お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2022-07-29
15:20
北海道 北海道自治労会館(札幌)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
データ駆動工程設計法の提案
山本修一郎名工科)・細見純子中品協SS2022-14 KBSE2022-24
これまでの業務工程の見える化に基づく業務改善では,既存工程の無駄を省くことにより,あるべき業務工程を設計する.この業務改... [more] SS2022-14 KBSE2022-24
pp.79-84
KBSE, SWIM
(共催)
2022-05-21
13:45
東京 機械振興会館 6階6-67会議室
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
システム思考によるデジタルガバナンス・コードの分析
山本修一郎名工科KBSE2022-8 SWIM2022-8
我が国の企業では本格的なDX (Digital Transformation)の取組は遅れているため,経営者に求められる... [more] KBSE2022-8 SWIM2022-8
pp.47-52
KBSE 2022-03-09
13:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) Systemigramによるもの・こと分析手法の試み
山本修一郎名工科KBSE2021-43
 [more] KBSE2021-43
pp.12-17
KBSE 2022-01-21
11:15
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 要求語彙質問に基づく要求レビュ手法
山本修一郎名工科KBSE2021-38
要求レビュでは要求仕様の曖昧さを解消することが重要である.これまで,IEEE std.830などでは要求記述が曖昧でない... [more] KBSE2021-38
pp.14-19
KBSE, SC
(共催)
2021-11-05
16:00
ONLINE オンライン開催+現地(KBSE:盛岡市,SC:なし)
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
ArchiMateによるサービス設計法の提案
山本修一郎名工科KBSE2021-29 SC2021-28
製品サービスシステム(PSS)など,モノ,コト,ITを対象とする複合的なサービスの設計が求められている.筆者はArchi... [more] KBSE2021-29 SC2021-28
pp.25-30
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会