お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 649件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, CS
(共催)
2024-03-15
11:30
沖縄 大濱信泉記念館 障害物を考慮した次世代移動通信システムにおける基地局配置について
紅林照也田村 裕中大
 [more]
CAS, CS
(共催)
2024-03-15
14:45
沖縄 大濱信泉記念館 ニューラルネットワークにおける一様収束の探索と汎化誤差への影響
宗 先哲田村 裕中大
 [more]
IE, MVE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2024-03-15
13:10
沖縄 沖縄産業支援センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
二値画像への情報埋め込みによる二次元バーコードの高品質生成
原田大樹久保田 彰中大
 [more]
SS 2024-03-09
11:25
沖縄 石垣市健康福祉センター(沖縄)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
GPT-4を用いた対話型エージェントの開発と情報セキュリティ教育への応用
津田敦哉松崎和賢中大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
TL 2024-03-04
10:50
海外 国立清華大学(新竹・台湾)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
生体信号を利用した行動の可視化
渡邊陽紀コク ショウ中大)・上田一貴東大)・平松裕子中大)・原田康也早大)・森下美和神戸学院)・長谷川まどか宇大)・○伊藤 篤中大
 [more]
TL 2024-03-04
11:20
海外 国立清華大学(新竹・台湾)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
運転中の感情の言語化
山﨑夏乃岡庭由季中大)・羅 金山長谷川まどか宇大)・平松裕子・○伊藤 篤中大
 [more]
TL 2024-03-04
12:00
海外 国立清華大学(新竹・台湾)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
観光情報配信のBLEネットワークによる支援
コク ショウ渡邊陽紀中大)・上田一貴東大)・平松裕子中大)・原田康也早大)・森下美和神戸学院)・長谷川まどか宇大)・○伊藤 篤中大
 [more]
PRMU, MVE, VRSJ-SIG-MR, IPSJ-CVIM
(連催) ※学会内は併催
2024-01-26
10:42
神奈川 慶應義塾大学 日吉キャンパス(来往舎) 多種類の畳み込みモジュールを組み合わせたYOLOv7-tinyによる物体検出モデルの軽量化の検討
李 越東久保田 彰中大PRMU2023-45
深層学習に基づく画像上の物体検出技術は盛んに研究が行われている.近年ではモバイル端末などの小型デバイスに向けた軽量で高速... [more] PRMU2023-45
pp.32-37
ICTSSL, CAS
(共催)
2024-01-26
11:25
神奈川 東海大学(湘南キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報フローティングによる知識共有・検索システムに関する考察(第2報)
中野敬介・○宮北和之新潟大)・田村 裕中大CAS2023-101 ICTSSL2023-54
移動体同士が直接無線通信と移動することで情報を拡散しながら伝達を行うような手法は,DTN(Delay Tolerant ... [more] CAS2023-101 ICTSSL2023-54
pp.92-96
ICTSSL, CAS
(共催)
2024-01-26
11:50
神奈川 東海大学(湘南キャンパス)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
拡張されたグラフの距離彩色と色数の範囲について
田村 裕中大)・宮北和之中野敬介新潟大CAS2023-102 ICTSSL2023-55
無線通信におけるチャネル割当とグラフ理論における彩色問題は古くから関連性が示され,様々な研究がなされてきた.これまでの研... [more] CAS2023-102 ICTSSL2023-55
pp.97-100
IN 2024-01-18
16:50
愛知 愛知県産業労働センター15階 愛知県立大学サテライトキャンパス [招待講演]対話型AIのソフトウェア開発への応用 ~ ソフトウェア開発モデルとしての対話型AI ~
伊藤 篤大塚あみ中大IN2023-56
 [more] IN2023-56
pp.40-45
TL 2023-12-23
14:45
ONLINE 国立清華大学(新竹・台湾)
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
不易流行―世界遺産地域への道に見られる言語景観 ~ 経年調査結果より ~
平松裕子中大TL2023-37
不易流行という理念は俳諧の中にだけでなく,市井の街並みに掲示された言語景観にも投影されている. 日光の世界遺産地域に至る... [more] TL2023-37
pp.37-40
QIT
(第二種研究会)
2023-12-17
15:45
沖縄 沖縄科学技術大学院大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
優先順位付き探索に向けたGroverのアルゴリズムの一般化
谷 孔太中大)・竹内勇貴NTT)・土屋俊二中大
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2023-12-19
10:45
沖縄 沖縄科学技術大学院大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
連続量による量子アニーリングを用いた線形回帰
高良明日香中大)・井元隆史浦 優輝産総研)・松崎雄一郎中大
線形回帰は既知のデータ値を利用して、未知のデータを予測する教師あり学習の一つであり、データ分析
手法の一種である。近年... [more]

QIT
(第二種研究会)
2023-12-19
11:00
沖縄 沖縄科学技術大学院大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
補助量子ビットなしで実行できるBinomial codeの論理量子ビットの回転操作の提案
田中優来中大)・森 雄一朗神宮裕汰産総研)・山口愛子山本 剛NEC)・松崎雄一郎中大
Binomial 符号はボゾン系にエラー訂正能力を持つ論理量子ビットを埋め込むコードとして注目されている.しかし, Bi... [more]
QIT
(第二種研究会)
2023-12-17
17:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]Virtual entanglement distillation with virtual quantum error detection
Kaoru YamamotoYasunari SuzukiNTT)・Yuichiro MatsuzakiChuo Univ.)・Yuuki TokunagaSuguru EndoNTT
A promising approach for scalable quantum computing involves... [more]
QIT
(第二種研究会)
2023-12-17
17:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]エラー緩和手法を用いた量子アニーリング
神宮裕汰二国徹郎東京理科大)・川畑史郎産総研)・松崎雄一郎中大
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2023-12-17
17:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]カーパラメトリック発振器での量子アニーリング中の断熱性の測定法
平塚晴信中大)・森 雄一朗産総研)・松崎雄一郎中大
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2023-12-17
17:30
沖縄 沖縄科学技術大学院大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ポスター講演]量子シミュレーターを用いた高精度な虚時間発展の計算
久慈浩輝神宮裕汰二国徹郎東京理科大)・松崎雄一郎中大
これまで.誤り耐性量子コンピュータを用いて高精度に虚時間発展の計算を行う手法が数多く提案されてきた.その中でも実時間発展... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2023-12-11
- 2023-12-13
福岡 北九州観光コンベンションAIM-3F
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
表情の曖昧性に寄与する基本6感情の分析
濵野揚茂有賀敦紀中大
人の表情には曖昧なものも存在するが,どのような表情が曖昧な表情として認知されているのかについては検討されていない。そこで... [more]
 649件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会