お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5170件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SIS, ITE-BCT
(連催)
2022-10-14
10:20
青森 八戸工業大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
3D CG から得られる画像を訓練入力とする 3D パーツ分類の精度向上に関する研究
冨田陽一井上 尊竹松幹生花城志帆明大)・学多晃司山田悦志刈谷 葵デジタル総合印刷)・紀之定正一北出雄二郎真生印刷株)・宮本龍介明大
 [more]
NC, MBE
(併催)
2022-09-29
16:30
宮城 東北大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
生体信号と主観評価を用いたアイマスクの快適性への影響要因の解析
小島千奈横山清子名市大)・小嶌美佐子林 大稀中村洸平河原ゆう子東邦ガス
 [more]
ITS, IEE-ITS, IPSJ-ITS
(連催)
2022-09-16
13:40
東京 ワイム貸会議室 お茶の水 RoomD
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
超音波バースト信号のための複数センサを用いた周波数読み取りに関する検討
松嶋俊暁羽多野裕之眞田耕輔森 香津夫三重大)・辻井明日香笠島 崇日本特殊陶業)・山里敬也名大
 [more]
AP, MW
(併催)
2022-09-14
11:00
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Double convex lens for marine retro-reflector application
Derek GrayGlasgow Uni)・John ThorntonAR Ltd.)・Julien LeKernecGlasgow Uni
 [more]
AP, MW
(併催)
2022-09-14
11:35
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
直列給電アレーアンテナにおける反射特性の改善と長線路効果の抑圧 ~ 28GHz帯垂直偏波アンテナの設計 ~
東 右一郎小林敏幸日本電業工作
 [more]
AP, MW
(併催)
2022-09-14
12:00
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
八木・宇田アンテナの低サイドローブレベル化に関する検討
木村泰子井上祐樹NTTドコモ)・曽我智之水村 慎日本電業工作)・新井宏之横浜国大
 [more]
NLC 2022-09-13
13:20
神奈川 慶應義塾大学 矢上キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
単語の分散表現と意味的なベクトル演算に基づく関連キーワード推定
瀬川 修中部電力)・村上一彦中電CTI
 [more]
MVE 2022-09-09
10:00
東京 東京大学 本郷キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Presentation Slide Assessment System using Visual and Semantic Segmentation Features
Shengzhou YiUTokyo)・Junichiro MatsugamiRubato)・Toshihiko YamasakiUTokyo
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS, IN, CS, NV
(併催)
2022-09-02
09:15
岩手 マリオス(盛岡地域交流センター)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
自律ネットワークにつながる自律移動ロボットを用いる映像サービスの実現の検討
山本秀樹岩下将人OKI)・金田悠作Leon WongRMI)・浦野健太米澤拓郎河口信夫名大
 [more]
PN 2022-08-29
13:00
北海道 ハイランドふらの
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]多様化する未来を見据えた大容量・低消費電力・低コストを実現する光アクセス網伝送技術の開発
鹿嶋正幸OKI
 [more]
PN 2022-08-29
13:50
北海道 ハイランドふらの
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]空孔コアファイバを用いた革新的光リンク
武笠和則古河電工
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SWIM, SC
(共催)
2022-08-26
10:40
ONLINE オンライン開催 Minimum viable testing of multiple IaC templates when pushing to CI towards rapid development of infrastructure
Santosh MauryaArai YusukeHiroshi NasuHitachi Ltd.
 [more]
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2022-08-25
16:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]80µmクラッド被覆細径光ファイバを用いた高密度ケーブル
松尾昌一郎山城健司辻本悠介村田 暁中間章浩山中耕太石川隆朗大里 健フジクラOCS2022-16
(事前公開アブストラクト) 光ファイバの被覆細径化は超高密度ケーブルの実現の有効な手段の一つである.これまでも被覆径を2... [more] OCS2022-16
pp.7-12
LSJ
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2022-08-26
14:15
ONLINE オンライン開催 ヘテロコア光ファイバストレインゲージによる温度計測法の検討
山崎大志佐々木博幸コアシステムジャパン)・渡辺一弘創価大OFT2022-17
(事前公開アブストラクト) 異径コアのファイバを融着接続することで構成されるヘテロコア光ファイバは、ゲージ基材の歪をヘテ... [more] OFT2022-17
pp.56-59
AP 2022-08-19
10:30
栃木 栃木県産業会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
端部GNDの追加によるパッチアンテナの指向性向上
小村 良山田良樹村田製作所AP2022-64
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] AP2022-64
pp.1-5
AP 2022-08-19
11:20
栃木 栃木県産業会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
28GHz帯ローカル5Gへの応用に向けた2連素子異常反射ホイヘンスメタサーフェスの検討
ホンナラ タナン佐々木隆吉白澤嘉樹佐々木克守佐藤啓介大島一郎電気興業)・長 敬三千葉工大)・道下尚文防衛大)・中林寛暁千葉工大AP2022-66
 [more] AP2022-66
pp.11-16
ED, IEE-BMS, IEE-MSS
(連催)
2022-08-18
14:55
東京 機械振興会館 (ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン) イオン液体供給型物理リザバーデバイスにおける学習精度の雰囲気依存性
米澤雅陽東京理科大/産総研)・島 久産総研)・松尾拓真東京理科大/産総研)・内藤泰久秋永広幸産総研)・伊藤敏幸豊田理研)・野上敏材鳥取大)・小林正和東京理科大/長瀬産業)・木下健太郎東京理科大ED2022-20
昨今, 情報化社会の著しい発展をさらに加速するための情報処理技術として, エッジコンピューティングが関心を集めている. ... [more] ED2022-20
pp.13-16
SANE 2022-08-18
15:55
北海道 室蘭市生涯学習センター きらん
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
指向性を有した点波源散乱モデルの研究
高岡峻一日本無線)・小林弘一波動システム研SANE2022-39
 [more] SANE2022-39
pp.32-37
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2022-08-08
15:20
ONLINE オンライン開催に変更 現地開催(北海道大学百年記念会館)は中止 フリップチップパッケージングにおける裏面電圧擾乱印加とICチップ応答の評価
弘原海拓也河合航平長谷川陸宇神戸大)・村松菊男e-SYNC)・長谷川 弘澤田卓也福島崇仁金銅 恒メガチップス)・三木拓司永田 真神戸大SDM2022-40 ICD2022-8
半導体ICの実装技術は小面積化が求められ、フリップチップ実装が一般的となっている。しかし、IC裏面が露出することであらゆ... [more] SDM2022-40 ICD2022-8
pp.27-30
US 2022-07-29
16:00
福岡 九州大学 筑紫キャンパス 振動解析による固体基板上の液滴物性測定
石田 聡井賀充香日本ペイントコーポレートソリューションズ)・美谷周二朗酒井啓司東大US2022-27
 [more] US2022-27
pp.36-39
 5170件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会