お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EE, IEE-SPC
(連催)
2014-07-11
11:00
広島 広島工業大学 安全性と5CA大電流放電特性を有するバックアップ用100Ahリチウムイオン電池
辻川知伸薮田火峰NTTファシリティーズ)・荒川正泰NTTファシリティーズ総研)・林 晃司新神戸電機EE2014-13
 [more] EE2014-13
pp.45-49
EE, CPM
(共催)
2013-01-24
14:45
熊本 阿蘇ファームランド 通信用リチウムイオン電池の寿命性能と安全性
辻川知伸薮田火峰NTTファシリティーズ)・荒川正泰NTTファシリティーズ総研)・林 晃司新神戸電機EE2012-36 CPM2012-158
 [more] EE2012-36 CPM2012-158
pp.47-51
EE 2012-01-25
13:00
長崎 長崎大学 大容量据置リチウムイオン電池用マネジメントシステムの開発
北野利一薮田火峰松下 傑辻川知伸NTTファシリティーズ)・磯部武文NTTファシリティーズ総研)・小布施 俊新神戸電機EE2011-36
安全性担保のための電池保護機能,放電容量を確保するための組電池内の各セル電圧を調整する機能,監視負担軽減のための遠隔監視... [more] EE2011-36
pp.31-36
EE 2012-01-25
13:25
長崎 長崎大学 通信用据置リチウムイオン電池の安全性評価
薮田火峰北野利一松下 傑辻川知伸NTTファシリティーズ)・荒川正泰NTTファシリティーズ総研)・林 晃司新神戸電機EE2011-37
通信電源のバックアップを用途とする大容量の据置リチウムイオン電池を開発した。このLiイオン電池は電解液や正極活物質にホス... [more] EE2011-37
pp.37-40
EE, IEE-SPC
(連催)
2011-07-29
13:20
北海道 釧路市生涯学習センター 通信バックアップ用大容量据置リチウムイオン電池の開発
松下 傑辻川知伸薮田火峰NTTファシリティーズ)・荒川正泰NTTファシリティーズ総研)・林 晃司新神戸電機EE2011-14
通信バックアップ用電源として大容量据置リチウムイオン電池を開発している.この電池は難燃化剤を添加し自己消火性を持たせるこ... [more] EE2011-14
pp.91-95
EE, IEE-SPC
(連催)
2010-07-29
13:50
高知 高知高専 通信用リチウムイオン電池の開発
辻川知伸薮田火峰松下 傑NTTファシリティーズ)・荒川正泰NTTファシリティーズ総研)・林 晃司新神戸電機EE2010-7
 [more] EE2010-7
pp.13-16
EE, IEE-SPC
(連催)
2010-07-30
10:15
高知 高知高専 故障発生時におけるパラレルプロセッシング方式による分散型電源導入系統の給電方式の一検討
雪田和人・○清水康隆後藤泰之一柳勝宏愛知工大)・廣瀬圭一武田 隆NTTファシリティーズ)・奥井芳明山洋電気)・高林久顯新神戸電機EE2010-9
地球環境保全のために,再生可能エネルギーを用いた分散型電源の系統への導入が進んでいる。このような状況において,次世代電力... [more] EE2010-9
pp.21-26
EE 2009-07-31
15:40
島根 松江テルサ DCマイクログリッドシステムによる電力供給方式の検討
清水康隆雪田和人後藤泰之一柳勝宏愛知工大)・武田 隆村井秀幸廣瀬圭一NTTファシリティーズ)・奥井芳明木村成秋山洋電気)・高林久顯新神戸電機)・松村年郎名大EE2009-18
 [more] EE2009-18
pp.65-69
EE 2008-07-25
09:25
北海道 釧路市生涯学習センター リチウムイオン電池用正極材料からのマンガン溶出抑制
辻川知伸薮田火峰松下 傑松島敏雄NTTファシリティーズ)・荒川正泰NTTファシリティーズ総研)・林 晃司新神戸電機EE2008-22
マンガン系リチウムイオン二次電池が劣化する要因として,主に正極材料からのマンガン溶出が考えられている。一方,電解液にホス... [more] EE2008-22
pp.61-64
EE 2008-01-22
09:20
福岡 九州大学 西新プラザ リチウムイオン二次電池の3次元シミュレーションモデル構築
松下 傑辻川知伸松島敏雄NTTファシリティーズ)・栗田健二新神戸電機)・荒川正泰NTTファシリティーズEE2007-52
将来の通信用バックアップ電源として、大容量リチウムイオン二次電池の開発が進められている。これまでに電池の放熱性を評価する... [more] EE2007-52
pp.47-52
EE 2007-07-20
09:00
山口 山口大学吉田キャンパス リチウムイオン二次電池の電解液の難燃化
林 晃司寺田正幸新神戸電機)・辻川知伸NTTファシリティーズ)・市村雅弘NTTファシリティーズ総研EE2007-15
リチウムイオン二次電池を難燃化することは、安全性を確保する上で重要な点である。電解液を難燃化する手段として、ホスファゼン... [more] EE2007-15
pp.45-48
EE 2007-07-20
09:30
山口 山口大学吉田キャンパス 難燃化電解液を使用したリチウムイオン二次電池の性能
辻川知伸松島敏雄市村雅弘NTTファシリティーズ)・林 晃司新神戸電機EE2007-16
高電圧・高エネルギー密度の特徴を持ち、将来的には通信用等の据置用途への適用も想定されているリチウムイオン電池について、安... [more] EE2007-16
pp.49-54
EE 2007-07-20
10:00
山口 山口大学吉田キャンパス リチウムイオン二次電池の熱シミュレーションモデル構築
松下 傑薮田火峰辻川知伸NTTファシリティーズ)・林 晃司新神戸電機)・市村雅弘NTTファシリティーズEE2007-17
次世代の通信用バックアップ電源として、大容量リチウムイオン二次電池の開発を行っている。今回、我々はこの電池の放熱性を評価... [more] EE2007-17
pp.55-60
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会