お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 41件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
11:10
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ゼロトラストネットワークに基づくIoTシステムの構築
櫻井雄大長岡英進水野 修工学院大NS2022-41
IoTデバイスの増加に伴ってIoTシステムを狙ったサイバー攻撃が増加している.サイバー攻撃は外部ネットワークからだけでな... [more] NS2022-41
pp.71-76
SAT 2021-10-08
14:20
ONLINE オンライン開催 ESV向けスペクトラム圧縮伝送における周波数利用効率改善効果
柳田憲治杉山隆利工学院大SAT2021-51
無線通信システムを構築するのに必要な有限資源である周波数帯域の枯渇問題を解決するため,送信スペクトラムの所要帯域幅をナイ... [more] SAT2021-51
pp.42-46
IN, NS
(併催)
2021-03-04
09:50
ONLINE オンライン開催 短期間でのアクセス集中に対処するPseudo-Push-based ICN
山口歩夢水野 修工学院大IN2020-60
コンテンツ配信に適したネットワークとしてICNが注目されている.ICNはPull型の通信方式を採用しているが,Push型... [more] IN2020-60
pp.37-42
IN, CCS
(併催)
2020-08-03
10:25
ONLINE オンライン開催 Push-Based ICNを用いたコンテンツ取得時におけるパケット処理遅延数削減方式の評価
山口歩夢水野 修工学院大IN2020-10
 [more] IN2020-10
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2020-03-06
13:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
TCP BBR と CUBIC TCP の性能周期的上下変動の緩和に関する一考察
宮澤航人山口実靖小林亜樹工学院大NS2019-247
TCP BBRのコネクションとCUBIC TCPのコネクションが同時に通信を行うと,それらのスループットが周期的に大きく... [more] NS2019-247
pp.395-400
SeMI 2020-01-30
14:50
香川 ことひら温泉琴参閣 多期間クラウドセンシングにおける報酬配分戦略
天野圭貴水野 修工学院大SeMI2019-101
一般ユーザが所持するモバイル端末のセンサを用いて,環境モニタリングや交通状況の監視などに利用可能なクラウドセンシングに期... [more] SeMI2019-101
pp.11-16
CCS, IN
(併催)
2019-08-02
11:25
北海道 KIKI 知床 ナチュラルリゾート 情報指向型ネットワークに基づく Push型コンテンツ配信における経路形成方式
山口歩夢木村圭吾水野 修工学院大IN2019-19
 [more] IN2019-19
pp.25-30
NC, MBE
(併催)
2019-03-06
10:45
東京 電気通信大学 頚背部振動刺激によって誘発された身体傾斜における視線及び聴覚刺激の影響
秦 和也福岡 豊工学院大MBE2018-107
直立しているヒトの頚背部に振動刺激を与えた際に,視線の方向に身体傾斜が起こることがある.また,聴覚刺激を与えた場合,音源... [more] MBE2018-107
pp.107-109
ICTSSL 2017-07-14
10:00
香川 香川大学 積層自己符合化器を用いた深層学習に基づくカーブ走行時の運転スキルの分析
香川琢也ナイワラ P. チャンドラシリ工学院大ICTSSL2017-24
自動車技術の進歩と消費者の自動車購入意欲の結果から,将来の自動車社会では自動運転車両と手動運転車両が共存することが考えら... [more] ICTSSL2017-24
pp.39-43
NS, RCS
(併催)
2015-12-18
11:50
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 光無線リレー通信における無線周波数,光ファイバ長に対するリンク間干渉特性
半澤陽平仲澤 翔工学院大)・久保尊広浅井孝浩奥村幸彦NTTドコモ)・大塚裕幸工学院大RCS2015-266
筆者らはセルエッジの通信品質を改善する技術として光無線リレーノードを提案し,その設計法について述べてきた.特に,同一周波... [more] RCS2015-266
pp.133-138
NS 2013-01-24
14:55
熊本 熊本大学 無線メッシュネットワークにおけるリンク可用帯域を用いた呼受付制御方式の提案
野呂昌弘正木大介杉崎義雄淺谷耕一工学院大NS2012-147
プロードバンド環境の普及により,VoIP通信の利用が増加している.VoIP通信はネットワークの輻輳を原因に,サービス品質... [more] NS2012-147
pp.37-42
NS 2013-01-25
14:20
熊本 熊本大学 プレゼンスサービスのためのスマートフォンを用いた情報入出力方式
西畑拓晃工学院大)・片岡春乃下村道夫NTT)・水野 修工学院大NS2012-162
プレゼンスサービスの利用において,繰り返し必要とされるプレゼンスの更新・参照処理における操作上の煩わしさを軽減するために... [more] NS2012-162
pp.123-128
ITE-IDY, EID, IEE-EDD
(連催)
2013-01-25
10:18
静岡 静岡大学 ESD法を用いた2種類配向材の分散塗布によるネマティック液晶の高プレチルト角制御
内田裕大工藤幸寛高橋泰樹工学院大
 [more]
ITE-IDY, EID, IEE-EDD
(連催)
2013-01-25
11:16
静岡 静岡大学 偏光UV光の斜方照射により誘起されるネマティック液晶双安定配向の横電界スイッチング
嘉戸龍成高橋泰樹工学院大EID2012-29
垂直配向膜に紫外線の斜め照射による光配向制御技術を適用することで、液晶配向の双安定状態が発現されることが報告され、我々も... [more] EID2012-29
pp.101-104
NS, OCS, PN
(併催)
2012-06-22
17:25
山形 山形大学 RTTを用いたエンドツーエンドの可用帯域推定法の提案と実ネットワークへの適用性の評価
今井雅晴小澤孝幸杉崎義雄水野 修淺谷耕一工学院大NS2012-43
(事前公開アブストラクト) インターネットにおけるサービス品質保証には,ネットワークの通信状況を把握する必要がある.その... [more] NS2012-43
pp.79-84
NS, IN
(併催)
2012-03-08
12:00
宮崎 宮崎シーガイア オーバレイネットワークによるリンクアグリゲーション手法を用いたデータ配信システム
瀧口貴史杉崎義雄水野 修淺谷耕一工学院大IN2011-151
データ通信の大容量化,通信速度の高速化を可能とする技術として,リンクアグリゲーションが研究されている.リンクアグリゲーシ... [more] IN2011-151
pp.85-90
NS, IN
(併催)
2012-03-08
11:00
宮崎 宮崎シーガイア 都市災害を想定した減災情報サービスのユースケースの提案
山本 翔隆 晃人倉田 篤淺谷耕一水野 修工学院大IN2011-156
首都圏大地震が発生した際には,基地局の損傷等により通信が困難になることが想定される.その様な災害時では,都市機能の早期回... [more] IN2011-156
pp.115-120
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2011-12-07
- 2011-12-09
香川 サンポートホール高松 Paper版STVPによる通常学級の児童と視覚認知に弱さを持つ児童との比較検討
五十嵐敦志工学院大)・簗田明教川端秀仁かわばた眼科)・長嶋祐二工学院大
著者らは,これまで視覚認知に弱さを持つ子供の早期発見を目指し,視覚認知発達スクリ-ニング検査ツール(Screening ... [more]
CS 2011-11-17
09:45
北海道 北海道 川湯温泉 無線メッシュネットワークにおけるアクセスポイントのビジータイムを用いた可用帯域推定法
正木大介水野 修淺谷耕一工学院大CS2011-50
可用帯域推定法には,アクティブ計測とパッシブ計測がある.アクティブ計測ではプローブパケットをネットワークに流すことで帯域... [more] CS2011-50
pp.19-24
CS 2011-11-17
10:00
北海道 北海道 川湯温泉 RTTを用いたマルチホップ上のボトルネックリンクの可用帯域推定法の提案と実験的評価
今井雅晴杉崎義雄水野 修淺谷耕一工学院大CS2011-51
 [more] CS2011-51
pp.25-30
 41件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会