お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2022-01-25
13:55
ONLINE オンライン開催 ダミーヘッドを用いた超音波領域における耳介周りの音響計測
春澤恒輝神奈川工科大)・稲村祐美エスピック)・廣江正明小林理研)・長谷川英之富山大)・中村健太郎東工大)・神崎 晶慶大)・桐生昭吾東京都市大)・上田麻理神奈川工科大US2021-62
スピーカ呈示による超高周波音(Very High Frequency sounds:VHF音)の可聴閾値計測では,頭の位... [more] US2021-62
pp.22-27
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2018-07-25
11:45
北海道 北海道大学 [招待講演]シミュレーション音場を用いた残響音場に適した発話の調整 ~ 長大道路トンネル内における避難誘導放送の設計 ~
横山 栄小林知尋小林理研EA2018-22
 [more] EA2018-22
pp.129-134
US 2018-04-26
17:25
東京 電気通信大学 カートリッジ型セルラポリプロピレンマイクロホンの実現
鎌倉友男電通大)・林 栄男検査技研)・安達日出夫スマートエーイー)・安野功修小林理研)・野村英之電通大US2018-10
 [more] US2018-10
pp.51-54
US 2015-12-21
16:40
東京 日本大学理工学部 駿河台キャンパス 超音波用セルラーポリプロピレンマイクロホンの試作と特性
戸田祐輔鎌倉友男安達日出夫野村英之電通大)・林 栄男KGK)・安野功修小林理研US2015-81
近年盛んになっている超音波診断において, 空中超音波センサを用いて観測点における高周波超音波の音 圧を具体的に把握するこ... [more] US2015-81
pp.37-40
ED 2009-07-31
14:10
大阪 大阪大学(銀杏会館) 軟X線照射を用いたシリコンマイクロホン電荷蓄積技術の開発
後藤正英萩原 啓NHK)・井口義則NHKエンジニアリングサービス)・安野功修児玉秀和小林理研)・樹所賢一リオン)・田島利文NHKED2009-115
次世代の超小型で高性能なマイクロホンの実現に向けて、シリコンマイクロホンの研究を進めている。これまでに、単結晶シリコンに... [more] ED2009-115
pp.69-73
EA, US
(併催)
2008-01-29
13:00
大阪 関西大学 負性容量回路を用いた圧電体の弾性率制御
宝田 隼上田裕章関西大)・伊達宗宏深田栄一小林理研)・山本 健田實佳郎関西大US2007-101 EA2007-106
PZTセラミックスとPLLA高分子に“負性容量回路”(あたかも負の容量を持つコンデンサーとして働く電気回路)を結合するこ... [more] US2007-101 EA2007-106
pp.29-32(US), pp.31-34(EA)
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会