お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2022-05-13
14:55
京都 京都大学楽友会館 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
情報指向ネットワークにおける予約機能を用いた分散キャッシュ取得効率向上手法の性能評価
佐当百合野佐世保高専)・伊藤友輔東京理科大)・古閑宏幸北九州市大NS2022-20
次世代コンテンツ配信サービスとして設計されたICN(Information-Centric Networking)が注目... [more] NS2022-20
pp.65-70
ET 2022-03-04
13:00
ONLINE オンライン開催 WebXRを用いた工学実験システムの開発
満江祐人手島裕詞坂口彰浩佐世保高専)・上原信知杉本和英国立高専機構ET2021-61
本研究では,WebXRを用いた工学実験システムを開発し,実際の実験機器を準備することなく仮想空間上で工学実験を行うシステ... [more] ET2021-61
pp.59-64
ET 2022-03-04
15:20
ONLINE オンライン開催 学生間の主体的学び合いに着目したオンライン工学実験に関する一考察
坂口彰浩手島裕詞佐世保高専)・杉本和英国立高専機構ET2021-78
 [more] ET2021-78
pp.153-156
ET 2021-03-06
10:10
ONLINE オンライン開催 高専の工学実験におけるオンライン/オンデマンド型教育手法の導入を通じた効果に関する一考察
坂口彰浩手島裕詞佐世保高専)・杉本和英国立高専機構ET2020-51
工学実験のオンライン実施を通じ,実験の前後にオンデマンド学習可能な内容のみならず実際に実験室において装置や機材の操作を伴... [more] ET2020-51
pp.1-6
LOIS, IPSJ-SPT, IPSJ-GN
(連催)
2020-05-14
16:00
ONLINE オンライン開催 加速度センシングデータを用いた車椅子のアクセシビリティの評価
兼田一幸蒲原雅治志久 修佐世保高専)・小林 透長崎大LOIS2020-2
車椅子に設置した振動センサから得られる加速度データを周波数分析し,その周波数成分と時間成分 を用いて振動を表すスペクトロ... [more] LOIS2020-2
pp.7-11
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-10
14:15
大阪 I-Siteなんば(大阪) 情報指向ネットワークにおけるクラスタ化を用いたキャッシュ分散手法の提案と評価
吉田未希也北九州市大)・伊藤友輔東京理科大)・佐当百合野佐世保高専)・古閑宏幸北九州市大NS2019-46
ネットワーク内のキャッシュを用いて効率的な情報流通を実現する情報指向ネットワーク(ICN)が注目を集めている.
ICN... [more]
NS2019-46
pp.19-24
NS 2018-05-18
09:30
神奈川 横浜市教育会館 [奨励講演]バーストロス環境におけるTCPスループット改善のためのインターリーブを用いた適応型FEC手法
佐当百合野佐世保高専)・古閑宏幸北九州市大)・池永全志九工大NS2018-23
TCPを利用した通信においてパケットロスが発生した場合,特に高遅延環境下ではスループット特性は劣化する可能性が高い.これ... [more] NS2018-23
pp.47-52
OME 2012-02-17
14:25
佐賀 産総研九州センター 高周波プラズマ中の酸素種ラジカルを用いた医療用滅菌法の開発
林 信哉後藤昌昭佐賀大)・柳生義人佐世保高専)・米須 章琉球大OME2011-80
高周波酸素プラズマ中に生成される酸素ラジカルを用いて医療器材の滅菌を試みた.誘導結合型高周波アンテナを用いて大体積の酸素... [more] OME2011-80
pp.27-31
NC 2008-01-16
14:30
北海道 北海道大学(100年記念会館) 経験的モード分解を用いた見た目年齢推定
深井寛修東京農工大)・滝本裕則佐世保高専)・満倉靖恵田中聡久東京農工大)・福見 稔徳島大NC2007-108
本研究では,経験的モード分解 (EMD; Empirical Mode Decomposition) を用いて人物の顔画... [more] NC2007-108
pp.127-130
NC 2007-06-15
11:15
沖縄 沖縄科学技術研究基盤整備機構 顔画像を用いた見た目年齢解析法
深井寛修満倉靖恵東京農工大)・滝本裕則佐世保高専)・福見 稔徳島大NC2007-19
人は顔からさまざまな情報を読み取ることによりコミュニケーションを行っている.
その中でも年齢は重要な情報であり,コンピ... [more]
NC2007-19
pp.65-68
AI 2006-03-07
11:30
大阪 関西学院大学 小学生のためのIT倫理教育用マルチメディア教材開発の試み ~ ネット社会を異文化として捉えたIT倫理教材作成の検討 ~
南部幸久田崎弘章高比良秀彰三橋和彦茂木貴之佐世保高専)・高橋ちあき黒島小学校
 [more] AI2005-49
pp.13-18
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会