お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SAT, SANE
(併催)
2022-02-25
12:45
ONLINE オンライン開催 [特別講演]月宇宙機への測位・通信サービスを提供する6U-CubeSatの検討
青柳賢英福井大)・海老沼拓史中部大)・中須賀真一東大)・田中利樹ヒューストン大)・松本 健東大SAT2021-64
月面での資源探査や月近傍での観測等,様々な宇宙機の開発計画が進められている.一方,月面上のローバや月周回衛星に対するイン... [more] SAT2021-64
pp.68-72
OME 2011-05-27
13:40
東京 NTT武蔵野研究開発センター ベンゾフェノンSAM膜を用いたポリビニルカルバゾール膜のパターン形成
大塚華恵金 性湖東京農工大)・M.C.R. Triaヒューストン大)・田中邦明R.C. Advincula臼井博明東京農工大OME2011-16
エレクトロニクスルミネセンス(EL)素子をはじめとする有機デバイスでは,基板・膜界面の制御と薄膜パターン形成が重要な課題... [more] OME2011-16
pp.11-16
OME 2008-12-11
15:20
東京 機械振興会館 AFMナノリソグラフィによる導電性高分子前駆体の局所表面形状操作
小柳遼平馬場 暁大平泰生新保一成加藤景三金子双男新潟大)・ジャン グオシャンアドビンクラ リゴベルトヒューストン大OME2008-81
導電性高分子は伸縮性やドーピング効果などの様々な特徴を持ち、電子デバイスへの応用が期待されている。一方、このような電子デ... [more] OME2008-81
pp.29-32
OME 2008-01-11
13:50
東京 機械振興会館 表面重合開始蒸着重合法を用いたポリペプチド薄膜形成過程のその場観察による解析
小倉健太東京農工大)・H. デュランマックスプランク高分子科学研)・R. アドビンクラヒューストン大)・田中邦明・○臼井博明東京農工大OME2007-70
ポリペプチドは生体親和性やコンフォーメーションの多様性などから新規機能材料として興味深い。本研究では金表面に重合開始剤と... [more] OME2007-70
pp.13-18
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会