お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 39件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-29
16:35
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イジングマシンを繰り返し用いるイテレーティブアニーリング手法と組合せ最適化問題の評価
深田佳佑早大)・パリジ マチュー早大/富士通)・富田憲範富士通)・戸川 望早大VLD2022-36 ICD2022-53 DC2022-52 RECONF2022-59
 [more] VLD2022-36 ICD2022-53 DC2022-52 RECONF2022-59
pp.99-104
NLC 2021-02-18
16:30
ONLINE オンライン開催 ドメイン視点を追加した営業活動における事例探索ツールの検討
菅原茉莉子小野寺佐知子富士通研NLC2020-28
近年の顧客DXを支援するITベンダーの営業活動では, 顧客自身が明確な課題を持っていない場合があり, 営業は顧客の業種や... [more] NLC2020-28
pp.31-36
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2020-05-15
14:55
ONLINE オンライン開催 クラウドにおける障害影響把握のためのIaaS構成のフルスタック可視化
麻岡正洋近藤玲子鈴木和宏渡辺幸洋富士通研ICM2020-6
クラウドサービス、特にIaaS(Infrastructure as a Service)は近年広く使われている。そのIa... [more] ICM2020-6
pp.31-36
NS 2020-04-16
- 2020-04-17
ONLINE オンライン開催 コンテキストをつなぐネットワーキング(その5)
加藤正文久保田智規吉田英司麻野克仁富士通研)・小島祐治山岸友一富士通NS2020-1
我々は、対象者の特徴を抽象化した静的な「プロファイル」と対象者を取り囲む動的な「コンテキスト」を理解することで、対象者に... [more] NS2020-1
pp.1-6
LOIS 2020-03-12
10:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
運用手順における分岐条件の作業履歴からの抽出
堀田勇次小野寺佐知子富士通研LOIS2019-71
 [more] LOIS2019-71
pp.85-90
NS 2019-04-19
14:15
鹿児島 天文館ビジョンホール ユーザプライバシを考慮したアイデンティティ流通システムの検討
堀井基史鈴木 大高 健二川崎 健今井悟史富士通研NS2019-18
サービス利用者は,サイバー空間においてサービスを利用するために,自身の名前や住所といったデータをサービスに公開し身元を確... [more] NS2019-18
pp.103-106
IN, NS
(併催)
2019-03-05
11:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター ブロックチェーンを応用したデータ流通ネットワーク技術における相互接続性の拡張
栗田敏彦鈴木 大山口雅人今井悟史富士通研NS2018-253
様々な組織や個人が保有するデータを,企業や業種を超えて相互に活用し,新たなサービスを創出するデジタルトランスフォーメーシ... [more] NS2018-253
pp.355-360
NS 2019-01-18
13:05
長崎 長崎県美術館 サプライチェーンネットワークにおけるトレーサビリティ提供の一検討
川崎 健堀井基史栗田敏彦今井悟史富士通研NS2018-185
今日の複雑化したサプライチェーンのネットワークにおいて、トレーサビリティの確保は、サプライチェーンに関わるプレイヤーにと... [more] NS2018-185
pp.41-46
LQE, OPE, SIPH
(共催)
2018-12-07
13:30
東京 慶應義塾大学 [招待講演]IoT社会の進展を支えるシリコンフォトニクス技術
田中 有富士通研OPE2018-134 LQE2018-144 SIPH2018-50
 [more] OPE2018-134 LQE2018-144 SIPH2018-50
pp.189-191
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2017-06-09
11:35
宮城 東北大学 マイクロマグネティックシミュレーションの高速化とスピントルクデバイスへの応用
安宅 正古屋篤史田中智大吉田親子清水香壱藤崎 淳上原裕二富士通(株))・大島弘敬(株)富士通研究所
 [more]
RCS, IN
(併催)
2013-05-16
13:30
東京 機械振興会館 [招待講演]LTE/LTE-Advancedヘテロジニアスネットワークにおけるスモールセル設計手法
関 宏之小林崇春木村 大富士通研IN2013-15 RCS2013-25
増大を続けるモバイルトラヒックへの対策として,マクロセル内に複数のスモールセル(ピコ基地局)を高密度にオーバレイするヘテ... [more] IN2013-15 RCS2013-25
pp.19-24(IN), pp.13-18(RCS)
ICM 2013-03-15
15:10
鹿児島 屋久島環境文化村センター リモートサイトでのTCPパッシブ計測による3G/LTE無線品質推定方式
岡田純代野村祐士富士通研ICM2012-77
本稿では,3G/LTEの自動再送機能に着目し,その再送の特徴を利用したTCPのパケット間隔解析による無線区間品質推定方式... [more] ICM2012-77
pp.107-112
ED, LQE, CPM
(共催)
2012-11-29
15:50
大阪 大阪市立大学 原子層堆積Al2O3を用いた絶縁ゲート型GaN-HEMTの閾値シフト低減
尾崎史朗多木俊裕金村雅仁今田忠紘中村哲一岡本直哉宮島豊生吉川俊英富士通研ED2012-75 CPM2012-132 LQE2012-103
高効率スイッチング素子等、電源用途で使用される絶縁ゲート型窒化ガリウム(GaN)高電子移動度トランジスタ(HEMT:Hi... [more] ED2012-75 CPM2012-132 LQE2012-103
pp.41-44
MW 2012-03-01
14:15
佐賀 佐賀大学 The New RF Modulator Schemes for Wide Band Signals
Alexander N. LozhkinMichiharu NakamuraFujitsu LabsMW2011-176
 [more] MW2011-176
pp.47-52
LQE 2011-12-16
11:20
東京 機械振興会館 高温(220℃)における1300 nm帯量子ドットレーザの連続発振
影山健生QDレーザ)・西 研一QDレーザ/東大)・山口正臣富士通研)・持田励雄QDレーザ/東大)・前多泰成武政敬三QDレーザ)・田中 有富士通研)・山本剛之QDレーザ/富士通研/東大)・菅原 充QDレーザ/東大)・荒川泰彦東大LQE2011-126
高温環境下での半導体レーザ発振動作は,厳しい条件下(宇宙,地中)でのセンシング等実現のために重要であり、特に波長が長波長... [more] LQE2011-126
pp.17-20
CPM, OPE, LQE, EMD
(共催)
2011-08-26
13:30
北海道 北海道大学 創成科学研究棟 5階 大会議室 波長1.27μm帯高密度量子ドットDFBレーザの研究開発
高田 幹東大)・田中 有富士通研/QDレーザ)・松本 武富士通研)・近藤勇人持田励雄前多泰成山口正臣影山健生武政敬三西 研一QDレーザ)・中田義昭山本剛之富士通研/QDレーザ)・菅原 充QDレーザ)・荒川泰彦東大EMD2011-53 CPM2011-97 OPE2011-88 LQE2011-51
光アクセス系で導入が進められている10G-EPONなどの次世代10ギガビット級PON (Passive Optical ... [more] EMD2011-53 CPM2011-97 OPE2011-88 LQE2011-51
pp.109-112
CNR 2011-08-25
10:00
北海道 北海道大学 情報科学研究科棟 11階 大会議室 RSi-Cloud:RSNPを利用した研究開発環境の構築
加藤由花泉井 透産技大)・村川賀彦岡林桂樹植木美和富士通研)・土屋陽介成田雅彦産技大CNR2011-21
 [more] CNR2011-21
pp.61-66
PRMU 2011-03-10
11:10
茨城 産総研(つくば) 複雑背景中の多色テロップの認識方式の検討
勝山 裕富士通研)・桂 天宜Fujitsu Research and Development Center)・皆川明洋堀田悦伸富士通研PRMU2010-247
映像中の複雑背景上の多色文字列の認識手法を提案する.大量に録画されたTV番組の効率的な検索方法としてテロップ文字情報を使... [more] PRMU2010-247
pp.61-66
PRMU 2011-03-10
16:00
茨城 産総研(つくば) 二値化閾値の補正による低解像度画像に頑強な文字抽出用二値化
田中 宏藤井勇作堀田悦伸富士通研PRMU2010-254
 [more] PRMU2010-254
pp.99-104
OCS, CS
(併催)
2011-01-28
11:15
徳島 徳島大学 40GbEシリアル、40G VSR用超小型光トランシーバ
菅原茉莉子八木澤孝俊富士通/光電子融合基盤技研)・桑田直樹富士通)・角田有紀人井出 聡富士通/光電子融合基盤技研)・山本拓司富士通研)・池内 公富士通/光電子融合基盤技研OCS2010-112
(事前公開アブストラクト) 近年、多種多様なサービス収容の要求に応えるべくネットワークの伝送容量が急拡大し、光インタフェ... [more] OCS2010-112
pp.77-80
 39件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会