お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE 2022-03-09
13:00
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 初級者を対象としたプログラミング試験のためのシステムについて
田辺良則鶴見大)・萩谷昌己東大KBSE2021-42
著者らは,Presburger算術に基づいたプログラミング言語を用いて,プログラミング初級者に対する試験における自動採点... [more] KBSE2021-42
pp.7-11
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2022-03-08
09:30
ONLINE オンライン開催 視覚障害者情報提供施設における事業内容の現状調査
松田七海鶴見大)・元木章博鶴見大/東北大WIT2021-43
視覚障害者に対して情報提供を行っている施設として,視覚障害者情報提供施設がある.しかし,現状の事業内容と同組織の設置根拠... [more] WIT2021-43
pp.1-6
MI 2022-01-27
13:28
ONLINE オンライン開催 5-ALAによる蛍光画像と深層学習に基づく初期口腔がん診断に関する研究 ~ GANを用いた蛍光画像の自動生成とCNNを用いた自動的な進行度分類方法の検討 ~
藤元太郎早大)・福沢栄治早大/矢崎総業)・舘原誠晃里村一人鶴見大)・大谷 淳早大MI2021-76
口腔がんの初期病変は専門医でも発見が難しい場合が多いため,潜在的な口腔がん患者を発見するためのスクリーニング手法の確立が... [more] MI2021-76
pp.135-140
KBSE 2021-03-05
14:05
ONLINE オンライン開催 ネットワークシミュレータを組み込んだモデルベーステスト環境
福田昂祐東大)・田辺良則鶴見大)・萩谷昌己東大KBSE2020-36
IoTデバイスの応用が広がっている。環境内の振る舞いをテストするモデルベーステストはIoTデバイスに適したテスト手法のひ... [more] KBSE2020-36
pp.13-18
KBSE 2021-03-06
11:05
ONLINE オンライン開催 試験問題の自動採点が行えるプログラミング言語の検討
田辺良則鶴見大)・萩谷昌己東大KBSE2020-42
多人数が受験する試験でプログラミングの問題を出題する時,
自動採点が行えると便利である.
入力とその正解を多数用意し... [more]
KBSE2020-42
pp.48-53
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-15
13:00
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂
(開催中止,技報発行あり)
公共図書館等における障害者向け資料団体貸出サービスの調査 ~ 高知県の事例 ~
井上美紀鶴見大)・元木章博鶴見大/東北大WIT2019-61
近年,障害者差別解消法や読書バリアフリー法の施行により,公共図書館において読書に障害のある人々へ向けたサービスの実施が求... [more] WIT2019-61
pp.147-150
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2020-03-15
13:25
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂
(開催中止,技報発行あり)
点字図書館等による視覚障害者等向けアウトリーチの現状調査
松田七海鶴見大)・元木章博鶴見大/東北大WIT2019-62
図書館の利用に障害のある人々へのサービスは,近年の障害者差別解消法や読書バリアフリー法制定等により,さまざまな取り組みが... [more] WIT2019-62
pp.151-154
ET 2020-03-07
15:20
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
晴眼点字学習者の学習動機を構成する因子に関する研究
星野ゆう子鶴見大)・元木章博鶴見大/東北大ET2019-85
本論では,晴眼者が点字を学習する際の動機を構成する因子について明らかにすることを目的として,アンケート調査を行なった.ア... [more] ET2019-85
pp.53-58
KBSE 2020-01-25
15:25
東京 機械振興会館 仮想時間とデバイスの状態分布によるIoTソフトウェアのためのモデルベーステストの高速化
田辺弘太郎東大)・田辺良則鶴見大)・萩谷昌己東大KBSE2019-44
Modbatはモデルベーステストを行うツールであり、拡張有限状態オートマトンを用いてモデリングを行う。本研究では、Mod... [more] KBSE2019-44
pp.37-42
ET 2019-05-18
13:35
富山 富山大学 晴眼点字学習者に対する点字器を用いた実習の効果に関する検討
星野ゆう子鶴見大)・元木章博鶴見大/東北大ET2019-6
本論では,晴眼者が点字を学習する際の点字器を用いた実習の効果について評価を行なった.実験対象者を,実習を行なう群(実験群... [more] ET2019-6
pp.33-36
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2019-03-08
10:50
茨城 筑波技術大学春日キャンパス講堂(予定) 利用者ニーズに応じたマルチメディアDAISY図書の製作者ネットワーク構築へ向けた調査
井上美紀元木章博鶴見大WIT2018-65
近年,公共図書館におけるプリント・ディスアビリティを持つ人へのサービス充実が求められている.利用者からは,図書のマルチメ... [more] WIT2018-65
pp.11-14
KBSE 2019-01-26
10:05
東京 国立情報学研究所 モデルベーステストツールModbatによるIoTソフトウェア検証に向けて
田辺弘太郎東大)・田辺良則鶴見大)・萩谷昌己東大KBSE2018-44
Modbatは,モデルベーステストを行うツールであり,拡張有限状態オートマトンを用いてモデリングを行う.
Modbat... [more]
KBSE2018-44
pp.9-14
KBSE 2019-01-26
17:05
東京 国立情報学研究所 ニューラルネットワークを用いた図書の自動分類
杉山治紀田辺良則鶴見大KBSE2018-53
日本における図書などに付与される分類記号であるNDCを自動分類する研究において、機械学習法を適用した研究は多く存在する。... [more] KBSE2018-53
pp.61-66
MI 2019-01-23
11:25
沖縄 沖縄県青年会館 顎口腔領域のCT画像における金属アーチファクト低減を用いた筋骨格セグメンテーション
森谷友香Fatemeh Abdolali阪本充輝大竹義人奈良先端大)・重田優子井川知子三島 章小川 匠鶴見大)・佐藤嘉伸奈良先端大MI2018-93
 [more] MI2018-93
pp.139-142
WIT 2018-08-09
14:00
長野 長野市生涯学習センター 公共交通機関における聴覚障害者を対象とした情報受発信方法の即時性に関する調査
庵原奈津希元木章博鶴見大WIT2018-12
 [more] WIT2018-12
pp.1-4
WIT 2018-06-09
16:30
神奈川 鶴見大学(横浜) 国立大学のバリアフリーマップにおける掲載情報に関する調査研究
増渕 凜瀬川友生星野ゆう子元木章博鶴見大WIT2018-6
障害者に対する合理的配慮の一つとして,バリアフリーマップの提供がある.しかし,バリアフリーマップの掲載情報に関する調査報... [more] WIT2018-6
pp.27-30
WIT, IPSJ-AAC
(連催)
2018-03-09
15:30
茨城 筑波技術大学 公立図書館のWebページにおける障害者向け資料に関する掲載情報の調査
荒木孝介元木章博鶴見大WIT2017-72
日本図書館協会が作成した「図書館における障害者差別解消のガイドライン」(2016)において,障害者向け資料の提供方法の一... [more] WIT2017-72
pp.73-76
WIT 2017-08-28
14:15
秋田 秋田大学理工学部 順序効果を踏まえた点字鏡像関係の直感的理解を助ける表示方法に関する実験
星野ゆう子元木章博鶴見大WIT2017-15
星野・元木(2017)は,点字学習支援システムの利用者に対して,鏡像関係の直感的理解を助ける表示方法を決定するため,点字... [more] WIT2017-15
pp.7-10
WIT 2017-08-28
14:40
秋田 秋田大学理工学部 誤答分析による点字学習者の「つまずき」の明確化
元木章博星野ゆう子鶴見大WIT2017-16
本論では,点字学習者の“つまずき”を明確化するために,テストの誤答分析を実施した.学習者の解答過程を5つのステップに分け... [more] WIT2017-16
pp.11-14
WIT 2016-03-05
15:50
茨城 筑波技術大学春日キャンパス(つくば) 問題推薦機能を活用した点字学習支援システムの開発と評価
元木章博畑中大吾伊藤和彦黒川萌香柳澤靖夫鶴見大WIT2015-109
本論は,視覚障害者の支援者として図書館司書や福祉職に就く学習者に対し,点字の学習支援システムを開発し,評価することを目的... [more] WIT2015-109
pp.117-120
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会