お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 274件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2022-12-10
11:40
石川 JAIST 金沢サテライト + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数実験によるプログラミング学習時の脳波と心拍について
梅澤克之湘南工科大)・中澤 真会津大短大部)・中野美知子平澤茂一早大ET2022-47
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] ET2022-47
pp.42-47
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2022-11-30
10:45
石川 金沢市文化ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ボロノイ分割と繰り返し改善によるマスク最適化手法
野中尚貴小平行秀会津大)・高橋篤司東工大)・児玉親亮キオクシアVLD2022-41 ICD2022-58 DC2022-57 RECONF2022-64
製造プロセスの1 つである光リソグラフィの解像度を改善する技術のうち,ウェハ上に転写されるパタンの忠実性をマスク最適化に... [more] VLD2022-41 ICD2022-58 DC2022-57 RECONF2022-64
pp.127-132
IPSJ-DBS, IPSJ-IFAT
(共催)
DE
(連催) [詳細]
2022-09-09
13:50
富山 富山県民会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
NUMA環境に於ける高効用アイテムセットマイニングの並列実行方式の検討と予備実験
木村元紀早水悠登東大)・ラゲ ウダイ キラン会津大)・合田和生喜連川 優東大DE2022-9
高効用アイテムセットマイニングは、アイテムの良と利得の両方を考慮した新しいマイニング問題であり、 幅広い知識発見タスクに... [more] DE2022-9
pp.13-18
R 2022-07-29
13:30
北海道 北海道名寄市 駅前交流プラザ「よろーな」 大会議室A・B
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
A Study Ion Implanter Monitoring Based on Decision Trees/Forests
Yu-Ling LinQiangfu ZhaoUoA)・Shih-Cheng HorngCYUTR2022-9
 [more] R2022-9
pp.1-6
R 2022-07-29
13:55
北海道 北海道名寄市 駅前交流プラザ「よろーな」 大会議室A・B
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
A Comparison Study on Image Captioning by VGG and YOLO
Yan LYUQiangfu ZhaoYong LiuUoAR2022-10
 [more] R2022-10
pp.7-12
IT 2022-07-22
10:50
岡山 岡山理科大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
A study on deep learning-based cyber attack detection
Ruei-Fong HongUoA)・Shih-Cheng HorngCYUT)・Qiangfu ZhaoUoAIT2022-22
 [more] IT2022-22
pp.36-41
ET, IPSJ-CLE
(連催)
2022-06-11
14:15
愛知 名古屋工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
プログラミング学習時の脳波と心拍と表情の関係について
梅澤克之湘南工科大)・中澤 真会津大短大部)・中野美知子平澤茂一早大ET2022-5
現状の自学自習システムはあらかじめ用意された学習コンテンツを使うだけであり,学習者一人ひとりの学習状態に応じた対応はでき... [more] ET2022-5
pp.14-19
ET 2022-05-28
13:10
千葉 千葉工業大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ビジュアル型言語からテキスト型言語への移行のための中間コンテンツの提案と評価
梅澤克之湘南工科大)・石田昂大アローズ・システムズ)・中澤 真会津大短大部)・平澤茂一早大ET2022-1
近年,プログラミングの入門としてビジュアル型のプログラミング言語(以降,ビジュアル型言語と呼ぶ)が使われるようになってき... [more] ET2022-1
pp.1-7
SC 2022-05-27
09:30
ONLINE オンライン開催 Intrusion Detection Based on Machine Learning
Ruei-Fong HongQiangfu ZhaoUoASC2022-1
 [more] SC2022-1
pp.1-6
SC 2022-05-27
10:20
ONLINE オンライン開催 Ion Implanter Monitoring Based on Machine Learning
Yu-Ling LinQiangfu ZhaoUoASC2022-3
 [more] SC2022-3
pp.13-18
SC 2022-05-27
13:25
ONLINE オンライン開催 Improvement of Performance of Question and Answering System using Ontology Generation
Ayato Kuwana・○Incheon PaikUoASC2022-7
 [more] SC2022-7
pp.37-42
SC 2022-05-27
15:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]A Transformer for Long Medical Documents
Cherubin MugishaIncheon PaikUoASC2022-8
Natural language processing models are advancing technology ... [more] SC2022-8
pp.43-53
SC 2022-05-27
15:16
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演][Poster Presentation] An Experimental Study of Stable Periodic Patterns in Big Columnar Temporal Databases
Dao Ngoc HongPaik IncheonRage Uday KiranUoASC2022-10
 [more] SC2022-10
pp.55-60
SC 2022-05-27
15:19
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]Local Patterns and Benefits to Improve the Performance of Vehicle Detection System Under Difficult Driving Conditions
Nguyen Quang TuyenIncheon PaikUoASC2022-11
 [more] SC2022-11
pp.61-71
SC 2022-05-27
15:22
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]GPT-2を用いた言語翻訳のための文の補強
澤井蘭人白 寅天桑名絢士会津大SC2022-12
近年、深層学習においてデータ補強は性能向上のための重要な手法となっている。機械翻訳においても重要な手法であり、バックトラ... [more] SC2022-12
pp.72-76
SC 2022-05-27
15:25
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]GPT-2モデルでのコード特徴の追加によるコード生成の向上
佐久間大空ワン ジュンウェイ白 寅天会津大SC2022-13
 [more] SC2022-13
pp.77-82
SC 2022-05-27
15:28
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]科学的用語を含む文章の機械翻訳の精度向上
加藤 馨白 寅天会津大SC2022-14
機械翻訳は昔から翻訳の手法の一つとして研究対象になってきた。以前は辞書ベースの機械翻訳や、統計モデルを用いた機械翻訳が主... [more] SC2022-14
pp.83-87
SC 2022-05-27
15:31
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]Performance Evaluation of Twitter Classification on Pre-Trained Model by Word Embeddings
Haruki KimuraIncheon PaikUoASC2022-15
インターネットは、現代社会がこれなしには成り立たないほど、社会インフラとして活用されています。インターネットの発展ととも... [more] SC2022-15
pp.88-92
SC 2022-05-27
15:34
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]A Novel Chat-Bot using Ontology Based on GPT-2
Marika KuwabaraIncheon PaikUoASC2022-16
 [more] SC2022-16
pp.93-98
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
09:30
ONLINE オンライン開催 Click Elementを用いた同期-非同期ドメイン間インターフェース回路の検討
仙波翔吾齋藤 寛会津大VLD2021-91 HWS2021-68
本稿では,Click Elementを用いた同期ドメインと非同期ドメイン間のインターフェース回路を提案する.提案するイン... [more] VLD2021-91 HWS2021-68
pp.81-86
 274件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会