お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
09:55
ONLINE オンライン開催 製造装置に起因する不連続な特性ばらつきを考慮したウェハ空間特性ばらつきモデル化
長尾匠真奈良高専)・新谷道広奈良先端大)・山口賢一岩田大志奈良高専)・中村友紀梶山賀生栄木 誠SCK)・井上美智子奈良先端大VLD2021-92 HWS2021-69
ウェハ面上に製造された集積回路(Large-scale integrated circuit,LSI)の性能を予測する統... [more] VLD2021-92 HWS2021-69
pp.87-92
ET 2021-11-06
14:05
ONLINE オンライン開催 自動採点システムを用いた講義における無作為修正者の提出行動分析
三野天羽上野秀剛奈良高専ET2021-27
大学等のプログラミング教育では,少数の教員が多数の受講者に対して講義を行うことが多く,受講者それぞれの様子や理解状況の把... [more] ET2021-27
pp.31-36
ET 2021-09-10
14:05
ONLINE オンライン開催 ゲーミフィケーションにおけるタスクの時間長が作業の意欲と効率に与える影響
上野達也上野秀剛奈良高専ET2021-13
作業意欲および作業効率の向上を支援する手法であるゲーミフィケーションは,ゲームの持つ面白さや楽しさなどの「作業への主観的... [more] ET2021-13
pp.29-34
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
14:20
ONLINE オンライン開催 Ethereumスマートコントラクトにおけるコントラクト単位でのコード表現の学習による脆弱性検知
芦澤奈実矢内直人クルーズ ジェイソン ポール阪大)・岡村真吾奈良高専IT2020-156 ISEC2020-86 WBS2020-75
Ethereum スマートコントラクトはブロックチェーン上で稼働するプログラムだが, これまでに多くの脆弱性が報告されて... [more] IT2020-156 ISEC2020-86 WBS2020-75
pp.273-280
ET 2020-03-07
13:00
香川 香川高等専門学校
(開催中止,技報発行あり)
機械図面理解における熟練者と非熟練者の視線特性
永富雄貴上野秀剛奈良高専ET2019-80
金属部品加工は図面を元に,加工機械に取り付けた刃物で被削材を削ることで行われる.
このとき用いる刃物は図面を読んで決定... [more]
ET2019-80
pp.23-28
SS 2020-03-05
09:30
沖縄 てんぶす那覇
(開催中止,技報発行あり)
構文ハイライトとフォントの違いによる開発者の脳波の比較
東 英明柗本真佑阪大)・上野秀剛奈良高専)・楠本真二阪大SS2019-50
開発者がどのようにプログラムを理解するのかという疑問の解明はソフトウェア工学の重要な課題の一つである.プログラム記述は通... [more] SS2019-50
pp.55-60
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 注視点を用いた情報量の削減によるVR酔いの抑制
森 大海内田眞司奈良高専)・清川 清奈良先端大
昨今,VRに関するデバイスが一般向けに発売されたにもかかわらず,VR業界は伸び悩んでいる.この原因はVR酔いを忌避するこ... [more]
DC, SS
(共催)
2019-10-25
11:15
熊本 熊本大学 単語類似度を用いたUMLクラス図理解性メトリクスの改良
井原輝人内田眞司奈良高専SS2019-24 DC2019-52
 [more] SS2019-24 DC2019-52
pp.65-70
HWS, VLD
(共催)
2019-02-28
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 自動微分を用いたSPICEモデルパラメータ抽出環境の構築
上田 葵奈良高専)・新谷道広奈良先端大)・岩田大志山口賢一奈良高専)・井上美智子奈良先端大VLD2018-117 HWS2018-80
MOSFETコンパクトモデルのパラメータ抽出は,高精度な回路シミュレーションを行うために重要な工程の1つであるが,コンパ... [more] VLD2018-117 HWS2018-80
pp.145-150
CAS, NLP
(共催)
2018-10-18
11:50
宮城 東北大学 結合振動子によって制御された小型2輪移動型ロボット群フォーメーションの実機検証システム
山嵜拓海奈良高専)・藤井尚史小西啓治阪府大)・大谷真弘奈良高専)・原 尚之阪府大CAS2018-41 NLP2018-76
筆者らは,結合振動子のダイナミクスに基づいて制御されたロボット群のフォーメーションに関する理論的な検討を進めてきた.しか... [more] CAS2018-41 NLP2018-76
pp.25-30
ET 2018-09-15
15:25
山口 山口大学 ソースコードのスナップショットに基づいた無作為修正者の検出
大野 優上野秀剛内田眞司奈良高専ET2018-37
教育現場におけるプログラミング演習では,少数の教員が多数の受講者を指導することが多い.そのため,教員が各受講者の学習状況... [more] ET2018-37
pp.53-58
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2018-03-08
13:55
島根 隠岐の島文化会館 メモリスタ論理による誤り訂正符号回路の設計と評価
石坂 守奈良高専)・新谷道広井上美智子奈良先端大CPSY2017-146 DC2017-102
抵抗変化型メモリ(Resistive RAM, ReRAM)は,高集積,高速,低消費電力の観点から,フラッシュメモリを代... [more] CPSY2017-146 DC2017-102
pp.257-262
ET 2018-03-03
15:25
高知 高知工科大学(永国寺キャンパス) ソフトウェアメトリクスを用いた高可読性コーディング能力の定量的評価
中村優太上野秀剛奈良高専ET2017-116
ソースコードを読む作業の時間的コストは大きく,ソフトウェア開発現場では可読性の高いソースコードを実装することが求められる... [more] ET2017-116
pp.159-164
ET 2016-03-05
15:15
香川 香川大学(幸町キャンパス) ランキングを用いた小テストによる学生のモチベーションと成績への影響
田中勇気上野秀剛奈良高専)・一ノ瀬智浩奈良先端大)・竹原信也奈良高専ET2015-121
本研究の目的はゲーミフィケーションを講義中に実施する小テストに導入したときの,学生のモチベーションと成績への影響を分析す... [more] ET2015-121
pp.153-158
IN, NV
(併催)
2015-07-17
10:40
北海道 北海道大学 幅広かつ疎な処理規則に適応可能な省電力検索ハードウェアの実装と評価
遠藤景子名和雅実阿多信吾阪市大)・矢野祐二黒田泰斗ルネサス エレクトロニクス)・岩本 久REVSONIC)・井上一成奈良高専/阪大)・岡 育生阪市大IN2015-33
テーブルの高速検索を行うために TCAM (Ternary Content Addressable Memory) が検... [more] IN2015-33
pp.61-66
ICSS 2015-03-04
09:50
沖縄 名桜大学(沖縄県名護市) 多人数署名の実装と評価
村中謙太矢内直人阪大)・岡村真吾奈良高専)・藤原 融阪大ICSS2014-78
多人数署名は複数人の署名者がそれぞれ生成した電子署名を一個の電子署名に集約することで、通信量と計算負荷の削減が期待できる... [more] ICSS2014-78
pp.91-96
ET 2015-01-31
15:20
東京 目白大学 レビュー開始時における対象物の比較指示によるバグ発見率の向上
應治沙織上野秀剛奈良高専ET2014-82
 [more] ET2014-82
pp.57-62
IN 2014-04-18
14:15
京都 京都府中小企業会館 TCAMの並列パイプライン化により検索エンジンの省電力化を実現する多次元TCAMアーキテクチャの提案
奥田兼三・○名和雅実阿多信吾阪市大)・矢野祐二黒田泰斗ルネサス エレクトロニクス)・岩本 久REVSONIC)・井上一成奈良高専/阪大)・岡 育生阪市大IN2014-7
ネットワーク機器において,高速検索を実現するためにTCAM (Ternary Content Addressable M... [more] IN2014-7
pp.67-72
NS, IN
(併催)
2014-03-07
09:30
宮崎 宮崎シーガイア 連想メモリを用いた高速なコンテンツセントリックネットワークルータのハードウェア設計と評価
大岡 睦阪大)・阿多信吾阪市大)・井上一成奈良高専)・村田正幸阪大IN2013-161
インターネットに代わる革新的なネットワークアーキテクチャである CCN では
キャッシングやマルチキャストなどのコンテ... [more]
IN2013-161
pp.105-110
DC 2014-02-10
09:00
東京 機械振興会館 モジュール間結合増加率に基づくスキャンチェーン接続法
小松 巡岩田大志山口賢一奈良高専DC2013-79
近年,半導体プロセスの微細化により,動作速度や電力消費に与える配置配線の影響が大きくなっており,
テスト容易化設計時に... [more]
DC2013-79
pp.1-5
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会