お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 582件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, EMM, ASJ-H
(共催)
2022-11-21
10:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]変調した超音波を用いた小型録音装置による盗聴防止技術の検討 ~ 超音波ジャマー用変調方式や発信パネル形状の検討 ~
早坂学起近藤和弘山形大
 [more]
MRIS, CPM
(共催)
ITE-MMS
(連催) [詳細]
2022-10-27
15:50
長野 信州大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
フェニルアラニンを添加したCdxZn1-xSナノコンポジットの合成、水素製造評価
静谷祐希ビッラ アリフ久保田 繁廣瀬文彦有馬ボシールアハンマド山形大
 [more]
MRIS, CPM
(共催)
ITE-MMS
(連催) [詳細]
2022-10-27
16:15
長野 信州大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
La, Tiを共添加したBiFeO3セラミックの合成及び特性評価
松野勇紀ビッラ アリフ廣瀬文彦有馬ボシールアハンマド山形大
 [more]
MRIS, CPM
(共催)
ITE-MMS
(連催) [詳細]
2022-10-28
09:40
長野 信州大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
YFeO3マルチフェロイック材料の合成及び特性評価
金山徒望松野勇紀ビッラ アリフ廣瀬文彦有馬ボシールアハンマド山形大
 [more]
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2022-10-13
16:25
秋田 秋田大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
CNTを用いた電磁波吸収および遮蔽材料の平板電磁界モデル化に関する一検討
車田英次室賀 翔田中元志秋田大)・上野智永柳 伶旺名大)・日髙貴志夫山形大)・伊藤 彰パナソニック)・嶋田修平粟野穰太川崎 治JAXA
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ET 2022-09-17
15:20
広島 広島大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
参考にすべき記事を見極める経験の促進を目指したSNS上の災害留意情報抽出手法
石井大智福島大)・中山祐貴山形大)・大沼 亮津田塾大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2022-19
 [more] ET2022-19
pp.52-57
ET 2022-09-17
15:45
広島 広島大学 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
近接中心性の分析に基づいたWeb上の人間関係の動的抽出手法
市川彩花福島大)・大沼 亮津田塾大)・中山祐貴山形大)・神長裕明福島大)・宮寺庸造学芸大)・中村勝一福島大ET2022-20
Webを利用した複雑な調査・探索を上手く進めるためには,対象とする事象に介在する人間関係を的確に把握することが重要である... [more] ET2022-20
pp.58-63
RECONF 2022-06-07
14:50
茨城 筑波大学計算科学研究センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ハードウェアアクセラレーションのためのベクトルレジスタ共有機構
田中友章東 良輔東京農工大)・田中清史北陸先端大)・長名保範琉球大)・三好健文わさらぼ)・多田十兵衛山形大)・中條拓伯東京農工大RECONF2022-5
本論文では,プロセッサ内部のベクトルレジスタをアクセラレータと直接共有するベクトルレジスタ共有機構を提案する.この機構は... [more] RECONF2022-5
pp.26-31
RECONF 2022-06-07
16:25
茨城 筑波大学計算科学研究センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
パターンマッチング演算器のRISC-Vプロセッサへの実装
高山莉空多田十兵衛山形大RECONF2022-9
 [more] RECONF2022-9
pp.43-44
MW 2022-05-20
10:25
京都 京都大学 宇治キャンパス木質ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
高品質高温超伝導薄膜を用いた高感度NMRピックアップコイルの開発 (1)
作間啓太山梨大)・藤田貴紀山梨大/JEOL RESONANCE)・大嶋重利山形大)・關谷尚人山梨大MW2022-17
 [more] MW2022-17
pp.13-17
ED 2022-04-21
09:30
ONLINE オンライン開催 自立型平面脂質二分子膜の交流特性測定で観測された非線形応答
冨岡康貴・○守屋雅隆高島匠吾島田 宏電通大)・廣瀬文彦山形大)・平野愛弓東北大)・水柿義直電通大ED2022-1
脂質二分子膜を水中エレクトロニクスの絶縁性母体として用いる研究を行っており,脂質二分子膜の電気的特性評価として電気化学的... [more] ED2022-1
pp.1-4
ED 2022-04-21
09:50
ONLINE オンライン開催 室温原子層堆積法で作製したZnO-TFTの電気特性のアニール温度および雰囲気依存性
鬼澤尚也吉田一樹齋藤健太郎鹿又健作三浦正範廣瀬文彦山形大ED2022-2
近年では透明である金属酸化物ベースの薄膜トランジスタ(TFT)の技術開発が進められている。我々はナノ薄膜化された酸化物を... [more] ED2022-2
pp.5-8
MRIS, IEE-MAG
(連催)
2022-03-04
13:00
愛知 名古屋大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
エピタキシャルMn-Al合金薄膜の構造と磁気特性
野呂翔太大竹 充横浜国大)・磯上慎二物質・材料研究機構)・二本正昭川井哲郎横浜国大)・桐野文良東京藝術大)・稲葉信幸山形大MRIS2021-16
Mn-Al合金膜を,Mn組成を50から72 at. %まで,成長温度を室温から500 °Cまで,膜厚を10から100 n... [more] MRIS2021-16
pp.1-6
CPM 2022-03-01
13:00
ONLINE オンライン開催 無機EL保護用ZrO2膜の試作と評価
近藤僚太齋藤健太郎吉田一樹廣瀬文彦山形大CPM2021-71
 [more] CPM2021-71
pp.1-3
CPM 2022-03-01
13:15
ONLINE オンライン開催 アルミナチタニア多層酸化膜を用いたバリア膜の試作と評価
佐藤隆盛齋藤健太郎吉田一樹廣瀬文彦山形大CPM2021-72
 [more] CPM2021-72
pp.4-6
CPM 2022-03-01
13:30
ONLINE オンライン開催 室温原子層堆積法を用いた水蒸気ガスバリア膜の試作と評価
吉田一樹齋藤健太郎三浦正範鹿又健作廣瀬文彦山形大CPM2021-73
室温原子層堆積法を用いて作成した水蒸気ガスバリア膜について発表する。水蒸気ガスバリア膜は有機エレクトロニクスデバイスの劣... [more] CPM2021-73
pp.7-10
CPM 2022-03-01
14:15
ONLINE オンライン開催 多孔性金属酸化物ナノ粒子の合成及び特性評価に関する研究
冨田啓純山形大)・ジンナット アラ ベガムイスマイル エム エム ラハマン福島大)・有馬ボシールアハンマド山形大CPM2021-75
 [more] CPM2021-75
pp.13-16
CPM 2022-03-01
15:00
ONLINE オンライン開催 ナノチャネル酸化チタン薄膜トランジスタの試作と評価
山野航平齋藤健太郎吉田一樹廣瀬文彦山形大CPM2021-78
 [more] CPM2021-78
pp.24-27
CPM 2022-03-01
15:55
ONLINE オンライン開催 多端子MOSFETによるインバータを流れる電流の間接計測とその評価
山口慶人鈴木慎弥及川康太原田知親山形大CPM2021-81
本研究では、センサの低コスト化や微細化、小面積化が期待されているMOSFET型センサである多端子MOSFETにより構成さ... [more] CPM2021-81
pp.36-39
CPM 2022-03-01
16:50
ONLINE オンライン開催 脂質二分子膜構造に基づく機能性バイオハイブリッド膜の光応答メカニズムの解明
渡部開登フェン シンヤオ馬 騰但木大介東北大)・鹿又健作廣瀬文彦山形大)・平野愛弓東北大CPM2021-84
脂質二分子膜は、超薄膜、超高抵抗などの特有の性質を持ち、自己組織化プロセスによって容易に形成することができ、生物学的研究... [more] CPM2021-84
pp.46-47
 582件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会