お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1006件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, CQ, MIKA
(併催)
2022-09-16
10:50
北海道 北海道立道民活動センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
LOS/NLOS識別に基づくバイナリ無線トモグラフィ
松田崇弘都立大)・西川由明高橋英士大西健夫竹内俊樹NEC
 [more]
PRMU 2022-09-14
10:15
神奈川 慶應義塾大学 矢上キャンパス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
深層学習を用いた低解像度虹彩認証における損失関数の評価
大塚陸人坊良 翼電通大)・戸泉貴裕庄司悠歩荻野有加NEC)・市野将嗣電通大
 [more]
AP, MW
(併催)
2022-09-15
15:40
愛媛 愛媛県美術館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[チュートリアル講演]OAMモード多重無線伝送の研究開発
平部正司NEC
 [more]
RECONF 2022-09-07
14:35
愛知 emCAMPUS STUDIO(豊橋)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
System-C 記述に基づくマルチFPGAシステム上へのCNNのシミュレーション
邵 寧禹鈴木裕章慶大)・高橋 渡NEC)・若林一敏東大)・天野英晴慶大
 [more]
SIP 2022-08-26
13:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]生体信号を用いた人の内面状態推定
梅松旭美NECSIP2022-69
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] SIP2022-69
p.103
ICD, SDM
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2022-08-10
09:15
ONLINE オンライン開催に変更 現地開催(北海道大学百年記念会館)は中止 [招待講演]ミスマッチ補償技術を用いた分散DPDによる39GHz帯CMOS双方向ドハティフェーズドアレイ無線機
李 政Jian PangYi Zhang山崎雄大Qiaoyu WangPeng LuoWeichu ChenYijing LiaoMinzhe TangZhengyan GuoYun WangXi FuDongwon You東工大)・大島直樹堀 真一國弘和明NEC)・白根篤史岡田健一東工大SDM2022-48 ICD2022-16
本稿では、双方向ドハティ電力増幅器を用いた高効率39GHz帯CMOS無線送受信機システムを提案する。各アレイ素子のPVT... [more] SDM2022-48 ICD2022-16
pp.64-67
IN, CCS
(併催)
2022-08-05
09:20
北海道 北海道大学 百年記念会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
PathRakeTCP: 多数TCPコネクションを用いたファイアウォール対応の可用帯域推定手法
伊藤尚幸名大)・大芝 崇里田浩三NEC)・村瀬 勉名大IN2022-19
本稿では,通信経路上に UDP 通信を拒絶するファイアウォールがあっても可用帯域の推定を可能とする方式 PathRake... [more] IN2022-19
pp.21-26
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-15
10:10
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]新幹線回送線におけるローカル5G検証試験
洞井裕介山下真弘石間礼次JR東日本)・仙田航基松永博也坂本洋介NECRCC2022-33 NS2022-51 RCS2022-94 SR2022-36 SeMI2022-38
鉄道事業者において,指令からの遠隔監視等のニーズが高まっている.5Gシステムは,このための有力なソリューションである.ロ... [more] RCC2022-33 NS2022-51 RCS2022-94 SR2022-36 SeMI2022-38
p.65(RCC), p.120(NS), p.127(RCS), p.73(SR), p.82(SeMI)
AP
(第二種研究会)
2022-06-10
14:50
北海道 根室総合文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]5G用DPD搭載Sub6GHz帯超多素子アクティブアンテナを用いたDown Link SINRの劣化成分に関する特異性解析 ~ Down Link SINRの劣化成分を構成するPower合成成分とVector合成成分の比率と送信機数増加によるDown Link SINR改善についての特徴 ~
望月拓志NEC
5G向けMassive-MIMO用Active Antenna Systemを最大定格出力から任意の出力まで下げて放射し... [more]
RECONF 2022-06-08
14:00
茨城 筑波大学計算科学研究センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]オンボード光モジュールを用いたOPTWEBによる並列データ処理の高速化
水谷健二NECRECONF2022-19
近年のデータの急増で複数のアクセラレータを使った並列データ処理が必要となっており、all-to-all通信を含む集合通信... [more] RECONF2022-19
p.86
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2022-05-19
15:00
長野 長野ターミナル会館+サブ会場
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]Beyond 5G時代に向けたビジョンと研究開発の取り組み
永井 研NECICM2022-5
Beyond 5Gは生活や業務のあらゆるシーンを支える最新の情報通信技術として浸透し、人々と社会を支える重要な役割を果た... [more] ICM2022-5
pp.20-23
SR 2022-05-13
10:45
東京 NICT本部(小金井)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]等間隔円形配列アレーアンテナを用いた深層学習に基づく到来方向推定手法の実機実証
大辻太一宮本勝男NECSR2022-13
到来方向推定に深層学習を適用する方法が注目されており,非学習手法と比較して,限定的ではあるもののその優位性が示されている... [more] SR2022-13
pp.58-60
RCS 2022-04-21
14:30
大阪 大阪大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ミリ波無線を用いた移動体位置検知の精度向上
渡辺亮平麻田知嗣・○小出 洋前田隆行JR東海)・森田基樹NEC)・福川浩二日本信号RCS2022-4
移動体の位置検知手法として、無線通信を活用した方式が広く用いられている。ただし、無線通信がトンネル内等で行われ、長距離か... [more] RCS2022-4
pp.12-17
RCS 2022-04-21
14:55
大阪 大阪大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
リフレクタによるミリ波方式列車無線の通信エリア拡大
白井大貴丹下智之松村善洋JR東海)・井倉裕之荒川智樹NECRCS2022-5
東海道新幹線では、次期列車無線として、大容量通信可能なミリ波方式を採用する予定である。ミリ波の直進性は、通信エリアが直線... [more] RCS2022-5
pp.18-23
RCS 2022-04-22
13:15
大阪 大阪大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]ライブ映像配信技術と映像分析技術を活用した車両遠隔監視システム
二瓶浩一逸身勇人篠原悠介岩井孝法NECRCS2022-9
地方部の路線バスの利用者数は年々減少しており,事業者の多くが赤字となっている.路線維持のための手段として自動運転バスが注... [more] RCS2022-9
pp.41-46
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
11:35
ONLINE オンライン開催 AES instructionを用いたラージブロック置換の改良とその応用
中橋元輝芝 廉太朗阪本光星Liu Fukang兵庫県立大)・伊藤竜馬NICT)・峯松一彦NEC)・五十部孝典兵庫県立大/NICT/JSTIT2021-115 ISEC2021-80 WBS2021-83 RCC2021-90
256 bitや512 bitのブロック長を持つラージブロック置換は,ハッシュ関数や置換ベースのスポンジ関数での利用の観... [more] IT2021-115 ISEC2021-80 WBS2021-83 RCC2021-90
pp.188-195
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-10
18:30
ONLINE オンライン開催 (Zoom) デジタルツイン構築のための脳の認知機構を用いたオブジェクト認識手法の実装及び評価
久保快斗関 良我小南大智下西英之村田正幸阪大)・藤若雅也NECCQ2021-125
実世界上の人や物体などのオブジェクトをセンシングしてリアルタイムに3 次元のデジタルデータとして仮想世界上に表現するデジ... [more] CQ2021-125
pp.136-141
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-10
12:10
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 虹彩認証のための高速目検出手法
荻野有加戸泉貴裕塚田正人NECIMQ2021-42 IE2021-104 MVE2021-71
本稿では,高速なトラッキング手法である Fully-Convolutional Siamese Networksに基づく... [more] IMQ2021-42 IE2021-104 MVE2021-71
pp.167-170
CNR, BioX
(共催)
2022-03-03
14:30
ONLINE オンライン開催 JET空間類似度を用いた耳の特徴点検出法
南谷崇成渡部大志埼玉工大)・早坂昭裕今岡 仁NECBioX2021-49 CNR2021-30
生体認証における耳介の有効性は1896年時点で既に論じられており,アメリカでは40年以上に渡って犯罪捜査に用いられてきた... [more] BioX2021-49 CNR2021-30
pp.17-20
ICM 2022-03-04
13:00
ONLINE オンライン開催 広域NW情報基盤KANVASおよびシステム自動設計技術WeaverによるキャンパスNWの障害自動復旧技術
田辺和輝NEC)・口井敢太正面佑真近藤賢郎慶大)・黒田貴之里田浩三NEC)・寺岡文男慶大ICM2021-52
本稿では,ネットワークの情報の収集と活用のためのフレームワークであるKANVAS(Knowledge base syst... [more] ICM2021-52
pp.51-56
 1006件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会