お知らせ 2023年度・2024年度 学生員 会費割引キャンペーン実施中です
お知らせ 技術研究報告と和文論文誌Cの同時投稿施策(掲載料1割引き)について
お知らせ 電子情報通信学会における研究会開催について
お知らせ NEW 参加費の返金について
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (検索条件: すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 427件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CAS, CS
(共催)
2024-03-15
14:20
沖縄 大濱信泉記念館 リカラーリング手法に着目した敵対的サンプルへの対策手法
石田知勢熊谷 瞭竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
VLD, HWS, ICD
(共催)
2024-03-01
12:05
沖縄 沖縄県男女共同参画センター【てぃるる】会議室1・2・3
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
SuperSonicに対するフォールト解析の安全性評価
竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2023-126 HWS2023-86 ICD2023-115
リアルタイム性が重要なエッジデバイスの安全性確保には低遅延指向の軽量ブロック暗号SuperSonicが適しており,実シス... [more] VLD2023-126 HWS2023-86 ICD2023-115
pp.141-144
VLD, HWS, ICD
(共催)
2024-03-02
09:20
沖縄 沖縄県男女共同参画センター【てぃるる】会議室1・2・3
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
AIハードウェアに対するAdversarial Examplesの対策手法とその評価
濵口晃輔竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2023-134 HWS2023-94 ICD2023-123
IoTデバイスなどのハードウェアに人工知能(AI)を搭載したAIハードウェア(エッジAI)の需要が高まっている.特に,エ... [more] VLD2023-134 HWS2023-94 ICD2023-123
pp.184-189
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2024-02-19
10:45
北海道 北海道大学 輝度補正を用いたAdversarial Examplesの対策手法
東條巧弥熊谷 瞭竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大ITS2023-47 IE2023-36
近年,深層学習AIを用いた画像分類は車載AIなどに用いられ,その精度や応答速度が重要となっている.日本でも福井県で自動運... [more] ITS2023-47 IE2023-36
pp.7-12
ITS, WBS, RCC
(共催)
2023-12-21
14:15
沖縄 みんなの貸会議室 那覇泉崎店
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数Wi-Fi端末とのWi-Fi RTTを用いたドローン基地局の屋内測位に関する一検討
岡屋知希小林健太郎中條 渉名城大WBS2023-37 ITS2023-20 RCC2023-31
GPSは一般的にドローンが屋外で自律飛行する際のナビゲーション機能や安全機能を確立するために使用されるが、これらの機能は... [more] WBS2023-37 ITS2023-20 RCC2023-31
pp.48-52
ITS, WBS, RCC
(共催)
2023-12-21
14:40
沖縄 みんなの貸会議室 那覇泉崎店
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
複数Wi-FiアクセスポイントとのWi-Fi RTTを用いたドローンの屋内測位に関する一検討
杉山悠一朗小林健太郎中條 渉名城大WBS2023-38 ITS2023-21 RCC2023-32
ドローンが屋外で自律飛行する場合,GPS を利用して安全機能やナビゲーションを実現する.しかし,屋内ではGPS が不安定... [more] WBS2023-38 ITS2023-21 RCC2023-32
pp.53-58
ITS, WBS, RCC
(共催)
2023-12-21
13:50
沖縄 みんなの貸会議室 那覇泉崎店
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
イメージセンサ可視光通信におけるCNN型復調方式の単色背景画像に対する実験的性能評価
伊与田友貴名大)・小林健太郎名城大)・岡田 啓ベン ナイラ シャドリア片山正昭名大WBS2023-39 ITS2023-22 RCC2023-33
デジタルサイネージとイメージセンサ間における可視光通信について検討する.デジタルサイネージに表示する視覚情報を阻害しない... [more] WBS2023-39 ITS2023-22 RCC2023-33
pp.59-64
ITS, WBS, RCC
(共催)
2023-12-21
14:15
沖縄 みんなの貸会議室 那覇泉崎店
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
物体検出によるLEDバックホールの光軸合わせ
西村祐真中條 渉小林健太郎名城大WBS2023-40 ITS2023-23 RCC2023-34
6G に向けて光無線通信の研究が進められている.高スループットの光無線通信では,送受信機の半値角が狭くなるため光軸合わせ... [more] WBS2023-40 ITS2023-23 RCC2023-34
pp.65-70
ITS, WBS, RCC
(共催)
2023-12-21
14:40
沖縄 みんなの貸会議室 那覇泉崎店
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
物体検出DNNを用いたイメージセンサ可視光通信方式における受信画像の歪みに対する性能評価
三木悠矢小林健太郎中條 渉名城大WBS2023-41 ITS2023-24 RCC2023-35
デジタルサイネージを送信機に用い、スマートフォン搭載カメラなどのイメージセンサを受信機に用いた可視光通信技術について検討... [more] WBS2023-41 ITS2023-24 RCC2023-35
pp.71-75
ITS, WBS, RCC
(共催)
2023-12-22
10:30
沖縄 みんなの貸会議室 那覇泉崎店
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CSMA/CAを用いた自律分散制御における合意品質向上のための情報転送方式に関する一検討
木村玲太小林健太郎中條 渉名城大WBS2023-49 ITS2023-32 RCC2023-43
CSMA/CA通信方式を用いて自律分散制御を行う際,制御対象同士の状態情報の交換において,隠れ端末やバックオフ時間の重複... [more] WBS2023-49 ITS2023-32 RCC2023-43
pp.105-110
ED 2023-12-08
10:50
愛知 ウインクあいち(愛知県産業労働センター) 実験データと数値シミュレーションを用いたショットキー放出電子源の平均輝度およびリチャードソン定数の推定
岡田風杜小澤光貴村田英一田中崇之六田英治名城大ED2023-50
電子源の性能を示すパラメータとして最も重要なものの一つは、輝度(平均輝度)である。しかしながら、通常、平均輝度は、研究室... [more] ED2023-50
pp.45-48
LQE, ED, CPM
(共催)
2023-12-01
14:00
静岡 アクトシティ浜松 その場反射率スペクトル測定を用いたAlInN/GaN DBRの高精度膜厚制御
小林憲汰渡邊琉加西川大智竹内哲也岩谷素顕上山 智名城大ED2023-31 CPM2023-73 LQE2023-71
実用化された赤外領域のGaAs系面発光レーザー(VCSEL)には、その場反射率スペクトル測定による膜厚制御が活用されてお... [more] ED2023-31 CPM2023-73 LQE2023-71
pp.76-79
LQE, ED, CPM
(共催)
2023-12-01
14:25
静岡 アクトシティ浜松 ITO電極とNb2O5スペーサ層を含む共振器長制御を活用したGaN面発光レーザーの作製
渡邊琉加小林憲汰柳川光樹竹内哲也上山 智岩谷素顕名城大ED2023-32 CPM2023-74 LQE2023-72
面発光レーザー(VCSEL)の作製において、共振波長、すなわち共振器長の高精度制御が必須である。GaAs系面発光レーザー... [more] ED2023-32 CPM2023-74 LQE2023-72
pp.80-83
LQE, ED, CPM
(共催)
2023-12-01
14:50
静岡 アクトシティ浜松 縦型AlGaN系UV-B LDの作製
西林到真近藤涼輔松原衣里山田凌矢井本圭紀服部光希岩山 章岩谷素顕上山 智竹内哲也名城大)・三宅秀人三重大)・三好晃平難波江宏一ウシオ電機)・山口顕宏西進商事ED2023-33 CPM2023-75 LQE2023-73
本研究では、大電流動作に有利で且つ高出力動作が可能な縦型UV-Bレーザーダイオードの作製方法およびその特性について報告す... [more] ED2023-33 CPM2023-75 LQE2023-73
pp.84-87
LQE, ED, CPM
(共催)
2023-12-01
16:15
静岡 アクトシティ浜松 ウェットエッチングしたAlNナノピラー上のUV-Bレーザーダイオードの光学特性評価
井本圭紀近藤涼輔山田凌矢服部光希西林到真松原衣里岩山 章上山 智竹内哲也岩谷素顕名城大)・三宅秀人三重大ED2023-36 CPM2023-78 LQE2023-76
我々のグループでは、周期的な構造を持ったAlNナノピラー上に結晶を成長させることにより、格子緩和した高品質AlGaNが作... [more] ED2023-36 CPM2023-78 LQE2023-76
pp.98-101
ICM, NS, CQ, NV
(併催)
2023-11-21
13:15
愛媛 愛媛県男女共同参画センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[奨励講演]消費電力プロファイリング型深層学習解析手法によるSimonベースの改良型低遅延暗号の定量的安全性評価
竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大NS2023-114
Society 5.0ではあらゆる小型デバイスが相互通信することで社会システムの課題解決を図る一方で,サイバーセキュリテ... [more] NS2023-114
pp.20-25
MSS, CAS
(共催)
IPSJ-AL
(連催) [詳細]
2023-11-17
14:45
沖縄 那覇市IT創造館 カーネル密度推定を用いた侵入者のモデルの構成
坂倉健太小中英嗣名城大CAS2023-80 MSS2023-50
2000 年代以降、自律型移動体を利用した警備システムの実用化が始まっており、警備分野においては今後ますます自動化が普及... [more] CAS2023-80 MSS2023-50
pp.107-112
VLD, DC, RECONF, ICD
(共催)
IPSJ-SLDM
(連催) [詳細]
2023-11-16
13:20
熊本 くまもと市民会館シアーズホーム夢ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
低遅延暗号Sonicに対するFPGAを用いた耐タンパ性評価
竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大VLD2023-49 ICD2023-57 DC2023-56 RECONF2023-52
インダストリー5.0の提唱によって,IoTやAIを産業分野に活用しシステム最適化を実現する世界的な改革が進められている.... [more] VLD2023-49 ICD2023-57 DC2023-56 RECONF2023-52
pp.101-105
AI 2023-09-12
15:35
北海道 登別グランドホテル 変分オートエンコーダを指向したコンテンツ保護手法
熊谷 瞭竹本 修野崎佑典吉川雅弥名城大AI2023-31
近年,自然言語の指示に基づいて画像を生成する生成AIは急速に発展しており,幅広い応用が期待されている.しかし,インターネ... [more] AI2023-31
pp.180-186
CS 2023-07-27
16:40
東京 八丈町商工会 イメージセンサ可視光通信におけるCNNに基づく復調方式のシンボル間干渉に対するロバストネスに関する一検討
伊与田友貴名大)・小林健太郎名城大)・岡田 啓ベン ナイラ シャドリア片山正昭名大CS2023-47
デジタルサイネージとイメージセンサ間における可視光通信について検討する.
デジタルサイネージに表示する視覚情報を阻害し... [more]
CS2023-47
pp.103-108
 427件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会