お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE 2022-09-09
13:00
東京 東京大学 本郷キャンパス+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]博報堂DYグループが取り組むメタバースエクスペリエンス
目黒慎吾HDYMVE2022-17
メタバースやSpatial Web, Web3など次世代のインターネット空間が急速に広がりを見せています。メディア環境の... [more] MVE2022-17
p.38
DE 2021-07-24
14:40
神奈川 神奈川工科大学ITエクステンションセンター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]コロナ禍で変化するコンテンツ業界とIP(知的財産)ビジネス
寺本紀子博報堂
 [more]
MVE 2020-10-12
16:40
ONLINE オンライン開催+Gスクエア(函館)
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
企業施策における「不便益」構造の分析 ~ 「不便益」発想法の企業施策立案への活用における一考察Ⅱ ~
野坂泰生博報堂)・川上浩司京大)・小北麻記子玉川大MVE2020-26
「不便益」とは,不便であるからこそ得られる益を意味する.顧客やユーザに不便益を与えるシステムの設計方法論を構築する一環と... [more] MVE2020-26
pp.25-30
MVE 2019-08-30
09:50
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 「不便益」発想法の企業施策立案への活用における一考察
野坂泰生博報堂)・川上浩司京大)・百瀬正光博報堂)・秋山 崇ユーピー)・小北麻記子玉川大MVE2019-16
これまで主にプロダクトデザインの領域で適用されていた「不便益」―不便を見つめ直すことで使用者に主観的な益を与えるシステム... [more] MVE2019-16
pp.61-66
IPSJ-MPS, IPSJ-BIO
(共催)
NC, IBISML
(併催)
(連催) ※学会内は併催 [詳細]
2019-06-17
17:25
沖縄 沖縄科学技術大学院大学 個別の視聴行動に対する属性推定
熊谷雄介安永遼真藤井 遼道本 龍博報堂IBISML2019-10
行動情報にもとづくユーザの属性推定はマーケティングにおいて重要なタスクである.多くの既存研究では複数の行動にもとづいてそ... [more] IBISML2019-10
pp.65-71
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2016-02-23
10:00
北海道 北海道大学 カスケード型識別器と進化計算による自動最適化CNNを用いたハイブリッド画像認識
本間拓人山崎俊彦相澤清晴東大)・川崎順平茶谷亮裕進藤俊彦博報堂アイ・スタジオITS2015-75 IE2015-117
畳み込みニューラルネットワーク(CNN) はその登場以降幅広い分野で用いられ,非常に優れた性能を誇る.しかし,CNN の... [more] ITS2015-75 IE2015-117
pp.235-240
DE 2015-06-20
13:00
東京 リクルートテクノロジーズ [招待講演]Tokyo River Story 「恋する芸術と科学」ラボの取り組み
大里 学博報堂DE2015-4
 [more] DE2015-4
p.15
MVE 2005-06-03
10:45
東京 東大山上会館 物理シミュレーションによるバーチャルヒューマンの運動制御
高津 勝東工大)・長田陽介博報堂)・長谷川晶一小池康晴佐藤 誠東工大
 [more] MVE2005-4
pp.19-25
NS, IN
(共催)
2005-03-03
10:30
沖縄 残波岬ロイヤルホテル(沖縄) 小型モバイルセンサを用いたコンテキスト適応型コンテンツ配信サービスの設計と実装
林 智天川原圭博東大)・田村 大東大/博報堂)・森川博之青山友紀東大
携帯電話を通じて多くの人がいつでもどこでもさまざまなコンテンツにアクセスできるようになりつつある.これに伴い,均質なコン... [more] NS2004-226 IN2004-226
pp.149-154
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会