お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 52件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-10
14:10
ONLINE オンライン開催 (Zoom) [招待講演]エッジとクラウドの連携による8K超高精細映像処理システムの実現
丸山 充瀬林克啓神奈川工科大)・君山博之大同大)・青木弘太ミハル通信)・小島一成近畿大)・漆谷重雄栗本 崇NII)・河合栄治大槻英樹NICT)・小林和真NICT/IPAIMQ2021-30 CQ2021-121 IE2021-92 MVE2021-59
NICT(情報通信研究機構)のテストベッドJGNおよびNII(国立情報学研究所)が構築・運用する学術情報ネットワークSI... [more] IMQ2021-30 CQ2021-121 IE2021-92 MVE2021-59
pp.108-113(IMQ), pp.118-123(CQ), pp.108-113(IE), pp.108-113(MVE)
KBSE 2022-01-21
10:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 参照モデルを用いた機械学習プロジェクトの知見収集とパターンの作成
竹内広宜武蔵大)・今崎耕太IPA)・久野倫義三菱電機)・土肥拓生ライフマティクス)・本橋洋介日本電気KBSE2021-37
 [more] KBSE2021-37
pp.8-13
WIT, SP
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2020-10-22
16:15
ONLINE オンライン開催 音声認識アプリを活用した情報保障システムの課題 ~ 通常学級で学ぶ難聴児への支援事例から ~
奥沢 忍竹東小SP2020-14 WIT2020-15
 [more] SP2020-14 WIT2020-15
pp.33-38
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
13:30
宮城 東北大学 電気通信研究所 IoT関連技術の国際標準化動向とIoT DEPの提案
横谷哲也金沢工大)・河合和哉情報処理推進機構CS2019-57
 [more] CS2019-57
pp.55-60
IA 2018-10-12
16:15
東京 東京大学 武田ホール ルータに対する未使用IPアドレススキャンの対策法
佐藤 聡三宮秀次筑波大)・登 大遊松本 智情報処理推進機構IA2018-33
 [more] IA2018-33
pp.5-8
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2018-05-22
09:55
沖縄 沖縄産業支援センター 機械学習と数理最適化による最適な学び合いネットワークの構成手法
大前佑斗東京高専)・古屋達朗笛川小)・水越一貴デジタルアライアンス)・大島崇行榊原範久兵庫教大)・水落芳明上越教大)・八代一浩山梨県立大)・高橋弘毅長岡技科大HCS2018-14 HIP2018-14
近年,集団型授業において学び合い(学習者同士が協働しながら共通の課題を解決していく学習法)が有効な教育手法として確立して... [more] HCS2018-14 HIP2018-14
pp.107-112
PRMU 2017-10-13
14:20
熊本 熊本大学 知能情報処理を活用した学び合い支援システムCollaborative Learning Optimizerの提案 ~ モデル構造と学習者の個性に関する検討 ~
大前佑斗東京高専)・古屋達朗笛川小)・水越一貴デジタルアライアンス)・大島崇行榊原範久兵庫教大)・水落芳明上越教大)・八代一浩山梨県立大)・高橋弘毅長岡技科大PRMU2017-97
近年,アクティブラーニングによる学び合いが有効な教育手法として確立してきている.
本研究では,集団型教育における学び合... [more]
PRMU2017-97
pp.193-198
CNR 2017-06-16
16:30
東京 パナソニックラボラトリ東京(PLT) 有明 MoDe:ヒューマノイド型ロボットのためのモーションデフォルメツール
林 亮太市立浦和)・堀江拓実真島大樹川那子進太郎宮本凜太郎高汐一紀慶大CNR2017-8
ロボットは人間の動きをそのまま再現することは構造上困難であるため,人間の動きを適度にデフォルメすることが必要となる.本論... [more] CNR2017-8
pp.41-44
HWS
(第二種研究会)
2017-06-13
12:05
青森 弘前大学 「暗号モジュール試験及び認証制度(JCMVP)」の紹介
櫻井玄弥情報処理推進機構
(事前公開アブストラクト) セキュリティ製品の安全性を客観的に試験/評価するためには、セキュリティ認証制度の活用が有効で... [more]
AP 2017-03-16
10:55
岩手 岩手大学 Bridge monitoring strategies by Ground-based SAR
Giovanni NicoCNR-IAC/Tohoku Univ.)・Giuseppina PreziosoLeonardo BottaUNIPARTHENOPE)・Giuseppe CifarelliDIANAP2016-180
 [more] AP2016-180
pp.17-22
ISEC 2015-09-04
15:10
東京 機械振興会館 国際会議 EUROCRYPT 2015 報告
小暮 淳情報処理推進機構ISEC2015-32
 [more] ISEC2015-32
pp.49-52
WIT, ASJ-H
(共催)
2015-02-13
16:45
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス 短時間で測定可能な時間分解能測定法の検討
森本隆司中市健志原田耕太リオン)・岡本康秀貫野彩子稲城市立病院)・神﨑 晶小川 郁慶大病院
耳鼻科臨床現場において短時間で実施可能な時間分解能の測定法の構築を目的とし、時間的変調度伝 達関数 (TMTF)の簡易測... [more] WIT2014-79
pp.35-40
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
16:35
北海道 サン・リフレ函館 情報セキュリティの標準化動向について ~ ISO/IEC JTC1/SC27/WG2 2014年4月香港会議報告 ~
宮地充子北陸先端大)・近澤 武情報処理推進機構)・竜田敏男情報セキュリティ大)・大熊建司東芝/情報処理推進機構)・渡辺 創産総研)・松尾真一郎NICTISEC2014-27 SITE2014-22 ICSS2014-31 EMM2014-27
情報社会の進展に伴い,安全な社会システムの構築が産官学において進められている.情報セキュリティ技術の国際標準化活動 は,... [more] ISEC2014-27 SITE2014-22 ICSS2014-31 EMM2014-27
pp.171-179
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2013-07-18
16:05
北海道 札幌コンベンションセンター 情報セキュリティの標準化動向について ~ ISO/IEC JTC1/SC27/WG2 2013年4月ニース会議報告 ~
宮地充子北陸先端大)・近澤 武情報処理推進機構)・竜田敏男情報セキュリティ大)・渡辺 創産総研)・松尾真一郎NICT)・大熊建司東芝/情報処理推進機構ISEC2013-21 SITE2013-16 ICSS2013-26 EMM2013-23
情報社会の進展に伴い,安全な社会システムの構築が産官学において進められている.情報セキュリティ技術の国際標準化活動 は,... [more] ISEC2013-21 SITE2013-16 ICSS2013-26 EMM2013-23
pp.75-84
PRMU 2013-02-22
15:40
大阪 大阪府立大 魚眼カメラを用いた歩行者自動検出システムのGPUによる高速化
北口勝久齊藤 守阪市工研PRMU2012-177
筆者らはこれまでに環境に固定した魚眼カメラを用いて複数歩行者の自動検出・追跡の実現を目的とする研究を行ってきた.この手法... [more] PRMU2012-177
pp.227-231
ISEC 2011-12-14
15:25
東京 機械振興会館 国際会議 CRYPTO 2011 報告
須賀祐治インターネットイニシアティブ)・國廣 昇東大)・小暮 淳情報処理推進機構)・松浦幹太東大ISEC2011-69
2011 年 8 月 14 日から 18 日にカリフォルニア大学サンタバーバラ校にて開催された国際暗号研究学会 (IAC... [more] ISEC2011-69
pp.31-33
SWIM 2011-11-18
13:25
東京 東海大学 高輪キャンパス [基調講演]システム基盤の非機能要求の合意手法 ~ 非機能要求グレードの紹介 ~
柏木雅之情報処理推進機構SWIM2011-24
非機能要求を適切に決めることの難しさを説明し、システム基盤の非機能要求を段階的に漏れなく決める手法である非機能要求グレー... [more] SWIM2011-24
pp.37-39
ET 2011-11-04
10:10
沖縄 琉球大学 教育情報ナショナルセンターの学習オブジェクトメタデータを活用した「デジタル教材検索システム」及び「指導案・実践事例検索システム」の開発
榎本 聡国立教育政策研)・石塚康英浅野 誠取手市教委)・黒井孝広取手市立永山小)・武藤 功取手市立戸頭東小)・水ノ江 健守屋市立黒内小ET2011-66
2010年末に実施された政策コンテストにおいて,教育情報ナショナルセンター機能(NICER)の廃止が決まり,2011年3... [more] ET2011-66
pp.61-66
OME 2011-09-22
16:35
大阪 大阪市中央公会堂 シリカナノ粒子を分散した塗布型有機トランジスタのデバイス特性
吉川真史永瀬 隆山崎沙織小林隆史阪府大)・道脇良樹扶桑化学)・渡瀬星児渡辺 充松川公洋阪市工研)・内藤裕義阪府大OME2011-47
ボトムゲート構造の有機電界効果トランジスタ (OFET) におけるゲート絶縁膜の表面処理は電界効果移動度を大きく増加させ... [more] OME2011-47
pp.31-34
SWIM 2011-06-17
13:10
東京 機械振興会館 [基調講演]情報システム・ソフトウェアの信頼性向上に向けたIPA/SECの取り組み
立石譲二情報処理推進機構SWIM2011-3
 [more] SWIM2011-3
pp.13-14
 52件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会