お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 778件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2022-10-05
13:25
北海道 北海道大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
データセンタにおける省電力化のための自律移動型温度分布可視化ロボットの開発
本澤聡一郎干川尚人小山高専)・日里友幸ケーブル)・白木厚司伊藤智義千葉大
 [more]
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2022-07-28
16:05
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Detecting adversarial images in a classification system with a hidden neural network
Michele FontanesiAkihiro TabuchiThang DangTsuguchika TabaruFujitsuSS2022-3 KBSE2022-13
 [more] SS2022-3 KBSE2022-13
pp.13-18
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-28
16:05
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[チュートリアル講演]端末アンテナ設計技術
山ヶ城尚志富士通AP2022-54
 [more] AP2022-54
pp.113-118
AP, SANE, SAT
(併催)
2022-07-29
09:25
北海道 旭川市大雪クリスタルホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Foldy-Lax方程式に基づく多重散乱を考慮したレーダ画像の模擬
渡邉卓磨FSISANE2022-31
レーダ信号処理のシミュレーションにおいては,目標間の相互作用である多重散乱を無視した,いわゆるBorn近似や単一散乱近似... [more] SANE2022-31
pp.49-54
EMM, BioX, ISEC, SITE, ICSS, HWS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(連催)
(連催) [詳細]
2022-07-20
13:00
ONLINE オンライン開催 SNSを経由するクレジットカード不正利用のモデル化と抑止方法の検討
趙 智賢長田繁幸日本総研ISEC2022-22 SITE2022-26 BioX2022-47 HWS2022-22 ICSS2022-30 EMM2022-30
近年,日本国内では,クレジットカード情報を不正に利用する番号盗用の被害が大きくなっている.番号盗用に利用されるクレジット... [more] ISEC2022-22 SITE2022-26 BioX2022-47 HWS2022-22 ICSS2022-30 EMM2022-30
pp.81-87
ICM 2022-07-07
14:50
北海道 とかちプラザ 2F視聴覚室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]ゼロトラスト・アーキテクチャとリスクマネジメント
海野由紀富士通研ICM2022-14
本稿ではゼロトラスト・アーキテクチャとは何か,ゼロラスト・アーキテクチャの脅威とは何か,ゼロトラスト・アーキテクチャの設... [more] ICM2022-14
pp.21-23
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2022-05-20
13:50
長野 長野ターミナル会館+サブ会場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
アラートスコアリングによるITシステムの障害箇所推定方式の提案
近藤玲子荻原一隆白石 崇富士通ICM2022-8
多数のアプリの組み合わせからなるサービス(マイクロサービス)が複数の仮想マシンや物理マシン上に配置されているシステムでは... [more] ICM2022-8
pp.36-41
OPE, LQE, OCS
(共催)
2022-05-13
16:30
ONLINE オンライン開催 [特別招待講演]標準Si PICプロセス互換クロストークフリー32波長DWDM分波器
秋山知之PETRA/富士通OCS2022-8 OPE2022-8 LQE2022-8
OFC '22ポストデッドラインセッションにて初めて標準Si PICプロセスで実現したクロストークフリー32波長WDM分... [more] OCS2022-8 OPE2022-8 LQE2022-8
pp.30-33
PN 2022-04-25
14:05
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]In-Band Network Telemetryによる遅延測定技術の取組み
藤井雅章福田利道山田智紀藤井宏行富士通PN2022-2
次世代ネットワークでは,超高速,大容量,低遅延に加え,サービスの要件やリソース状況に合わせて柔軟かつ自律的に運用可能であ... [more] PN2022-2
pp.9-13
RCS 2022-04-22
13:45
大阪 大阪大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]都市部の鉄道駅における線路巡視・運転支援業務の高度化に向けたローカル5Gの活用
札場伸和瀬山崇志安田 力山内真二富士通RCS2022-10
本発表では,令和3年度の総務省公募である「課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」において採択された,案件「ロー... [more] RCS2022-10
p.47
MSS, NLP
(共催)
2022-03-29
15:45
ONLINE オンライン開催 PC操作ログによる作業の切れ目推定技術の提案
山本里奈坂巻慶行角田忠信山口純平兒島 尚富士通MSS2021-80 NLP2021-151
近年,テレワーク中心の働き方が広まっている.従来のオフィスにおける働き方では作業の切れ目に会話が発生することが多かった.... [more] MSS2021-80 NLP2021-151
pp.133-138
AP 2022-03-10
10:20
ONLINE オンライン開催 920MHz帯における薄型電波吸収体の研究
加藤 駿今野佳祐陳 強東北大)・根岸毅人平野義明山田康寛テイジンAP2021-182
 [more] AP2021-182
pp.6-11
NS, IN
(併催)
2022-03-10
11:00
ONLINE オンライン開催 Payment Channel Networkにおけるサプライチェーン情報と連動した経路制御方式の検討
西間木 哲宮前 剛小櫻文彦中村允一岡部貴之岡 達也須加純一森永正信富士通NS2021-131
近年,ブロックチェーンの低いトランザクションスループットや高額な手数料の問題を解決するために,Payment Chann... [more] NS2021-131
pp.53-58
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2022-03-11
11:00
ONLINE オンライン開催 "実質的"100%に向けて;文書認識のための品質保証フレームワーク
田中 宏富士通PRMU2021-79
L(深層学習)技術の発展によりOCRの認識精度は格段に向上している.しかし一方,DLベースのソフトウェアは動作誤りが避け... [more] PRMU2021-79
pp.121-126
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2022-03-11
14:30
ONLINE オンライン開催 並列計算機における自動チューニングを用いた通信最適化
胡 曜平澤将一情報研)・本田 巧長坂侑亮福本尚人富士通)・鯉渕道紘情報研CPSY2021-61 DC2021-95
本報告では,並列計算機におけるMPI並列プログラムの通信に関する自動チューニングを探究する.アプリケーション毎にMPIの... [more] CPSY2021-61 DC2021-95
pp.97-102
MICT, EMCJ
(併催)
2022-03-04
13:05
ONLINE オンライン開催 機械学習を活用した体調変調検知における介護現場感染症対策の取り組み
渡邊祥太・○蔦谷雄一長島久美子長坂知美富士通)・杉本千佳小林 匠横浜国大)・河野隆二YRP-IAIMICT2021-106
日々のバイタルデータを基にしたAIを利用した人間の体調変調検知について,COVID-19感染拡大により益々期待が高まって... [more] MICT2021-106
pp.29-33
LOIS 2022-03-03
14:50
ONLINE オンライン開催 香川大学の業務システム内製開発と生成データ可視化の取り組み
石川颯馬香川大院)・山田 哲香川大院/リコー)・浅木森浩樹リコー)・末廣紀史武田啓之八重樫理人香川大LOIS2021-44
香川大学情報メディアセンターは,DXを推進すべく「DX化推進部門」,「DXラボ」,「DXプロジェクトチーム」を組織した.... [more] LOIS2021-44
pp.28-33
CNR, BioX
(共催)
2022-03-04
15:20
ONLINE オンライン開催 Model Generalization for Presentation Attack Detection using Layer Removal Transfer Learning
Lina SeptianaHidetsugu UchidaTomoaki MatsunamiNarishige AbeShigefumi YamadaFujitsuBioX2021-55 CNR2021-36
 [more] BioX2021-55 CNR2021-36
pp.45-50
LOIS 2022-03-03
17:30
ONLINE オンライン開催 ノーコード/ローコードプラットフォームの活用によるシステムリファクタリングを支援する手法の提案
西村和馬山田 哲香川大院)・浅木森浩樹リコー)・八重樫理人香川大LOIS2021-43
漸進型開発とは,システムを独立性の高いモジュールや機能に分割して開発おこない,その改良を繰り返すことで,システムの性能や... [more] LOIS2021-43
pp.22-27
US 2022-02-24
13:30
ONLINE オンライン開催 機械走査により得られた高周波数超音波データに対する合成開口焦点技術の適応
井上大和菅野尚哉新楯 諒石井琢郎東北大)・小林和人本多電子研究部)・西條芳文東北大US2021-69
皮膚内部微小構造の形態学的観察に超音波顕微鏡が注目されている.本研究では,75 MHz超音波トランスデューサを用いた超音... [more] US2021-69
pp.1-5
 778件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会