沢サテライト + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ソーシャルメディア上の議論様態視覚化システムの開発
中山祐貴山形大)・大沼 亮津田塾大)・千葉広汰神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2022-41
 [more] ET2022-41
pp.8-12
ET 2022-11-05
14:55
ONLINE オンライン開催 事前学習済モデルを活用し問題文を考慮できる解釈性の高い適応的回答予測
江原 遥学芸大ET2022-37
近年,高度な意味的テキスト処理のための最近の標準的な手法として,BERTなどの深層転移学習に基づく深層言語モデルが用いら... [more] ET2022-37
pp.39-46
ET 2022-09-17
15:20
広島 広島大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
参考にすべき記事を見極める経験の促進を目指したSNS上の災害留意情報抽出手法
石井大智福島大)・中山祐貴山形大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2022-19
 [more] ET2022-19
pp.52-57
ET 2022-09-17
15:45
広島 広島大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
近接中心性の分析に基づいたWeb上の人間関係の動的抽出手法
市川彩花福島大)・大沼 亮津田塾大)・中山祐貴山形大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2022-20
Webを利用した複雑な調査・探索を上手く進めるためには,対象とする事象に介在する人間関係を的確に把握することが重要である... [more] ET2022-20
pp.58-63
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
13:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]コロナ禍における児童の音声および口唇運動の収録
北村達也甲南大)・白勢彩子学芸大SP2022-16
児童の長・短母音生成時の口唇運動を撮影するため,ヘルメットにアクションカメラを固定したシステムを製作した.撮影中に児童の... [more] SP2022-16
pp.67-70
KBSE 2022-03-10
12:45
ONLINE オンライン開催 (Zoom) スクリーンショット抽出とDOMの利用によるPresentation Failure検知手法の提案
岡嶋隆人日本工大)・田中昂文玉川大)・櫨山淳雄学芸大)・橋浦弘明日本工大KBSE2021-54
スマートフォンやWebのアプリケーションにおいて,GUIコンポーネントの描画結果が定められた仕様を満たさない場合,大きな... [more] KBSE2021-54
pp.78-83
ET 2022-01-22
11:05
ONLINE オンライン開催 研究初学者の推敲文脈理解促進のための作業経緯想起支援システムの開発
大波 奨福島大)・大沼 亮津田塾大)・中山祐貴早大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2021-44
 [more] ET2021-44
pp.7-12
KBSE 2022-01-21
13:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) クラス図とソースコード間のラウンドトリップエンジニアリング支援ツール
山崎貴弘日本工大)・田中昂文玉川大)・櫨山淳雄学芸大)・橋浦弘明日本工大KBSE2021-40
アジャイル開発手法など, 設計とコーディングを何度も行き来する(ラウンドトリップエンジニアリング)プロジェクトにおいて,... [more] KBSE2021-40
pp.26-31
ET 2021-12-11
13:20
ONLINE オンライン開催 外国語語彙学習のためのテスト理論上の説明性を持つ多義語の用例の重要度の可視化
江原 遥学芸大ET2021-34
外国語の語彙学習においては、多く出現する語(高頻度語)ほど学習上重要と一般的に考えられている。
母語話者のテキストに現... [more]
ET2021-34
pp.29-34
ET 2021-12-11
14:00
ONLINE オンライン開催 議論事例理解のためのソーシャルメディア中の議論構造と話題分布の視覚化
千葉広汰福島大)・中山祐貴早大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2021-36
PBLなど主体的学習活動の一環として少人数のグループにおける議論を行う機会が増加している.特に近年は,ソーシャルメディア... [more] ET2021-36
pp.41-46
ET 2021-11-06
11:30
ONLINE オンライン開催 Webニュースに対する多様な意見動向の把握支援のための議論サマリ自動生成手法
若林大樹福島大)・中山祐貴早大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2021-24
 [more] ET2021-24
pp.13-18
TL 2021-09-18
14:50
ONLINE オンライン開催 語彙的難しさだけでリーダビリティはどの程度説明できるか? ~ 知識・対話・解釈性との関連から ~
江原 遥学芸大TL2021-14
近年、BERTなどの深層学習技術の向上により、文脈を考慮したテキスト分類が可能になってきている。
言語教育において重要... [more]
TL2021-14
pp.11-16
 165件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会