お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 594件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ 2023-11-24
14:25
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
超軽量電磁波吸収体のCNT表面の絶縁化処理による吸収性能向上技術の基礎検討
岩渕まひろ東大)・室賀 翔東北大)・金子千明日髙貴志夫山形大)・伊藤 彰PID)・上野智永名大)・田中元志荒井真世三上貴大秋田大)・川崎 治JAXA
 [more]
EMCJ 2023-11-24
14:50
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
5G通信に向けた建築外皮を利用したアンテナの基礎検討
廣田侑大日髙貴志夫山形大)・鈴木陽平IG
 [more]
NLP, CAS
(共催)
2023-10-06
14:50
岐阜 ワークプラザ岐阜 サブスレッショルド領域で動作するアップダウンカウンタを用いたPWM加算回路の設計と評価
阿部 岳アンドリノ ロベルト二瓶匠充原田知親山形大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NLP, CAS
(共催)
2023-10-06
15:10
岐阜 ワークプラザ岐阜 周波数逓倍回路による変換分解能向上を目指したPWM/Digital変換器の研究
張 鶴アンドリノ ロベルト原田知親山形大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RECONF 2023-09-14
16:40
東京 東京農工大学 小金井キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ベクトルレジスタ共有機構による高速データ転送を活用したハードウェア・アクセラレータの実装と評価
赤松 豪田中友章東京農工大)・田中清史北陸先端大)・長名保範熊本大)・三好健文わさらぼ)・多田十兵衛山形大)・中條拓伯東京農工大RECONF2023-24
ベクトルプロセッサは多数のデータのロード,演算の並列実行が可能である.
アクセラレータへの高速なデータ転送方法として本... [more]
RECONF2023-24
pp.18-19
RECONF 2023-09-15
13:25
東京 東京農工大学 小金井キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
大量データ転送に向けたベクトルレジスタ共有機構を用いたハードウェア・アクセラレータの実装と評価
加藤倫也田中友章東京農工大)・田中清史北陸先端大)・長名保範熊本大)・三好健文わさらぼ)・多田十兵衛山形大)・中條拓伯東京農工大RECONF2023-29
ベクトルレジスタ共有機構は,ベクトルプロセッサ中のベクトルレジスタの一部とアクセラレータとを接続することでデータ転送を行... [more] RECONF2023-29
pp.40-45
ET 2023-09-08
11:20
大阪 大阪公立大学(中百舌鳥キャンパス)+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ロジック構成躓き把握支援のためのプログラミング演習における模索痕跡分析手法
川崎満広大波 奨福島大)・大沼 亮津田塾大)・中山祐貴山形大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2023-17
プログラミング教育の実施機会が広がり,指導の充実が求められている.プログラミング演習において的確な指導を行うためには,学... [more] ET2023-17
pp.23-28
HCS 2023-08-26
13:30
兵庫 関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ユーザの表情の感情情報を用いた音声対話システム
細田尚輝小坂哲夫山形大HCS2023-52
近年, 音声対話システムの向上に伴い, 音声対話をインターフェースとしたシステムが多く普及してきた. しかし, 音声対話... [more] HCS2023-52
pp.53-57
SCE 2023-08-08
10:00
神奈川 横浜国立大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高温超伝導体を用いたNMRのための高Q値RFコイルの開発
藤田貴紀山梨大/JEOL Ltd.)・作間啓太關谷尚人山梨大)・豊島克幸JEOL Ltd.)・大嶋重利山形大SCE2023-2
本研究では核磁気共鳴(NMR)装置のための高温超伝導体(HTS)を用いたRFコイル(HTSコイル)の設計精度を改善するた... [more] SCE2023-2
pp.6-10
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2023-08-02
14:45
北海道 北海道大学 情報教育館 3F
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
センサ・回路設計の共通プラットフォーム素子としての多端子MOSFET
原田知親山形大SDM2023-47 ICD2023-26
本研究では、本研究室で以前からセンサ・回路素子として研究開発されている長方形タイプ多端子MOSFETと8角形タイプ多端子... [more] SDM2023-47 ICD2023-26
pp.56-59
WPT, EMCJ, EMD
(併催)
2023-07-21
13:30
東京 機械振興会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CNT層を有するシート材料の電磁波吸収性能の向上に関する基礎検討
金子千明日髙貴志夫山形大)・根本純司北越コーポレーションEMCJ2023-31
カーボンナノチューブを用いた近傍界・遠方界ノイズ対策用の電磁波吸収・ノイズ抑制の性能向上を目的に, 紙をベースにしたシー... [more] EMCJ2023-31
pp.13-16
RCC, ISEC, IT, WBS
(共催)
2023-03-15
11:50
山口 山口大学常盤キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
グラフスペクトルを用いたグラフに対するステガノグラフィ
川口和久豊永憲治豊橋技科大)・高橋茶子山形大)・中井雄士鈴木幸太郎豊橋技科大IT2022-116 ISEC2022-95 WBS2022-113 RCC2022-113
ステガノグラフィとは,メッセージを別の情報媒体に埋め込むことで,メッセージを通信していること自体を隠すことを目的とした技... [more] IT2022-116 ISEC2022-95 WBS2022-113 RCC2022-113
pp.305-312
ET 2023-03-15
14:00
徳島 徳島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
スライドデータと聴衆の無意識反応の分析に基づいたプレゼンテーション中の問題箇所推定
齋藤 皓福島大)・中山祐貴山形大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2022-88
研究活動などの成果や進捗状況を伝える手段としてプレゼンテーションは重要な存在である.特に,スライドを用いたプレゼンテーシ... [more] ET2022-88
pp.178-183
ET 2023-03-15
14:25
徳島 徳島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Webニュースに対する意見動向と議論要点の把握を重視した議論視覚化
若林大樹福島大)・中山祐貴山形大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2022-89
近年,Web環境において議論や意見発信を行う機会が増加している.この種の議論を正しく理解するためには,議論の結果だけでは... [more] ET2022-89
pp.184-188
ET 2023-03-15
14:50
徳島 徳島大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
検討経緯理解支援のための研究文書推敲文脈の視覚化
大波 奨福島大)・大沼 亮津田塾大)・中山祐貴山形大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2022-90
研究活動は,一般に,調査,議論,成果発表,論文執筆など複数の作業の積み重ねにより遂行する.これらの作業を上手く遂行するた... [more] ET2022-90
pp.189-194
NC, MBE
(併催)
2023-03-13
16:30
東京 電気通信大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
多次元有向コヒーレンスと機械学習を利用した脳波による情動推定
鳥居暖華島田尊正東京電機大)・阪田 治東京理科大)・深見忠典山形大MBE2022-60
本研究では,脳波を用いた情動推定手法について検討した.表情画像を被験者に呈示して4種類の情動を引き起こし,その間の脳波を... [more] MBE2022-60
pp.9-12
MRIS, IEE-MAG
(連催)
2023-03-03
13:30
ONLINE オンライン開催 窒素添加と化学結合状態制御に基づくFe-AlおよびFe-B合金膜の低磁歪化
今村光佑大竹 充佐藤公泰前田悠良川井哲郎二本正昭横浜国大)・稲葉信幸山形大MRIS2022-28
 [more] MRIS2022-28
pp.1-6
CPM 2023-02-28
09:05
東京 東京工科大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
原子層堆積法を用いた酸窒化亜鉛薄膜の試作と評価
田﨑太一齋藤健太郎鹿又健作三浦正範有馬 ボシール アハマンド廣瀬文彦山形大CPM2022-85
 [more] CPM2022-85
pp.1-4
CPM 2023-02-28
09:35
東京 東京工科大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
室温原子層堆積法を用いた酸化鉄薄膜の試作と評価
大西凌二齋藤健太郎鹿又健作三浦正範有馬ボシールアハンマド廣瀬文彦山形大CPM2022-87
 [more] CPM2022-87
pp.9-11
CPM 2023-02-28
09:50
東京 東京工科大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
室温原子層堆積法を用いたアルミニウムシリケート薄膜の試作と評価
竹田響綺宮澤 諒鹿又健作三浦正範有馬ボシールアハンマド久保田 繁廣瀬文彦山形大CPM2022-88
 [more] CPM2022-88
pp.12-15
 594件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会