お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICM 2021-03-18
11:10
ONLINE オンライン開催 [招待講演]COVID-19感染者推移と医療リソース予測のための待ち行列シミュレーション
三好 匠山崎 託芝浦工大)・山本 嶺電通大)・谷田部智之三菱総研ICM2020-63
2020年に始まった新型コロナウィルス感染症COVID-19は,収束の気配を見せることなく全世界で猛威を振るっている.特... [more] ICM2020-63
pp.20-24
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-10
10:40
ONLINE オンライン開催 ライブ映像配信技術を使ったドローンからの森林火災監視
二瓶浩一甲斐夏季丸山侑紀山下敏明金友 大NEC)・北原貴子丸山正晃大木 孝三菱総研)・Kitso KusinSegah Hendrikパランカラヤ大SeMI2020-13
森林火災は世界中で大きな社会問題となっており,インドネシアでは2019年に52億ドルの損失が発生した.延焼を防止するため... [more] SeMI2020-13
pp.57-62
SANE, SAT
(併催)
2019-02-14
15:15
鹿児島 JAXA種子島宇宙センター [招待講演]無人航空機システム制御用通信の国際標準化動向
鞆田 健北原貴子三菱総研SAT2018-67
世界的な無人航空機システムの利用拡大に伴い,その制御用通信に関する国際的な議論も継続的に実施されている.本稿では国際電気... [more] SAT2018-67
pp.59-62
AP, SANE, SAT
(併催)
2018-07-18
16:55
北海道 北海道大学 [特別講演]衛星通信システムの世界動向
大木 孝三菱総研
 [more]
SWIM 2017-05-19
14:10
東京 機械振興会館 [特別講演]デジタル化がもたらす社会変革と価値共創
大川真史三菱総研SWIM2017-2
デジタル化により,ユーザーと企業がつながってやりとりしはじめた.この変化は,企業に対して,ユーザーが本当に得ている価値に... [more] SWIM2017-2
pp.9-10
RCS 2013-10-17
13:00
東京 上智大学 40GHz帯を用いた移動体無線通信システムのフィールド試験
塚本 薫加藤泰典梅田周作河原伸幸三菱電機)・長山博幸三菱総研)・川崎邦弘中村一城鉄道総研)・辻 宏之NICT)・岡崎彰浩石津文雄三菱電機RCS2013-149
飛行機やヘリコプタ等の航空分野や鉄道等の陸上分野における大容量移動体無線通信システムとして,40GHz帯ミリ波を用いた無... [more] RCS2013-149
pp.43-48
IA 2013-02-15
14:30
東京 機械振興会館 ネットワーク内部情報可視化を利用した消費電力削減法
持永 大早大)・小林克志理研)・後藤滋樹早大)・村瀬一郎三菱総研IA2012-84
 [more] IA2012-84
pp.83-87
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ SF映画からの近未来UIに関する考察とその効果
飯尾 淳三菱総研)・飯塚重善神奈川大)・松原幸行キヤノン
SF映画における機械と人間のインタラクションに関する表現は,近未来のUIを設計する上で参考になると考えられる.特定非営利... [more]
SANE 2012-06-29
16:35
茨城 JAXA 筑波宇宙センター レーザー方式宇宙太陽光利用システム(L-SSPS)における複数受光地化による利用効率向上検討(その2)
長山博幸三菱総研)・木皿且人吉田裕之谷島正信JAXASANE2012-24
レーザー方式宇宙太陽光利用システム(L-SSPS)による宇宙からのエネルギー伝送では,レーザーを利用しての伝送となること... [more] SANE2012-24
pp.23-26
IN, NWS
(併催)
2012-06-21
13:30
北海道 函館市民会館 消費電力観測値に基づく生活状況推定システムの設計
吉野太郎粟原孝太和泉 諭東北大)・寺邊正大三菱総研)・橋本和夫菅沼拓夫東北大IN2012-24
本論文では,ICT機器を中心とした家庭内の電気製品の消費電力観測値から対象
者の生活の様子を推定する,生活状況推定シス... [more]
IN2012-24
pp.1-6
IN, NWS
(併催)
2012-06-21
13:55
北海道 函館市民会館 電力の有効利用を実現する生活行動プランニング手法
粟原孝太吉野太郎和泉 諭東北大)・寺邊正大三菱総研)・橋本和夫菅沼拓夫東北大IN2012-25
本論文では,電力の有効利用を実現するための生活支援システムの実現に向けて,
人間の作業能率を維持しつつ実際に環境を制御... [more]
IN2012-25
pp.7-12
SANE 2011-06-24
16:05
茨城 JAXA筑波宇宙センター レーザー方式宇宙太陽光利用システム(LSSPS)における複数受光地化による利用効率向上検討
長山博幸三菱総研)・木皿且人吉田裕之谷島正信佐々木 進JAXASANE2011-44
レーザー方式宇宙太陽光利用システム(LSSPS)による宇宙からのエネルギー伝送では、レーザーを利用しての伝送となることか... [more] SANE2011-44
pp.159-162
IA 2011-02-18
10:30
東京 機械振興会館 パケット交換方式のネットワークの電力消費の評価
持永 大三菱総研/早大)・小林克志理研)・工藤知宏産総研)・村瀬一郎三菱総研IA2010-72
本研究では日本のインターネットインフラストラクチャーによって消費される電力を 2030 年まで予測する ことを目的とする... [more] IA2010-72
pp.7-10
IA 2010-12-17
13:00
東京 機械振興会館 地下 3 階 研修室 1 [招待講演]都市環境情報収集システムと施設管理の試み
吉田 薫高橋知樹中村秀治三菱総研IA2010-62
持続可能社会実現のための省エネ及び環境保護は、次代の人々及び地球のために、まさに、世界中で取組み克服しなければならない課... [more] IA2010-62
pp.25-30
IA 2009-12-18
09:05
東京 機械振興会館 グリーン東大工学部プロジェクトにおける取組みと成果
吉田 薫三菱総研)・江崎 浩東大IA2009-65
 [more] IA2009-65
pp.1-6
NLC 2009-10-16
14:05
東京 情報通信研究機構(NICT) 麹町会議室 構文規則に基づく技術論文からの比較情報抽出に関する検討
蜂谷和士東北大)・寺邊正大三菱総研)・橋本和夫東北大NLC2009-8
近年の急速なドキュメントの電子化は、学会や企業などのコミュニティにおける様々な情報共有を促進する一方で,内容分析の負荷を... [more] NLC2009-8
pp.7-12
IA 2009-07-17
15:30
東京 IIJ神保町三井ビル [特別講演]日本のインターネット通信品質の状況とその体感品質
那須宣亮北口善明脇谷康宏永見健一インテック・ネットコア)・菊池 豊高知工科大)・吉田 薫三菱総研IA2009-28
今日の日本では、全国各地にブロードバンドと呼ばれる高速なインターネット通信回線が張り巡らされている。しかし、通信速度は物... [more] IA2009-28
pp.39-42
CW
(第二種研究会)
2009-06-19 東京 日立製作所(大森) 新しいコンピューティングパラダイムにおけるユーザ・クライアントのあり方に関する一考察
飯尾 淳三菱総研)・○岡田 忠国際化JP
SaaSやクラウドコンピューティングといった新しいコンピューティングパラダイムについて言及されるとき,多くの場合はサーバ... [more]
IA 2009-01-28
11:25
東京 機械振興会館 end-to-endクロスレイヤ計測プロトコルおよびAPIの設計 ~ 開示ポリシにそったネットワーク内部情報可視化の実現 ~
小林克志産総研)・後藤滋樹早大)・村瀬一郎早大/三菱総研)・持永 大三菱総研IA2008-49
主としてトランスポート通信性能の向上を目指して、ネットワーク端末がインターネット
内部の状態を把握する手法として in... [more]
IA2008-49
pp.11-16
SITE 2006-11-02
16:35
東京 東京電機大学 サイバースペースのセキュリティに関する仮説的考察 ~ いごこちのよさを生み出すコンテンツ共有システム ~
永野 寛三菱総研)・塚原正彦常磐大
 [more] SITE2006-42
pp.33-37
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会