お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE 2023-01-20
11:15
石川 ITビジネスプラザ武蔵(金沢)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機能共鳴分析のための保証ケースの試み
山本修一郎名工科
 [more]
KBSE, SC
(共催)
2022-11-04
14:35
長野 野沢温泉 桐屋旅館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
機能アスペクト関係行列によるサービス不正分析
山本修一郎名古屋国際工科専門職大KBSE2022-33 SC2022-28
複雑な社会技術的システムを分析する手法として,6種のアスペクトを持つ機能要素間の共鳴関係をアスペクト関係によってグラフ表... [more] KBSE2022-33 SC2022-28
pp.13-18
SP, WIT
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2022-10-22
14:00
京都 京都大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高齢者を対象とした健康調査および歩容測定による認知症スクリーニングツールの考案
竹尾 淳名古屋国際工科専門職大)・増尾 明中村早希佐久間拓人名工大)・川出義浩鈴木 匡名古屋市大)・渡邊航平中京大)・赤津裕康名古屋市大)・加藤昇平名工大SP2022-26 WIT2022-1
認知症の予防や進行の抑制には早期発見・早期対応が肝要であり,未病段階における早期のスクリーニングが望まれる.これまで,筆... [more] SP2022-26 WIT2022-1
pp.1-4
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2022-07-29
15:20
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
データ駆動工程設計法の提案
山本修一郎名古屋国際工科専門職大)・細見純子中品協SS2022-14 KBSE2022-24
これまでの業務工程の見える化に基づく業務改善では,既存工程の無駄を省くことにより,あるべき業務工程を設計する.この業務改... [more] SS2022-14 KBSE2022-24
pp.79-84
KBSE, SWIM
(共催)
2022-05-21
13:45
東京 機械振興会館 6階6-67会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
システム思考によるデジタルガバナンス・コードの分析
山本修一郎名古屋国際工科専門職大KBSE2022-8 SWIM2022-8
我が国の企業では本格的なDX (Digital Transformation)の取組は遅れているため,経営者に求められる... [more] KBSE2022-8 SWIM2022-8
pp.47-52
KBSE 2022-03-09
13:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) Systemigramによるもの・こと分析手法の試み
山本修一郎名古屋国際工科専門職大KBSE2021-43
 [more] KBSE2021-43
pp.12-17
KBSE 2022-01-21
11:15
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 要求語彙質問に基づく要求レビュ手法
山本修一郎名古屋国際工科専門職大KBSE2021-38
要求レビュでは要求仕様の曖昧さを解消することが重要である.これまで,IEEE std.830などでは要求記述が曖昧でない... [more] KBSE2021-38
pp.14-19
KBSE, SC
(共催)
2021-11-05
16:00
ONLINE オンライン開催+現地(KBSE:盛岡市,SC:なし)
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
ArchiMateによるサービス設計法の提案
山本修一郎名古屋国際工科専門職大KBSE2021-29 SC2021-28
製品サービスシステム(PSS)など,モノ,コト,ITを対象とする複合的なサービスの設計が求められている.筆者はArchi... [more] KBSE2021-29 SC2021-28
pp.25-30
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会