お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI 2022-07-09
13:30
北海道 小樽商工会議所・小樽経済センターホール(4階)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別講演]情報通信が支える医療の発展 ~ 北海道の遠隔医療からクラウドそしてAI ~
上杉正人北海道情報大MI2022-45
北海道は広大な土地に医療機関が点在し,医療の地方格差を解消するために遠隔医療が普及してきた.特にINS net64などデ... [more] MI2022-45
pp.50-52
MBE, IEE-MBE
(連催)
2022-06-17
15:50
ONLINE オンライン開催 高齢者のための歩容見守り方式の検討 ~ 慣性センサと無線通信の適用 ~
戸谷伸之北海道情報大)・北川広大八戸高専)・和田親宗九工大MBE2022-11
高齢化社会において,在宅中や屋外における転倒事故が多数発生し,重症化や転倒を恐れて外出を控えることが多くなっている.高齢... [more] MBE2022-11
p.13
PRMU 2020-09-02
10:00
ONLINE オンライン開催 トピックモデルにおけるさまざまな解の特徴分布の違いを明らかにする方法
内山俊郎甫喜本 司北海道情報大PRMU2020-8
確率的潜在意味解析及び潜在的ディリクレ配分モデルは,画像や文書などのデータ解析に有用なトピックモデルとして知られる.トピ... [more] PRMU2020-8
pp.1-6
HCS 2020-03-05
11:30
ONLINE オンライン開催 [オンライン] 顔の記憶における負の示唆性効果の頑健性とプロトタイプ効果の脆弱性 ~ 処理流暢性ヒューリスティックからの考察 ~
加藤 隆関西大)・向田 茂北海道情報大)・田中孝治金沢工大HCS2019-95
オリジナル顔の特徴部位を結合した部位結合型プロトタイプとオリジナル顔を平均化した全体融合型プロトタイプを用いて,プロトタ... [more] HCS2019-95
pp.59-64
PRMU 2019-12-19
10:30
大分 大分大学 スイッチング型マルコフモデルの食品機能性評価への応用
甫喜本 司内山俊郎北海道情報大PRMU2019-46
機能性食品が注目される中で、食品の摂取が人間の健康状態に与える影響を評価するための方法に関心がもたれている。本研究では、... [more] PRMU2019-46
pp.1-6
PRMU 2019-12-20
10:00
大分 大分大学 トピックモデルにおける解の多様性の分析方法と結果
内山俊郎甫喜本 司北海道情報大PRMU2019-54
確率的潜在意味解析及び潜在的ディリクレ配分モデルは,画像や文書などのデー
タ解析に有用なトピックモデルとして知られる.... [more]
PRMU2019-54
pp.49-54
HIP 2019-10-30
13:35
京都 京都テルサ 顔の記憶におけるプロトタイプ効果と負の示唆性効果 ~ 処理の流暢性からの考察 ~
加藤 隆関西大)・向田 茂北海道情報大HIP2019-48
本研究では別々の顔から取り出した特徴部位を新たに結合したプロトタイプ顔を用いて顔の虚記憶としてのプロトタイプ効果の持続性... [more] HIP2019-48
pp.7-12
HCS 2019-03-07
15:50
北海道 北星学園大学 顔の第一印象における目の布置と大きさ及び肌の色合いの効果 ~ 健康的な顔は魅力的か ~
加藤 隆関西大)・向田 茂北海道情報大HCS2018-73
女性の顔を対象に,顔の印象に影響を与えると思われる要因として,目の布置(上下・左右の位置)と大きさ,および肌の色合い(赤... [more] HCS2018-73
pp.37-41
PRMU, SP
(共催)
2018-06-28
16:30
長野 信州大学 トピックモデル解の多様性の分析
内山俊郎北海道情報大PRMU2018-26 SP2018-6
トピックモデルは,画像や文書などのデータ解析に有用な統計モデルとして知ら
れる.トピックモデルのパラメータ(解)を最適... [more]
PRMU2018-26 SP2018-6
pp.25-30
NLP, CCS
(共催)
2018-06-10
11:45
京都 京都テルサ 複雑ネットワーク上の公共財ゲームにおける協調と利得 ~ ダイナミックスとトポロジー変化の関係 ~
高橋拓海豊田規人北海道情報大NLP2018-44 CCS2018-17
本研究では,様々な戦略を持った繰り返し公共財ゲームについて,複雑ネットワーク上でシミュレーションを行い,裏切り戦略(投資... [more] NLP2018-44 CCS2018-17
pp.91-96
PRMU, SP
(共催)
2017-06-22
17:00
宮城 東北大学 正規化相互情報量を用いた確率的潜在意味解析解の多様性の検討
内山俊郎北海道情報大PRMU2017-31 SP2017-7
確率的潜在意味解析および潜在的ディリクレ配分モデルは,画像や文書などのデータ解析に有用なトピックモデルとして知られる.
... [more]
PRMU2017-31 SP2017-7
pp.33-38
PRMU, SP, WIT, ASJ-H
(共催)
2016-06-13
15:00
東京 NTT武蔵野研究開発センター 重み付き情報理論的クラスタリングを用いた確率的潜在意味解析の性能向上
内山俊郎北海道情報大PRMU2016-43 SP2016-9 WIT2016-9
確率的潜在意味解析および潜在的ディリクレ配分モデルは,画像や文書などのデー
タ解析に用いられている.本報告では,モデル... [more]
PRMU2016-43 SP2016-9 WIT2016-9
pp.47-52
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-09-15
10:45
愛媛 愛媛大学 非負値行列因子分解の高精度化とPLSAへの応用
内山俊郎北海道情報大PRMU2015-83 IBISML2015-43
一般化KLダイバージェンスを目的関数とする非負値行列因子分解NMFとPLSAは等価で
ある.本稿では,NMFのための... [more]
PRMU2015-83 IBISML2015-43
pp.117-122
NLP, CAS
(共催)
2014-10-16
14:15
愛媛 愛媛大学 両方向バイパスを持つラダーネットワーク上のブライスのパラドックスの考察
小倉史帆豊田規人北海道情報大CAS2014-61 NLP2014-55
 [more] CAS2014-61 NLP2014-55
pp.53-56
NLP, CAS
(共催)
2014-10-16
14:35
愛媛 愛媛大学 エゴネットワークに基づく閉路と伝搬に関する指標の関係について
坂本智晴豊田規人小倉史帆北海道情報大CAS2014-62 NLP2014-56
これまで行われてきた研究では伝搬と一般の閉路の関係についてはあまりよく分かっていない.
そこで本研究では各世代で辿り着... [more]
CAS2014-62 NLP2014-56
pp.57-62
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2014-09-01
10:30
茨城 筑波大学 競合学習を用いた非負値行列因子分解
内山俊郎北海道情報大PRMU2014-37 IBISML2014-18
非負値行列因子分解は非負値のみからなるデータの解析手法で,局所最適解への収束が保証されている分解アルゴリズム(Multi... [more] PRMU2014-37 IBISML2014-18
pp.7-12
KBSE, SS
(共催)
2011-07-29
15:45
北海道 北海道情報大学 プログラミング学習支援システムBEginer/1の開発
石塚貴浩北海道情報大SS2011-20 KBSE2011-17
 [more] SS2011-20 KBSE2011-17
pp.43-48
KBSE, SS
(共催)
2011-07-29
16:30
北海道 北海道情報大学 [招待講演]ソフトウェア・アーキテクチャ発展過程の一考察
森澤好臣北海道情報大SS2011-21 KBSE2011-18
ソフトウェア・アーキテクチャの発展の経緯を,ビジネス的側面と技術的側面を中心に,その出現の背景,経緯,そして現状を概観し... [more] SS2011-21 KBSE2011-18
pp.49-56
MI 2011-07-12
14:10
北海道 北海道大学 CT画像を用いた改良領域拡張法による脳内血腫量半自動計測の試み
北川 剛中村記念病院)・谷川原綾子北大)・藤原健祐日本福祉看護・診療放射線学院)・井上 剛中村記念病院)・西本尚樹北大)・上杉正人北海道情報大)・小笠原克彦北大MI2011-36
脳内出血の血腫量計測では,CT画像に手動で関心領域を設定するため,測定結果の変動や再現性が課題であった.また,既存の閾値... [more] MI2011-36
pp.19-23
NLP 2011-06-30
13:25
北海道 斜里町公民館ゆめホール知床 スケールフリーネットワークにおいてパロンドパラドックスはおきえるかI ~ ナイーブケースの考察 ~
豊田規人北海道情報大NLP2011-26
パロンドゲーム\cite{Parr1}においてパラドッキシカルな様相を露呈することが,\cite{Harm1},\cit... [more] NLP2011-26
pp.7-12
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会