お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 102件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2022-11-24
14:55
福岡 福岡大学文系センター棟 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
B5G高信頼仮想化環境の構築
木全 崇寺田健次郎原井洋明NICT)・小原泰弘桑原世輝上田耕佑NTT Com)・森 優輝秋山秋生中村一彦永野秀尚児島史秀NICT
 [more]
IA 2022-11-21
14:30
新潟 万代市民会館(新潟県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アプリケーション単位のSR-TEシステムのプロトタイプの実装と影響の調査
斎藤龍之介吉田晴信石原真太郎秋山豊和小林和真京都産大)・三島 航NTT Com
 [more]
IA 2022-11-21
14:55
新潟 万代市民会館(新潟県)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SR-TEにおけるSFC要件を考慮したPer-Flow Steering実施手法の検討
吉田晴信斎藤龍之介石原真太郎秋山豊和小林和真京都産大)・三島 航NTT Com
 [more]
ICM 2022-07-08
11:20
北海道 とかちプラザ 2F視聴覚室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機器設定ファイルからのトポロジモデル抽出による机上検査を含めたネットワーク設計支援システム
田島照久NTTコミュニケーションズ)・川口永一郎滝口敏行BIGLOBE)・萩原 学TIS)・新里康晃OOLICM2022-20
ネットワーク (NW) を意図通りに運用するためには各レイヤ間の設計で整合性を取るだけでなく, 障害時などトポロジが変化... [more] ICM2022-20
pp.54-59
ICM 2022-03-03
11:20
ONLINE オンライン開催 [招待講演]コロナ禍におけるリモートワーク環境に適したデザイン思考とDevOpsを取り入れた新たな開発プロセスの実践
鈴木秀典西江将男NTTコミュニケーションズICM2021-46
我々は通信事業者として保有する高品質・高信頼な広域通信インフラを活用し、イベント模様をリアルタイムに伝える映像伝送サービ... [more] ICM2021-46
pp.23-28
IE, ITS
(共催)
ITE-AIT, ITE-ME, ITE-MMS
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-21
11:30
ONLINE オンライン開催 グループ行動認識モデルへの時間情報埋め込みに関する考察
熊倉湧太田川憲男都立大)・田良島周平NTTコミュニケーションズ
グループ行動認識の既存研究では,人物の外見や行動を時空間的に関連付ける様々なモデルが提案されているが,それらの学習,推論... [more]
PRMU 2021-12-16
15:25
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]プラントシミュレータを用いた時系列因果探索手法の評価
小山和輝藤原大悟切通恵介大川内智海泉谷知範NTTコミュニケーションズ)・浅原啓輔清水昌平滋賀大PRMU2021-34
工場・プラントではセンサなどの時系列データで構成されるプロセスデータの利用が広がっているが,運転の改善のためには,新たな... [more] PRMU2021-34
pp.57-60
ICM 2020-03-02
11:25
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
[招待講演]大規模国際イベントを支える映像伝送サービスの運用監視システム
鈴木秀典平原千里西江将男NTTコミュニケーションズICM2019-46
大規模かつ重要な国際イベントでは、その模様をリアルタイムに伝える映像伝送サービスが欠かせない。リアルタイムな映像伝送では... [more] ICM2019-46
pp.25-30
ICM 2020-03-03
10:40
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
大規模クラウドサービス故障復旧における ゼロタッチオペレーションシステムの拡張方式の提案
宮崎友貴NTTコム エンジニアリング)・辻 明香里沼田晋作NTTコミュニケーションズ)・小山和邦NTTコム エンジニアリング)・澤田昌克NTTコミュニケーションズICM2019-52
 [more] ICM2019-52
pp.61-66
AP 2020-02-21
13:25
静岡 静岡大学 浜松キャンパス [依頼講演]時速280km超の高速移動環境における4.6GHz帯及び28GHz帯ドップラースペクトル特性
久野伸晃山田 渉淺井裕介鷹取泰司NTT)・猪又 稔須山 聡NTTドコモ)・中川一郎一瀬正則NTTコミュニケーションズAP2019-192
第5世代移動通信システム(5G)の実現に向け,日本では2017年度より総務省主導のもと様々な利活用分野の関係者が参加し「... [more] AP2019-192
pp.63-68
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-22
15:20
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 大規模クラウドサービス故障復旧におけるゼロタッチオペレーションシステムの開発と評価
辻 明香里NTTコミュニケーションズ)・宮崎友貴NTTコム エンジニアリング)・沼田晋作NTTコミュニケーションズ)・小山和邦NTTコム エンジニアリング)・澤田昌克NTTコミュニケーションズICM2019-28
近年様々な業界でクラウドサービスの活用が進み,クラウドサービス提供事業者間での競争も激化している中で,クラウドサービス提... [more] ICM2019-28
pp.39-44
ICTSSL, IN
(連催)
2019-10-17
16:10
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [招待講演]IoT×AI時代のビルとサイバーセキュリティ
渡邊 剛NTTファシリティーズ中央)・加島伸悟NTTコミュニケーションズICTSSL2019-27 IN2019-41
情報通信技術の発展と普及に伴う社会のさまざまな変化が急激に押し寄せる中,「Society 5.0」に代表される新たな経済... [more] ICTSSL2019-27 IN2019-41
pp.63-67
PN 2019-08-26
11:30
北海道 かんぽの宿 小樽 Emergency Lightpath Support and Corresponding Incentive in Carrier-Cooperation-based Disaster Recovery
Sugang XuNICT)・Noboru YoshikaneKDDI Research)・Naoki MiyataNTT Communications)・Masaki ShiraiwaNICT)・Takehiro TsuritaniKDDI Research)・Xiaocheng ZhangNTT Communications)・Yoshinari AwajiNaoya WadaNICTPN2019-14
To achieve the fast recovery of optical transport networks f... [more] PN2019-14
pp.23-30
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-15
15:55
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス [招待講演]多様化し複雑化する通信サービスにおけるマイクロサービス化とプロビジョニング
平原千里中尾 仁西江将男岩見貴弘NTTコミュニケーションズNS2018-138 CQ2018-65 ICM2018-26
近年,デジタライゼーションの急速な進展に伴い,様々な産業のビジネス革新が促進されている.特に,ICTの基盤を支える通信サ... [more] NS2018-138 CQ2018-65 ICM2018-26
pp.45-50(NS), pp.9-14(CQ), pp.9-14(ICM)
WPT
(第二種研究会)
2018-11-02
- 2018-11-04
宮城 東北大学 UAVに対するマイクロ波無線電力伝送応用に関する基礎実験
橋本雄大NTTコミュニケーションズ)・袁 巧微青木拓海仙台高専
近年,長距離伝送が可能であるマイクロ波を用いた無線電力伝送が注目されている.本報告では,高効率レクテナと付加回路を設計,... [more]
COMP 2018-10-26
13:45
京都 京都大学 DDoSミティゲーションを可能にするネットワークルーティングアルゴリズム
増田絢斗今堀慎治中大)・小原泰弘NTTコミュニケーションズCOMP2018-25
DDoS攻撃は, DDoS攻撃代行サービスや, IoTデバイスを踏み台にした攻撃の登場により, 規模, 件数ともに増加し... [more] COMP2018-25
pp.33-39
ICM 2018-03-08
09:20
沖縄 沖縄青年会館 多拠点展開されるシステムにおける構成管理情報を利用した試験自動化の一考察
中井悠人神谷法正沼田晋作橋本昭二柏 大NTTコミュニケーションズICM2017-56
近年, バージョン管理システムや構成管理ツールを用いた自動化によって, 開発サイクルが短くなってきているため, 高頻度な... [more] ICM2017-56
pp.7-12
ICM 2018-03-09
16:00
沖縄 沖縄青年会館 分散協調コントローラによるオーバーレイ型仮想ネットワーク制御技術の提案
當山達也OOL/OKIT)・佐藤陽一OOL/NEC)・栗本 崇NII)・菊池 豊高知工科大)・橋本 仁秋田大)・福本昌弘福冨英次高知工科大)・岸本幸典OOL/NTTコミュニケーションズ)・山田博司漆谷重雄NIIICM2017-81
SDN を用いた広域網へのユースケースとして、オーバーレイ型の仮想ネットワークを簡易に構築可能なSD-WAN が注目され... [more] ICM2017-81
pp.151-156
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-08
12:00
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター Webアプリケーション脆弱性診断結果における機械学習を用いた分析手法の提案
名雲孝昭久保佑介小林泰大長谷川 亙濱田貴広NTTコミュニケーションズICSS2017-74
Webアプリケーションに対するサイバー攻撃への対策として,リリース前に脆弱性の有無を診断することがますます重要になってき... [more] ICSS2017-74
pp.139-144
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-08
15:40
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター ハニーポットにより観測されるDRDoS攻撃の被害組織に関する分析
渡部和也横浜国大)・西添友美NTTコミュニケーションズ)・牧田大佑NICT)・森 博志吉岡克成松本 勉横浜国大ICSS2017-83
近年,分散反射型サービス妨害攻撃(Distributed Reflection Denial-of-Service At... [more] ICSS2017-83
pp.205-210
 102件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会